6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

2009年ラインナップ続報

いやー、一気に発表されましたねー。

つか、先週のセナコンⅡ(と勝手に決め付けてますが)の発表時点で既に決まってたであろうものを、なんでわざわざ小出しにするんだろ(爆)

とりあえず、ニュースに即日反応してみます。


えーっと、私が観劇意欲をそそられる順で。

まず、なんといっても、

■月組バウ(3月12~29日)
  バウ・ミュージカルプレイ 『二人の貴公子』 (原作 W・シェイクスピア、脚本・演出 小柳奈穂子 )
  主演・・・龍 真咲、明日海 りお

でしょう!(・・・え?)

まさおみりおW主演キターーーーーー!!!!!
「愛と友情の間で苦悩する」(by公式解説)イケメン男子2人!!!!!

やーん、美しいわぁ!
私、実は小学生のころからシェイクスピア大好きっ子なんですよ(笑)
すんごい楽しみ!!!
小柳センセの演出は・・・まあ、あんまり期待できないかと思うのですが(爆)、ま、今回は原作あるしね。

それにしても、あの二人に取り合いされるエミーリア王女って、なにげにすごくキャスティングのハードルが高いと思うんですけど・・・。
順当に行くと・・・らんちゃん? いまさらしずくちゃんがバウヒロってことはないだろうしねぇ。
他の公演との兼ね合いによっては、花陽みらちゃんの抜擢もあるかも?
個人的にはちゅーちゃん(咲希あかねちゃん)のヒロインも見たいところなのですが(今回新公であいちゃんの役だし。なにげにポジション上がってますよね?)、どうでしょう。

いずれにしても、東上ないのがもったいないですね。きっとチケット難になりそう・・・。

■花組全国ツアー(5月2~31日)
  ミュージカル・ロマン 『哀しみのコルドバ』(脚本・柴田侑宏  演出・中村暁)
  グラン・ファンタジー 『Red Hot Sea II』(作・演出 草野旦)
  主演・・・真飛 聖

えーっと、今のところ、ゆうひさんが出演する確率が一番高いのがこの公演でしょうか。
ということで、2番目に挙げてみました。

「コルドバ」は名作・・・だそうですが、私は観たことないし、ストーリーも詳しく知らないので、なんとも言えませんが。
ただ、私は柴田脚本・中村A演出とはどうもあまり相性が良くないみたいなので(人生初ヅカの「霧のミラノ」は・・・・・・だったし、「バレンシア」も名作と聞いてわくわくしてたら超がっかりだった・・・(爆))その点がちょっと心配です。
とはいえ、スペイン物のちょっと浅黒い肌のゆうひさんのビジュアルが完璧なことは見る前から分かっているので(笑)、もしゆうひさんがご出演されるなら、どんなにストーリーが古臭くて演出が平板でもビジュアルだけで通えると思います(爆)

「赤熱海Ⅱ」は、これも、もしゆうひさんが出演されるなら、単純に嬉しい!!!
だって、このショー大好きなんですもん。

えりたんが抜けるので、もしかしてマリオの物語のところがごっそり別場面になるのかな?
あーん、そしたら日高くんの萌えツボ場面がなくなっちゃうー!(←って、まだ日高くんが全ツ組とは決まってないし(笑))
「すみかのすみか」(笑)は持って行けるのでしょうか。

とりあえず、みつるくんは全ツ組にお願いします!
そして、あのかもめ銀橋終わりのサングラス受け渡しを再び!!!
銀ちゃんでは抱擁まであったみつるゆひだけど、あれはあからさますぎてかえって萌えられなかったの。
「マイ・ベスト・みつるゆひ場面」は、やっぱり、あのサングラス受け渡しにつきます!
(・・・はっ・・・でも、全ツの会場は銀橋ないもんね・・・となると、あの場面はどうなっちゃうんだろう・・・心配)

・・・つか、万一ゆうひさんがこの全ツに出なくて、「かもめ」と「ひき潮」を誰か他の人がやったら、正直すごいショックだろうなぁ・・・。
うーん・・・どうなんでしょ。

それに、梅田が初日じゃないのもちとつらい。初日も楽も関東だなんて・・・どれだけ遠征したらいいの?!

■月組本公演(宝塚・5-6月、東京・7-8月)
 『エリザベート』-愛と死の輪舞(ロンド)- (潤色・演出 小池修一郎 )
 主演・・・瀬奈 じゅん

ずっと噂を聞いてましたがまさかと思ってた月エリザ。
ホントにやるんですねー。

私は前回の月エリザは生観劇していないので、見飽きたとかいうことはないのですが。
でも、下級生とか娘役ちゃんたちがちょっと可哀想だなーとは思います。

あの、このブログは、アサちゃんファンの方も読んでくださってるので、こんなことを言うのは心苦しいのですが、実は・・・私、アサちゃんの長髪コスプレが、あまり好みではないのです(ごめんなさい)
「ファンシーダンス」のシェヘラザードの場面も。
「マホロバ」のオウスも。
なので・・・トートコスのビジュアルにハマれないとつらいなー、と思ったり・・・。
こんな懸念を跳ね返す美しいトート閣下となることを祈っております。

ところで・・・シシィは順当にいくとキリヤン?
キリヤンシシィはきっとチャーミングでお歌もばっちりだとは思うのですが、またまた個人的にアサキリに全く萌えられないのがつらいところです・・・
(数々の暴言すみません)

