6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

退団同期@宙組「華やかなりし日々」集合日

ゆうひさんの、宝塚人生最後の作品「華やかなりし日々」「クライマックス」のお稽古が、とうとう始まりました。

同時に、退団者が・・・ゆうひさんとすみかちゃんの“退団同期”となる組子たちが発表されました。



ちやこさん。

「ネバセイ」の、ものすごーく歌の上手い市長。
ヅカ堕ち前だった私には、それが「風莉じん」さんだということは分からずにただ観ていたのですが、あの歌だけは強く印象に残りました。

ゆうひさんがトップになってからの作品では、やっぱり「男の中の男」エル・ソルドが思い出深いですよね。
ソロ歌はもちろん、出立を告げる、あのひとこと。
あのセリフを聞くだけで涙が止まらなかったです。

ずーっと宙組にいてくれるひとのように思っていたので、衝撃が大きすぎます・・・。
あもたま氏に続いて、宙組の看板ともいえる職人系の歌ウマさんが一気にいなくなっちゃうのも寂しい。


花露すみかちゃん。
大きな役こそつかないものの、芸達者なひとですよね。
この間の「クラシコ」のともちんの秘書も、ベタだけどいい味出してましたよねぇ。


えりちゃん。

存在を知ったのはいつからだろう。

ちゃんと識別できる役を観たのは、たぶん「維新回天」新公からだと思うんだけど、あの新公はなにしろGOアカツキのインパクトが強すぎて(爆)、今となってははっきり思い出せない・・・(汗)
みっちゃんバウ「THE SECOND LIFE」のマフィアのボス(だっけ?)の娘も記憶がおぼろげで・・・。
「黎明の風」の吉田和子は、いかにも大和撫子らしい風情が印象に残ってる、かな。

はっきりと上手さを認識したのは、「薔薇雨」新公のヒロインの母。
一人だけ段違いに歌が上手くて、ビジュアルも気品と落ち着きがあって本当に美しかった。

そしてそして、「逆裁2」のフランジスカ。
2次元の中の人がそのままフィギュアになったかのような、あの完璧なビジュアル。
ともちんとの身長差に萌え、ツンデレっぷりに萌え(爆)
逆裁のゲームをやったことのない私がミツメイにハマり、そしていまだにミツメイ信者なのは、ひとえにえりちゃんのおかげです(爆爆爆)

ゆうひさんがトップになってからは、いつもゆうひさんを観る合間に可能な限りえりちゃんを愛でるのが恒例でした。
「カサブランカ」の最初の群衆のシーン、「銀色の翼」の時にりく×えりがカップルになってるのが、私のお気に入り同士でとても嬉しかったこと。
「シャングリラ」霙の、再び神がかったビジュアル。
「トラファルガー」ジゼラの黄色のお衣装が可愛かったこと、新公ファニーがやっぱり凄く巧かったこと。
「“R”ising!!」の、蘭寿氏とまさこ氏に取り合いされる赤いドレスの美女が、実に大人っぽかったこと。
「誰がため」のファニータ。カチャにほっぺをむにーってされるとこ、大好きだった。パブロ隊とエル・ソルド隊が交じって皆でわいわいやってるシーンで、なにげに男たちからちょっかい出されてるのが可愛すぎていつも萌え死にそうだった(爆)
「クラシコ」では、やっぱり新公のクラウディア。これも本当に巧かった。

そして・・・トゥールベル夫人。
初日付近はまだ固さもあったけれど、日に日に匂い立つように艶っぽくなっていって。
あんな美しい、可憐で悩ましげなえりちゃんを、ゆうひさんの恋の相手役として観ることができたのは、本当に幸せでした。

歌もダンスもお芝居もできる、技術点の高いひとだけど、娘役としては役を選ぶタイプではある、とは感じていました。
正統派の「タカラヅカのヒロイン」よりも「女役」寄りの持ち味だったかもしれません。
卒業は早すぎて、もっと長く観ていたかったけれど、「今」を選んだえりちゃんの気持ちもなんとなく分かるような気もして、複雑です・・・。


ももち。

初舞台の時から、まずその芸名でインパクト大だった92期の首席。
歌が上手いことも、お芝居が上手いことも知ってはいたけれど、やっぱりゆうひさんファンとしては、「大江山」のチビ藤子が最初の思い出です。
ショーを含めたら歌もいろいろ聴いたけれど、「ナイスガイ」のエトワールは、こんな砂糖菓子みたいな綺麗な声で歌えるんだ・・・とあらためて感嘆しました。
これからもっともっとたくさん、その美声を聴けるもの、と信じていたのに。





アサちゃんの時も、まとぶんの時も、ムラ千秋楽のカテコでは、「退団同期」の話が出て、これもまたタカラヅカ独特の絆なんだろうなぁ、と感じたものでした。
ゆうひさんとすみかちゃんと、最後の日々を共に駆け抜ける、大切な大切な退団同期たちは、私たちファンにとっても特別な存在です。
最後まで、舞台の上の輝きを、見守り続けたいと思います。




テンプレは、もちろん「青い薔薇」です。
7月1日まで、このテンプレで、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/590-1941cbef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード