6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・16冠~嬉しさと、少しの寂しさと。@ナビスコ決勝観戦レポ

聖地・国立。
優勝の祝福が続く表彰台から、モトはチームメイトの誰よりも先に、軽やかに駆け下りてきました。

ピッチに降りた彼は、真っ直ぐに、ジョルジーニョのもとへ。

自らの首に掛けられていた優勝メダルを外し、満面の笑顔で、それをジョルジの首に掛けたのでした。
そして、ハグ。

…涙があふれて、オペラグラス越しの光景が見えなくなりそうでした。

息をするように自然に、こんな行動ができる彼が愛しくて、切なくて。

モト、優勝おめでとう。そして、ありがとう。





2年連続のナビスコ決勝の舞台。
もちろん、日帰りで行ってまいりました。

席は迷ったのですが、「優勝した時、選手たちと一緒に喜びに浸りたい」という理由からゴール裏にしました。
なので、昨年の教訓を生かして、開門時間を目指して出発しました。
(もとからゴール裏の真ん中は求めてなくて、バクスタ寄りの端っこ席を狙ってたので)

国立到着は10時5分前くらいだったかな。
代々木門の前の広場みたいな所に並んで、入場まで30分くらい待ちました。
並んでると、ちょうど青年館が目の前に見えて、ああ、あそこの楽屋口では何回も並んだことあるけど、まさかこんな場所に並ぶ日が来るとは…と感慨深かったです(笑)


【試合前】

あれは何時ごろだったのかな、アップが始まるだいぶ前に、源ちゃんが一人でピッチに出てきました。

それより前にスタメン発表を見て、「ええっ、この大事な決勝の舞台でいきなり源ちゃんスタメンなの?!」ってびっくりしてたのですが。

ああ、ロッカールームにじっとしていられないんだろうなぁ、ドキドキしてるんだろうなぁ、って思うと微笑ましくて、とにかく頑張ってほしくて、ゴール裏みんなで大拍手で迎えました。

源ちゃんはゴール裏に軽く挨拶してくれて、そして、しゃがみ込んで芝を触ってピッチの状態を確かめてるようでした…というか、そうやって確かめながら、心を落ち着かせようとしているようでした。


いきなり話が脱線しますが、源ちゃんってサブでモトと一緒に過ごす時間が長いし、もともと人なつこい子だし、すごくモトに懐いてくれてますよね。

ブログに感想書けていないのですが、9月に万博のガンバ戦を観に行った時、ハーフタイムにすごく嬉しい出来事がありました。

サブ全員で鳥かごをやってる途中、時々ボールが遠くに転がっていっちゃう時があって。
たいていは、転がったボールはほっておいて、近くのスタッフが出してくれる別のボールで鳥かごを続けるんだけど(転がったボールは後でスタッフが取りに行って戻してくれる)、モトは自分でわざわざゴール裏のフェンスの辺りまで転がったボールを走って取りに行って、サポから「モトヤマさーん!」とか声掛けられてたの。

そんな光景を、モトらしいなぁ、って見てたら、次にボールが転がった時、源ちゃんも迷わずフェンス際まで走って取りに行って。
ああ、源ちゃん、こういうちょっとしたことでも、モトを見習ってくれてるんだ、って、すごく嬉しかったです。

…そんなこともあって、「ときめき世代」の中でも(まあ、ガクちゃんは別格ですが(笑))源ちゃんには特に思い入れの強い私なのでした。


GK練習が始まって、少ししてからフィールドプレイヤーも出てきました。

ゴール裏に挨拶した後、今年すっかり恒例となったGK以外全員での円陣。
しゃべってたのはアイルトン(?)だったのかな、蘭童さんがずっと通訳してたのですが、結構長々としゃべってて、意気込みが伝わってきました。

ペアでのアップ、モトはガクちゃんと。
相変わらずモトはしゃべりながら、ニコニコしながらのアップでカワユス。
途中でヘディングのボールを出す時に、ガクちゃんがちょっとミスってモトの足元に落としちゃって、「てへへっ」って感じですっごい笑顔になったのが、超カワイかったです(萌)

ちなみに、この、ペアでのアップの時、モトの左隣にミツオ(ペアはヤス)、右隣にコージ(ペアはシンゾー)っていう並びで、それにもちょっと萌えました(笑)

スタメン組と分かれてサブ組だけで鳥かごになったのですが、なんて豪華なサブメンバー!
特にイバがサブって久しぶりなので、鳥かごしてるイバを見るのは珍しかったです。
イバを筆頭に、皆がドゥトラをいじってるのが面白かった(笑)

その後、スタメン組が少しずつ上がって行きかける頃になって、サブ組がペアでちょっと長い距離のパス交換をし始めたのですが、コージとモトがペアで。
2人がパス交換してる姿なんて、いつ以来だろ。
そして、次にこんな光景を見られる日は、もしかしたらもう二度とないかも…って思うと、ただボールを蹴り合ってるのを見てるだけでキュンと胸が一杯になりました。
モトにパスを出すコージの、ちょっと眩しそうな、優しい笑顔を目に焼き付けました(涙)


その後、スタメン紹介が始まったので、紹介映像も見たいし、モトも見たいし…ってアワアワしてたのですが(笑)、モトは最後の方、剛さんとボール蹴り合ったりしてて、それも懐かしくて幸せな光景でした。


【前半】

すみません、私、例によってモト中心視点でしか見てないし、試合の内容は今さら私が書かなくてももう皆分かってるだろうから、レポはあっさりと書かせていただきます(爆)


あ、試合の前に一つだけ。
整列とかが終わった後、高円宮妃とかお偉いさん方がスタッフやベンチメンバーとも一人一人握手していったんですけど。
モトは例によって、しっかり両手握手で、一人一人丁寧にご挨拶していたのですが。
途中、どこかのお偉いさんが、やけに親しげに、握手の後、モトの頰をポンポン、と軽く叩いていたように見えました。
あれ、誰だったんだろ?
どこかで見た顔なので、協会の上の方の人だと思うんだけど(あ、大東サンではなかったです)
相変わらず、オヤジ転がしのテクは健在だわ…(爆爆爆)


さて、前半の感想をひとことで言うと、…シンゾーは4―2―3―1のトップ下は向いてないな、って(爆)

チーム全体がまず守備から入ってるせいもあって、ほとんど前でボール触る機会がなくて。
サコちゃんは体張ろうとしてましたが、ヨンアピンも結構堅く体を寄せてくるので、なかなか1トップにボールが入らなくて。
結果、サコが下がってボール受けて、でもそこからじゃ前へ持って行けないでしょ、みたいな感じで、攻撃面ではなかなかストレスの溜まる45分間でした。

守備の方は、一番最初、源ちゃんがお見合い(?)してあっさりクロス入れられちゃった時はヒヤヒヤしましたが、だんだん慣れてきたみたいで。
ダイゴも普段よりもずいぶん守備意識が高いように見えたし、危ないな、ってとこではホンタクが効いてたし。
ただ、ホンタクがサイドの守備に奔走しすぎて、バイタルがポッカリ空いてるよ、みたいなことも多々ありましたが(汗)

でも正直、エスパルスの攻撃もしょぼかった…というか、結構ミスが多くて。
最初の方の高木長男のシュートはちょっとヒヤっとしたけど、あとはほとんど覚えがない。

振り返ってみれば、去年のレッズも、試合中、思ったより攻撃がしょぼいなぁ、と感じたので、これはそれだけアントラーズが決勝向きの堅い戦い方をできてた、っていうことだったのかもしれません。


ちなみに前半のベンチですが、ゴール裏側の一番端っこから、

 コージ、ジュニ、ドゥトラ、モト、イバ、チカ、アキ

という並びで座ってて。
モトとイバの並びって普段あまりないので新鮮でちょっとトキメキました(笑)

見るたびにコージは間のブラジル人2人を挟んでモトの方向いて何かしゃべってました。
そんなにしゃべりたいなら、初めから照れずに隣に座ったら良かったのに…と思いました(爆)


あっという間に前半終了。
サブ組はいつものように、戻り口のところでスタメン選手たちを出迎えてたのですが、モトはなぜか大前くんの腕にもタッチして、何か(「ナイスファイト!」みたいな感じ?)声を掛けてて、大前くんがびっくりした顔で振り返ったのが印象的でした。
こうやって、他チームの若い子を骨抜きにしていくのね…(爆爆爆)


【後半】

シンゾーout、ドゥトラin。
前半は素人目に見ても明らかにシンゾーの出来は良くなかったので、また心が折れちゃうんじゃないかとちょっと心配でした(爆)
サブ組は全員アップに行っちゃったので、一人ポツンとベンチコート着て座ってる姿が寂しそうで…(爆)

ドゥトラが入って、前への推進力が出てきましたよね。

ホンタクとチカシ交代の場面は、そこまでホンタクが地味だけど凄くいい仕事をしてくれてたので、「えーっ、ホンタクもう無理なの? チカシで大丈夫なの?」って思ったのですが、でも、チカシも今年のベストパフォーマンスを見せてくれました。

ガクちゃんPKの場面は、「え、誰が蹴るの?」「もうガクちゃん自分で蹴っちゃいなよ~」とか言ってたら、ホントにガクちゃんが自分でボールを抱えたので、「おおーっ」と客席もどよめきました。
逆サイドから見ても、明らかに落ち着いてましたよねぇ、ガクちゃん。
さすが大物だわぁ。

ちなみに、帰ってから中継見たら、この場面のサブ組の様子に萌えまくりました(爆)
やーん、くっついてPKを見守るおにーさんたち、超カワユスなんですけど!(爆爆爆)
しかも、コージさんがちゃっかりモトの肩に手を乗せてたのを、私は見逃しませんでしたよ(笑)
PKが決まってバンザイして喜ぶモトも可愛かったなぁ…(デレデレ)

エスパルスのPKは私たちの目の前でしたが、…どう見ても倒してないように見えましたが、ねぇ。
この後、イエロー出しまくりの家本には終始ブーイングのスタンドでした(爆)

1-1になった後、なかなか効果的な攻めがなくて。

モトが見たいよ、こーゆー局面でこそモトじゃん?

…って心の底から念じてたのですが、結局、最後のカードはイバ。
イバが出られたことは嬉しかったけど、でも、2年連続、決勝の舞台でモトを見られなかったことは、ただただ残念です…。

あ、ここまで源ちゃんの守備専SBを見てた目には(まあ、源ちゃんも源ちゃんなりに時々、中で上がろうとしたりはしてたけどね(笑))、やっぱイバのオーバーラップは格別。
見ててスカッとしますねぇ。
何分だっけ、青木から、DFの裏に走ったイバに通したやつ、あれ良かったよねぇ。
最後、中への折り返しがイマイチだったのも、いつものイバだったけどねぇ(爆爆爆)

とはいえ、両チームともゴール前の精度が全然で、「点取れる気がしないよぉ~!」と言ってる間に、90分終了。


【延長戦】

後半が終わると同時に、ベンチコートを何着も持ってメンバーに駆け寄るモト。
他のスタッフやサブメンバーたちもベンチコートを渡してはいるんだけど、わざわざコートを広げて、袖を通しやすいようにして一人一人着せかけてあげるところがモトクオリティです(涙)

ベンチコートが行き渡ると、モトは寝っ転がったヤスの足を伸ばしてマッサージしたり、皆の間を歩き回って手を叩いて鼓舞したり。
後で中継を見たら、なんて言ってるのかは聞き取れなかったけど、盛んに声を出してるのがマイクに入ってました。

ピッチには立てないけれど、彼は今、皆と一緒に戦ってる。

…そう思うと、また泣きそうになってしまいました(涙)


延長がスタートして。

ガクちゃんのゴールは、逆サイドだったので、正直、現地では誰が決めたんだか、すぐには分かりませんでした。
ただ、大きなサイドチェンジからボールが回って、最後に白いユニフォームが敵の真ん中をスルスルッと抜けていって、ゴールネットが揺れたのは、しっかりこの目で見えました。

…帰ってから何度も何度も映像見たけど、久々に、惚れ惚れするような流れでしたね。
もちろんガクちゃんのトラップもゴールもスーパーだったけど、チカシのサイドチェンジが良かったね。
苦しみ抜いた今シーズン、最高の舞台で大きな仕事をしてくれたチカシ。
ああ、チカシ、良かったね、って、また涙。


ゴールの瞬間は大喜びに湧いた私たちでしたが、「でもあと30分もあるんだよ!」「守りきれるの?」って、胃が痛くなりながら。

とはいえ、最後の方は、もうエスパルスも点が入る感じがしなかったですね。
決勝慣れしていない、チームの若さが出たかな…という気がしました。
現地で見ていて、決して批判されるような時間稼ぎしていたとは思わないのですが(明らかに時間稼ぎしたのって、ソガくらいじゃない? ま、あれはお約束、伝統芸能みたいなもんだもんねー(苦笑))、最後は相手が勝手に空回ってくれて、やっと試合終了のホイッスルを聞きました。


【試合後】

ベンチ前で皆で喜んだ後、すぐに水のボトルを持ってピッチに入っていくモト。
手に持った水を全部渡しちゃうと、喜び合う仲間たちとすれ違いながら、真っ直ぐに清水側ゴールの方へ一人歩いていきます。
ペナルティエリアに座り込んでいたのは、たぶん大前くんだった…と思うのですが、その大前くんに近づいて、何か言葉を掛けながらがしっと握手して、そのまま手を引っ張って起こしてあげて、軽くハグしたのでした。

うーん、ハーフタイムといい、この時といい、なんで大前くん?(爆)

…という疑問は残りますが、さすが、選手権の試合終了直後に相手チームのキャプテンに抱きつきに行ったひとだわ(←)


そして、表彰式。

壇上に上がる前に、ジャージを着てたサブ組もユニ姿になったのですが、なぜかユニの上も脱いでしまい、白いノースリーブのアンダー1枚になるモト。
「なんで一人だけユニまで脱いでるの?」と見守ってたら、アンダーの上におもむろに赤い練習着(?)を着込み、その上から半袖ユニを着直して。
「寒いの?」って、軽くウケました(笑)
集合写真で、モトが一人だけ赤い袖なのは、そういう訳です。
ちょっと目を離すとすぐうろちょろするひとなので、見つけやすくて好都合ではありましたが(笑)

階段を上りながら、ジュニと肩を組んで声を掛けて。
ジュニ、ホント嬉しそうでしたねー。

壇上ではニコニコ嬉しそうで、ずっと何かしゃべってたみたいでしたねー。
ガクちゃんがMVPをもらう時に、横でバンザイしてひときわ嬉しそうだったのが、モトらしくて可愛かったです♪


…で、降りてきた時に、冒頭で書いたような光景があって。

ジョルジは一瞬凄く嬉しそうに笑顔になって、でもすぐまた、メダルをモトに掛け直してくれました。


…決勝の舞台。
去年に続いて今年も。
どれだけ出たかっただろう。

優勝の喜びはもちろんだけど、選手として、悔しくないはずはないのに。
それなのに、そんなネガティブな感情はカケラも見せずに、どうしてあんな風に満面の笑顔で、ナチュラルに、自分を使ってくれなかった監督にメダルを掛けてあげる…なんてことができるんだろう、あのひとは。

なんて器の大きい、海のような心の持ち主なんだろう。

…いつもいつも分かっていることだけど、あらためてそう思って。

優勝はもちろん嬉しいし、喜んでいるモトを見ているのは幸せなんだけど、でも、少しだけさびしくて、せつなくて、胸が痛い。


…その後は、あちこちで皆と喜び合うモトをオペラで追いかけるのに必死で、目も腕も疲れました(爆)

皆で手をつないでゴール裏にズサーッ! って走っていくのは、手つなぎ鬼みたいで楽しいですね(笑)
「みんなー、手ぇつないでー!」みたいな感じで手を出して皆に呼び掛けて、左右をキョロキョロ見て走り出すモトが激カワイかったです(笑)

子どもたちに積極的に絡みに行く姿も、相変わらず可愛かったなぁ(笑)
特に、ゴール裏から戻ってきた後で、紙吹雪で遊んでる子どもたちのところへ行って、落ちてる紙吹雪を集めてソガJrの頭の上からパーッて降らせてあげてるのとか、青木の子どもたちにちょっかい出してるのとか、超微笑ましかった!
イバ家の一番上のお姉ちゃんは、遠目ではありますが、相変わらずグレーとか黒のシックな感じのお洋服で、超おしゃれでした。
私いつも、イバ家のお嬢ちゃんたちのお洋服見るのが大好きなの(笑)
うちの娘にもあーゆーカッコさせたいんだけど、うちの子はスカート大嫌いで、いっつも下はデニムで、上はギャワギャワした感じの柄を好むので、なかなか親の好み通りにいきません(笑)


ゴール裏をバックに写真を撮るために並んでる時に、私は見逃しちゃったのですが、お友達が目撃したところによると、前に座ったガクちゃんの頭をガシガシもしゃもしゃってかき回して、ガクちゃんが嬉しそうに笑顔で見上げていたそうです(萌)


メインの方に戻って、ジョルジの胴上げがあったんだけど、その後、何人目かに、なぜかモトがはっつぁんの腕をがしっと捕まえて連れてきて、はっつぁんの胴上げをしたのが面白かったですね(笑)


そして、最後には、コージモトヲタには見逃せない一幕もありました(爆)

メインスタンドの前で、誰か知り合いがいたのか、コージが盛んに指さして手を振って、モトも一緒にそちらの方を見上げて手を振ってて。
後から来たアキも一緒に手を振っていたのですが。

そこに来たカメラマンのリクエストに応えて(?)か、そのまま2人でカメラに収まるコージモト。
私たちの席からはもちろん後ろ姿だったのですが、モトの肩に回したコージの手、コージの腰に回したモトの手が、あまりにも抱き馴れた安定した感じを醸し出しているのに激萌えでした(爆爆爆)

…つか、その場にはアキも一緒にいて3人で並んでたのに、カメラを向けられると当たり前のようにツーショットでポーズを撮るコージモトに、このぉ、いつまで経っても新婚さんめ! ともだえました(爆)

あのカメラマン、たぶん女性だったと思うんだけど、桜井さんかなぁ?
どこの所属の方か存じませんが、その写真、どうかどうかお蔵入りさせずに、必ずどこかに公開してください…と心からお願いしておきます(爆)

あ、あと、もしもメインのアウェイ側で観戦しておられて、あの場面を撮影できた人がいらしたら、多少ブレててもいいので(爆)ぜひぜひツイッターなどにアップしてください…と重ねてお願いしておきます(笑)




当日はゆっくりする間もなく、すぐに帰ったのですが、新幹線の中で一人、サッポロ黒ラベルと赤ワインのミニボトルで祝杯を挙げてきました。

優勝の喜びを…モトと、愛すべき79年組の皆と一緒に勝ち取った優勝の喜びを、今年も再び私たちに味あわせてくれたアントラーズのすべての関係者に、心から感謝しています。

本当に、本当に、おめでとう。
そして、ありがとう。


でも、Jリーグ1欲張りなアントラーズにすっかり慣らされてしまった鹿サポの私たちは、まだまだ足りない、と思ってしまうのです。

モトと一緒に喜べる間に、もう一度、ううん、2回でも、3回でも、1回でも多く優勝したい。

そして、その瞬間、ベンチではなく、ピッチに立っているモトを見ていたい。

彼が現役選手である限り、そう願い続けずにはいられないのです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/645-d36d510f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。