■宙組本公演(宝塚・4-5月、東京・6-7月)
 ミュージカル・ロマン 『薔薇に降る雨』(仮題)(作・演出 正塚晴彦)
 ロマンチック・レビュー 『Amour それは・・・』(作・演出 岡田敬二)

某所でハリーは衰えた説を主張した私ですが、これはあらすじを見る限りなかなか良さそう。
期待したいと思います。
ウメちゃんはともかく、「大人の男の苦悩と葛藤」をタニちゃんにどう演じさせてくれるのか、演出の方もお手並み拝見、というところでしょうか(爆)
でも(役が少ないのがデフォとしても)らんとむ&みっちゃんまでが主要登場人物として出てくるのを見たら、きっとまた「雪や宙ではちゃんと出来るのに、なんで月だけ2・5番手がその他大勢賑やかしの役だったんだよ!」って毒づいちゃうこと間違いなしです(爆)

岡田レビューは、全体としては可もなく不可もなくでも、どこか1つは名場面があると思うので、それなりに楽しみです。

■霧矢 大夢 ディナーショー (東京・宝塚、3月)

■遼河 はるひ ディナーショー (東京・宝塚・名古屋、3月)

経済的理由から絶対観られないけど、きりやんのは行きたいなぁ。
花の東京楽が3月22日なので、ゆうひさんもその翌日の東京2日目か宝ホをご覧になるかも・・・(つか、観に行ってくれればいいなぁ・・・キリユヒ萌え(笑))
第一ホテルはトップさんがDSする会場なのかな? さすがきりやん。
それぞれ、どんなメンバーが出演するのかも楽しみですね。

■花組バウ・東京特別(5-6月)
 ミュージカル 『オグリ! ~小栗判官物語より~』 (脚本・演出 木村信司 )
 主演・・・壮 一帆

えりたん主演おめでとうございます。
正直、あまりこの辺の時代物は食指が動かないのですが、歌舞伎とかでもお馴染みの素材をキムシンがどう料理するのか、注目したいと思います。
ヒロイン(照手姫?)は誰なんでしょうねー。
すみかちゃんは舞姫、銀ちゃんとやってまた、だとあまりにも独占だし。
姫花ちゃん? 菜生ちゃん? うーん・・・。
二番手格に誰が入るのか、振り分けともども楽しみです。

いやー、来年も忙しいわぁ~。

コメント

いえいえ嬉しいです!

おはヨウございます。
全然暴言じゃないです。
率直に言って下さって嬉しいです。
私も男役は男っぽい髪型が好きですし、・・というか、言われるまでアサちゃんに関しては比べて考えたことがなくて、“ふ~む、なるほどね”と思ったくらいです。

で、ももた様は小学生の頃からシェークスピア好きでしたの?
・・ナナ好きの友人に先日のももた様の文を伝えたら、すごく喜んで、「宜しくお伝え下さい。~文章が上手い方ね。」と言ってました。

ゆうひさんも何度も観そうです。
またまた、来年も忙しくなりますね。
(もう、手帳に来年のカレンダーレフィル入れてスケジュール書き始めてます。
・・ヅカファンなら当たり前?)

毎度暴言ごめんなさい(汗)

>ジェイユさま

いつもいつも暴言を優しく受け止めてくださってありがとうございます。

>私も男役は男っぽい髪型が好きですし、

そうですねー。ユウヒさんに関しては長髪全然OKなんですが、アサちゃんやキリヤンは男っぽい髪型の方がやっぱり似合う気がするなぁ・・・。
コスプレ系の髪型で唯一いいなと思うのは「暁のローマ」の時ですね。(でも、まあ、あれはそんな「長髪」というほどではなかったし)

シェイクスピア、大好きでした。今よりもむしろ子どもの時の方が。
ちょうど小学4、5年の時かな、あれは何かのブームか記念の年だったのでしょうか、NHK教育の映画劇場みたいなので、立て続けにシェイクスピア作品の映画をやってて、オリビア・ハッセーの出てた「ロミオとジュリエット」を見たのが最初かな?
あれ、でも、その前に既に知ってた気もする・・・。
同時期に「小学4年生」かなんかの雑誌で、マンガ「ロミオとジュリエット」が連載されて、こちらもはまりこんで読んだ覚えがあります。
で、母に買ってもらった、名作が幾つかダイジェストで入った・・・今から思えばたぶん岩波少年文庫みたいなやつだったのでしょうか、それを毎日繰り返し読んで。
あんまりハマってしまったので、登場人物の名前以外ほぼ「ロミジュリ」のパクリ、みたいな脚本を自分で書いて、それをいつも一緒に通学する友達に配って、配役を決めて、毎日帰宅途中に脚本の読み合わせをしながら帰っていました(笑)

ナナファンのお友達、こんなミーハーな文章を読んでくださったんですね・・・ありがとうございます。
その後、いろんな選手やOBが彼の引退に関してブログなどでコメントしてるの読むと、愛されっぷりに泣けます。
そういえば、5、6年前の試合映像をたまたま見返してたら、鹿島との試合で、ファウルされて興奮して審判に抗議してキャンキャン怒ってるモトの肩をナナが押さえておでこくっつけてなだめてくれてる・・・という萌えシーンがありました。
ナナはモトのこといつもお子ちゃま扱いでしたが、構ってくれてありがとう! と思いましたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/65-930c2f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード