6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華やかなりし若人たち@宙組ムラ新公観劇報告その1

まだ本公演の観劇報告もきちんと書いてないのに、あっという間に新公の日になってしまいました(汗)

もちろん! 観てきました。
私のりくちゃん(爆)とお友達のyさんの春瀬くん(爆)の奮闘を(笑)

忘れちゃわないうちに、自分の覚え書きとして残しておきます。

とりあえず、ももた的ポイントは、

・原田ェ・・・orz
・全出演者の中で一番上手かったのは、研2の留依くんだと思う。恐ろしい子・・・(爆爆爆)
・ももち、辞めるの止めて・・・!!!(涙)

って感じでしょうか。

例によって結構毒吐いてますので、絶賛ベースの感想じゃなきゃ許せない、という方はどうかここでお帰りくださいませ。



まず、全体としての感想は、

・・・いかに本公演が、演者たちの力ですさまじく底上げされて「作品」になっているのかが如実に分かるなぁ(爆)

ということがすべてです(爆爆爆)

っていうか、この作品、新公でやるのは難易度高過ぎだよね。
だって、オオゾラユウヒありきの作品だもんね。
とにかくオオゾラユウヒがただひたすらカッコ良く在る、ことが至上の目的で、あとは結構めちゃくちゃ、な話だもんね。
主要な組子に特に思い入れがなかったら、ホント一瞬も心を動かされることのない、どーってことない話だよね。

・・・ということを再確認しましたorz


原田くんには、この新公観て演者たちにいかに助けられているかに気付いて深く深く反省してほしいわっ、と思ったのですが、終演後にプログラム確認したら、新公演出も原田センセだったのね・・・orz


演じる組子のキャラクターに合わせて、ちょこちょこと細かい演出は変わっているのですが、一番大きな改編は、ジークフェルドガールズのオーディションの場面。
アンナ@ももちに歌ってみなさい、とプレッシャー掛けられたポーラが、タニちゃん系(爆)の大声張り上げるけど音程全く合ってない音痴、という芝居になっていました。
(ちなみに、ももちの歌はせーこちゃんと違いました。「Fマイナー」を要求して、「カルメン」の「ハバネラ」をラララ~♪で歌っていました。もちろん、素晴らしい美声でしたよ)

これ、実は、全編通して一番ウケたくらい客席爆笑だったのですが(そして私も笑ったのですが)、でもよく考えると、これは違う気がする・・・。
だって、本公演のれーれは、本当はもうちょっとは歌えるはずだけど、アンナの前で萎縮しちゃって自信なくてか細い声になっちゃう・・・みたいな感じだけど、新公のあれだと、本当に明らかにポーラは「歌えない」コで、使えないじゃん。
アンナの言うことが、それほど理不尽だとは思えなくなっちゃって、いきなり「人間としては尊敬できないわ!」とか言い出すジュディに共感しづらいんですよね。
実はここ、私、本公演ですら、ジュディを「気が強くて正義感あふれる女の子」として描きたいのは分かるけど、もうちょっと言い方があるんじゃない? いくらアンナが酷いとはいえ、ジュディも結構失礼じゃない?
・・・って微妙に引っかかってたところだったので、新公観て、これはないわー、と萎えました。

つか、ここがあったので、違う人が演出してるのかと思ったんですけど、まさか自分でやってたとは。
新公のウケだけを追求して、作品としての辻褄が合ってないことに原田くんが気付かなかったんだとしたら、演出家としてどうよ、と思いました・・・。



・・・って思いきり演出家をdisってしまいましたが、組子たちは頑張ってて、みんなみんな愛おしかったですよ。
以下、キャスト寸評です。



■ロナウド@愛ちゃん(本役:ゆうひさん)

3回目の主演。
さすがに場慣れしてて、堂々としてたし、ジョサイアの時のことを思い出すと、ずいぶん声も出るようになったし、歌も頑張って練習したんだろうなー、と分かりました。

でも、大変申し訳ないのですが、私は愛ちゃんの発声がどうしても苦手で。
あの声を1時間半聞き続けるのは、正直ちょっと苦痛でした・・・(すみません(汗) でも、きっとゆひアンチの人は、ゆうひさんのあの、滑舌のあまり良くない(爆)ハスキーでスモーキーな声を同じように聞き続けるのがつらいんだろうな、とちょっと理解した(爆) 私たちファンは、あの声こそが大好きなんですけどね)
この先も真ん中付近に立ち続けるであろうひとなので、なんとかもうちょっと改善してくれないかなぁ、と思うんですけど。

それにしても、あらためて、ロナウドという役は本当にゆうひさんにアテ書きで・・・というか、男役20年の今だからこそできるあえての軽み、みたいなものが求められる役なので、研6の若者にはそりゃ難しいよなぁ、としみじみ思いました。

個人的には、ジュディに生い立ちを打ち明けるシーンのロナウドが一番好きでした。
ああいう、優しさのにじみ出る丁寧なお芝居が、愛ちゃんのいいとこだよね。

あと、銀橋で札束にキスするのと、最後、薔薇の花束に添えるカードにキスするところで思ったんですけど、愛ちゃんのその仕草がすごいぎこちなくて(爆)、ゆうひさんのあの「チュッ!」っていう仕草はなんてスマートで隙がなくて美しくてチャーミングで完璧なんだろう! と再確認しました(笑)


・・・そんなこんなで、愛ちゃんの足りないところがいろいろ気になる観劇だったのですが、最後の挨拶がすっごく泣かせる挨拶で、すべて吹っ飛んでしまいました(爆)

まず開口一番、「大空さんの役を最後にやらせていただける幸せを感じたけれど、難しくてとても悩んだ」みたいなことを言ってて、それだけでもゆうひファンの琴線に触れてぐっと来たのですが(苦笑)

「ロナウドとはちょっと違うかもしれないけれど、私も『ここでしか・・・!』って思って宝塚に入った、この舞台に対する思いは同じなのではないかと思って・・・」

みたいなことを言ったのを聞いて、この日初めて涙しました(爆爆爆)

愛ちゃんって、ゆうひさんが宙組に来たばかりのころは、もっとおっとりした印象があったんですけど、この3年ですごい前のめりになったよね。
先日どこかで読んだインタビューでも、いい意味でギラギラしてるというか、「宝塚が大好き」「もっと上手くなりたい」「ゆうひさんから吸収できるだけ吸収したい」みたいな強い意志が伝わってきて、そーゆー子って、無条件で応援したくなっちゃうんですよねぇ・・・。

舞台がちょっとうーん、という出来であっても、こーゆー挨拶されちゃうと愛しくなって頑張れ、って母ごころで応援しちゃうのが、タカラヅカの甘さでもあり、逆に素晴らしいところでもあるんだよなぁ、そういうすべてをひっくるめて、私はタカラヅカが好きなんだなぁ・・・としみじみ思ったのでした。

■ジュディ@うららちゃん(本役:すみかちゃん)

お芝居は悪くなかった、と思います。
地声で、大人っぽくて落ち着いてて意志の強い女性として演じてて、なんていうか、すみかジュディよりずっとナチュラルで、私、めっちゃ正直な感想を言うと、もしかしたらすみかジュディより好きかもしれない・・・と思いました。

ただ・・・後で思い返してみると、ゲルダとおんなじ、だった気もする(爆)

ジュディ単体の役作りとしてはおかしくないんだけど、他のキャラクターとの関係を考えると、すみかジュディの方がやっぱり正しいのかなぁ。
だって、淡々としすぎて(これはりんきらのせいもあると思うけど)、アーサーとラブラブな感じが全然なかったので、アーサーがそこまで彼女のことを思って捜査を思いとどまるような必然性が感じられなかったもんね(爆)

歌は、進歩は見られたと思うのですが、やっぱり裏声がまだまだですよね。
あと、時々、姿勢が悪くなるのが気になる。
美貌も相変わらずメイクダウン気味・・・。
ですが、伸びる余地はいっぱいあって、もっと経験を積んでほしいなぁ、と思います。

■アーサー@りんきら(本役:凰稀氏)

私、雪組は比較的疎いので、何回観てもりんきらの顔が覚えられなくて(汗)
雪組時代の公演では、「はじめて愛した」のアンリはいい味出してたな、と覚えてるのですが、あとはほとんど印象がなかったのです。

なので、今回、初めてといっていいくらいちゃんと観て、(愛ちゃんとの比較もあって余計に)思ってた以上に歌も芝居もソツなく上手くできる子なんだなぁ、と新鮮な驚きがありました。

いかにも雪組子らしい、端正な芝居をするひとなんですね。
ただ、それがまだ、宙組子と馴染んでなくて若干浮いてる感じは否めないのですが(爆)

これなら1回くらい主演してもいいんじゃ、と一度は思ったのですが、92期は次がラストなんですかね?
だとしたら・・・ごめん、りんきらファンの方には大変申し訳ないけど、ラインハルトだけは・・・違うと思う。
たとえ新公であっても、20年来の銀英伝ヲタの思い入れを無碍にしないで、と組Pには強くお願いしたいです(爆爆爆・・・ホント暴言すみません(汗))

■ニック@モンチ(本役:みっちゃん)

モンチが上手いのは、もう宙組ファンにとっては世界の常識ですけど、それにしても安定の上手さでした!
みっちゃんとは違うアプローチで、ロナウドとは親分と子分・・・というよりもうちょっと対等な関係に見えました。
最近は、可愛いだけじゃなくて、ニヤリと笑う時とかに男の色気が出てきて、あらやだ、今のモンチカッコイイわ♪ とときめく瞬間が結構あります(笑)

ロナウドと2人の幕前場面は2回とも、本公演とは違うアドリブ(?)がありました。
最初の「お前が昔の話をするから」って羽交い締めにされるところが、ロナウドが腕をかけてきたのをスッとしゃがんで交わして「そう来ると思った!」ってニコニコ。
後半の、「ロナウド・フィリップス!」って2人で声を合わせてハイタッチするところは、離れた場所で大声で言ってから「シーッ!」って周りをはばかって近寄ってきてハイタッチ、になってて。
いかにも同期っぽくて2人ともとっても可愛かったです(笑)

愛ちゃんとはまた違ったギラギラ感があって、頼もしいです。
りくちゃんも含めて3人でこのまま競い合って伸びていってくれたら嬉しいな。

銀橋ソロも良かったー!

■クロムウェル警部@まっぷー(本役:すっしーさん)

しっかり芝居を締めてくれる手堅い存在感。

個人的には、最初のチャールストンの場面で、本公演いっちゃんの位置で踊ってるところが素敵だなと思いました。

■ヘディ・ミラー@瀬戸花まり(本役:あゆみさん)

96期生に対しては、どうしても「ちゃん」とか「くん」とか付けて愛称で呼ぶ気持ちにはなれないので、こういう表記でお許しください。

ただ、新公ヘディは、研3の娘役にしてはかなり思い切ってぶっ飛ばしてて(もちろん方向性はあゆみさんと同じですが)、彼女が今までやった役の中では一番成功してたと思います。

■フローレンツ・ジーグフェルド@じゅまくん(本役:ともちん)

ともちんと全くキャラが違うので、思い切って全然違う役作りでのアプローチ。
じゅまくんの演技力だからこそ出来た、と思います。
男役にしてはまだまだ高い声も逆に生かした、可愛くて頼りない系のキャラで、細かいリアクションまですごーく工夫を凝らしてて、大健闘してました。

ただ、ともちんのあの存在感、あのキャラに、この作品がいかに助けられているか、をあらためて痛感しました。
どっかんどっかん来る笑い、っていうのは、新公ではなかったからねぇ。

■キング・グラント@りくちゃん(本役:大ちゃん)

初日を観た時、こ、これをりくちゃんがやるのね・・・!!! と超wktkしたグラントさんですが。

本役が、ちょwww大ちゃんwww の集大成(爆)のような役なので、いくら同じ芸風(爆爆爆)のりくちゃんとはいえ、さすがにスケールダウンしちゃいますね・・・。
本公演ほどどっかんどっかん来るウケはなかったです。

でもでも。

りくちゃんなりに顔芸も小芝居も満載で、もう私はそれを眺めているだけですべてが愛おしくて、オールOK! でした(笑)

例えばね、フォーリーズの開演前にプログラム持ってウキウキしてるところで、「びびんじゃねぇ!」って言った後に警部たちが来るのを見て、パタリ、とプログラムを床に落としちゃったり。
(そのまま焦ってハケていって、プログラムはボブ@七生くん(・・・だったと思う、確か)が拾って追いかけていました(笑))

最後、捕まるところで、ビリー@みれいくんに胸倉掴まれて下手端まで行って引っ込む寸前にいったん手が離されて、向かい合ってなんか言おうとした瞬間、お腹に蹴り入れられてそのまま引っ込んでました(笑)

アルバイトでは、やっぱり冒頭のパーティー場面!
かいちゃんの位置に入って、まっぷーと2人でセンターだったんですけど、タキシード姿が美しくてダンスは綺麗で娘役さんのリードもスマートで、とっても素敵でした!



・・・すみません、時間切れなので、いったんここまで。
続きも絶対書きたいと思います(・・・が、いつ書けるかしら、私(汗))

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/607-8b66c301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。