6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

新しい船出に・・・プロージット!@宙組「銀河英雄伝説」初日観劇報告

宙組「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」初日を観てまいりました。

凰稀さん、みりおんちゃん、そして新生宙組の皆さん。
素晴らしい船出、本当におめでとうございます!!!


ものすごく正直なところ、私は、新生宙組の初日を観たい、というよりも(組ファンの方、ごめんなさい(汗))、20数年来の原作ファンとして、“あの”銀英伝をイケコがどう料理したのか気になって気になって仕方なくてどうしても初日に観たい、という思いでムラに駆け付けたのですが、やっぱり初日に行って良かった!!!


つか、ゆうひさんご卒業後の最初の宙組の作品が「銀英伝」でホントに良かった!!!

ゆうひさんがいない宙組の舞台、もっと寂しく感じるかな、と思っていたのですが、脚本とか演出とかあの役のあのセリフが入ってる! とか 入ってない! とか、そっちの方を追いかけるのに頭がいっぱいで、全然寂しくなるヒマがなかった!(笑)

ラストもラスト、パレードの最後に凰稀さんが降りてきて本舞台のセンターで、大羽根をばっさーっ!と揺らしてお辞儀した瞬間。

初めて、ああ・・・もう、一番最後に降りてきてお辞儀するひとは、ゆうひさんじゃないんだ、と・・・そこで初めてゆうひさんがいないことを思い出して、ちょっとだけ涙がこぼれたけれど。

でも、すっしーさんのご挨拶の間、後ろでボロボロマジ泣きして涙を拭っている凰稀さんを見ていると、なんだか不思議なくらい自然に祝福の気持ちが・・・「本当におめでとう、頑張ってね」っていう気持ちが湧いてきて。

ああ、初日に来て・・・この場面を、凰稀さんの涙を、自分の目で観ることができて良かった。

ゆうひさんのいない新生宙組も、自分がちゃんとまた愛していけそうだ、と分かってホッとしました。



作品としての出来は、(・・・すみません、「カサブランカ」初日を観た時の、「イケコはネ申!」というあの出来は超えられなかったと個人的には思うのですが)エンターテインメントとしては十分なものではないかな、と思います。
イケコ演出作品のいつものクオリティを、ちゃんとクリアしていました。
原作ファンも・・・原作原理主義者がどう思うかは分からないけれど、ほぼ忠実にやってくれて、改変部分(主にヒルダ関連)もかなり自然で、これなら合格点ではないでしょうか。
予習ゼロだと初見はちょっとついてくのが大変かもしれないけれど、とにかくビジュアル最強の宙男軍服祭りには大満足だと思います!(笑)


実は、劇場にたどり着くまでが、なかなか大変でした(汗)

例によって、ギリギリまで仕事して開演15分くらい前に着くつもりだったのですが、JRが大幅に遅れてる、と知ったのが午後1時前。
その時点で一応動き出したということだったので、慌てて会社を出て駅へ向かったのですが、新快速はストップしちゃってて、普通もかなり遅れてて。

なんとか京都駅に着いたのが1時40分ごろ。
もうちょっと時間に余裕があれば、四条烏丸から阪急で行けばいいんだけど、この時間からそのルートでは明らかに間に合わない。
で、仕方なく、奥の手(笑)を使いました。

京都駅から一駅だけ、新大阪まで新幹線に飛び乗って。
新大阪駅からタクシーで阪急十三駅へ(梅田乗り換えじゃ間に合わないのでね。この方が速い)。
なんとか宝塚線の急行に乗れたのですが、宝塚駅着は14時53分(爆)

今まで駅から劇場までこんなにダッシュしたことはないかも、っていうくらいダッシュして、14時59分には着席していました。ブラボー、私!(笑)




感想は・・・本当は順を追って書いていきたいんだけど、今あまり時間がなくて(汗)

とりあえず、先に叫んでおきたいことを思いつくままに。
(あ、もちろん盛大にネタバレありですので、ご注意くださいませ)









・まぁくんキルヒアイスがだいすきだ!!!
 ありがとう、「銀英伝の良心」キルヒを誠実に演じてくれて。
 まぁくんキルヒが「私では不足ですか」って言った時、「私はキルヒアイス上級大将だが・・・」って言った時(すみません、原作ファンの方なら、このセリフ、このシーンの意味を分かってくださると思うのですが)、本当に切なく、胸が痛くなった。
 最期のシーンは、小説を読んだ時と同じくらい、もちろん号泣しちゃいました。


・緒月氏ヤンさんが、意外に良かった!!!
 ・・・すみません、ぶっちゃけますが私、緒月氏の組替えには正直あまり賛成ではなかったし、事前に出ていたヤンとしてのビジュアルも原作のイメージとはかなり違って、どうかなぁ・・・という思いがあったのですが。
 お芝居が、すごく良かった!
 ものすごく温かくて、血の通ったヤンさんでした。
 ヤンにしてはえらい若くてシュッとしすぎてるなぁ、っていう点が若干気にかかるくらいで(笑)

 とにかくキタまぁ2人とも、本当に役にぴったりハマってた。大成功だと思います。


・ラインハルト以外で一番オイシイのは、絶対モンチ!!!(笑)

・帝国軍の軍人たちは、ビジュアルは素晴らしくて眼福だけど、正直ほとんどしどころがない、っていうか、無駄遣いだと思う・・・(爆爆爆)
 特に双璧は、「実は次に『双璧編』をやるので、今回は出し惜しみしました! テヘッ☆」って言われないと納得できないくらいのもったいなさ・・・(爆爆爆)
 まあ、双璧のエピソードとか書き込んじゃうと収集つかないし仕方ないんだろうけど、それにしても、2人の背景が全く描かれてないのは寂しいわっ。
 あ、りく愛は同じくらいの扱いで、それぞれ短いソロのフレーズが1、2回あったくらいでした。

・りくちゃんは、フィナーレのパレードで初銀橋です。おめでとう!!!
 上手端から2人目です。
 (ちなみに愛ちゃんも下手側の端の方にいましたが、愛ちゃんも初銀橋ですかね? すみません、りくちゃんのことしか把握できてないもんで・・・(汗) 今回、全体を通して2人はほぼ同じ扱いでした)

・回想シーン、しおりちゃん子ラインハルトと真みやちゃん子キルヒアイスに、当然のごとくシャングリラを思い出して胸熱・・・(涙)
 それにしても、しおりハルトの美形なことといったら!!!(笑)

・美形少年といえば、うららユリアンは本当に眼福!!!
 CSの稽古場トーク(だっけ?)見た時も思ったんですけど、うららちゃん、なんで男役にならなかったんだろう。背があともうほんの少しだけ高かったら、文句なく男役でイケたのに! (つか、月組とか雪組とかなら(爆)今の身長でも十分男役としてやっていけたのでは・・・)
 男役だったら今ごろ私、若手イチオシにしてたわっ!(笑)
 ヤンさんとユリアンの掛け合いもいい味が出てて、何カ所も笑いをとってました。

・ともちんオーベルシュタインは、手堅くきっちりキメてきましたね。
 稽古場映像で若干心配だったオベ×ハルトシーンも、舞台ではそこまで濃くなくて、私としては許容範囲内でした(笑)

・春瀬くんは、やっぱりキレイで目を引きますね。
 トリューニヒトの側近としての登場が一番目立つけど、その次の場面では帝国軍のモブに入ってたりするので、一瞬混乱します(笑)
 あ、でも、私、1階中ほどの下手サブセン席だったんですけど、段の上からトリューニヒトと2人で、下のジェシカたちの演説を見ている場面は、柱で見切れて春瀬くんのお顔、見えなかったです(涙) ファンの方、ご注意を。

・ロケットは、いいの、あれで?(笑)
 かけるくんセンターって反則じゃ?(爆)
 春瀬くんとか、ずんちゃんとか、七生くんとかもロケットに入ってて、なんか目のやり場に困るわ(笑)
 ロケットの最後の掛け声が「ファイエル!」なのも、面白かったけど、・・・いいのか?(笑)

・そういえば、いっちゃんとあこ姐も、はなはだしく無駄遣いな気が・・・(爆爆爆)
 あこ姐のドレスは、「ヴァレンチノ」のナターシャのドレスを下だけリフォームしたものなんでしょうか?
 ゴールドの飾りとか、上半身はたぶんそのままだったような気がするんだけど、下はあんなに脚出るデザインじゃなかったよねぇ?



・・・とりとめなくてすみません。
できれば後日、ちゃんとまとまった感想も書きたいと思います(汗)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/640-a60181cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード