6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

雪の決勝は、やっぱり特別。

本日予定されていた選手権決勝は、大雪で順延となりました。

わが家は昼間、子どもたちと前から約束していた「ワンピース展」に出掛けたため(なかなか楽しかったです!)、情報を敢えてシャットアウトしていて。

午後6時から地元ローカル局で日テレの映像を時間差で放送するので、帰宅して、さあ見よう! とテレビをつけたら、真っ白なピッチにびっくり。

もちろん脊髄反射的に、「雪の決勝だっ!!!」って思ったわけですが(笑)

こちらの期待通りに、15年前の、あの伝説の雪の決勝のことに触れてくれて、映像も(超出し惜しみだったけど! もうちょっと長く映してくれよ、なんならフルで再放送してくれてもいいのに(爆)、と思ったけど)流してくれて、テンション上がりました!


もう何十回、いや何百回と見て、手元にダイジェストの録画も持っている映像なのに、モトが映った瞬間、「やーん、もっちんだ~!!! 可愛い~!!! あーん、どうしよう、録画録画…(汗)」と慌ててリモコン握りしめておろおろしてしまい、オットに「何を焦ってんの」と白い目で見られる私…。

それでも、地上波で、あのほっそい足にサラサラ黒髪、鼻の頭を真っ赤にして走ってた、あの可愛いモトの姿を…降り積もる雪の中、ガッツポーズした赤い彗星の10番の華奢な背中を全国の視聴者に見ていただけたかと思うと…感無量です(笑)

つか、マジで、ピッチに降り立った天使ですよね?(←違)
雪の王子様(笑)に逢いに来た天使だよね?

あーん、どうせなら試合終了後のハグも映してくれたら良かったのに。
まるで、現在DCで上演中の「逆裁3」で、ともちんに抱きつくれーれに勝るとも劣らないくらい美しいルルベ(笑)でコージに抱きつくモトの姿を、皆さんに見ていただきたかったわ~(笑)


あの試合の映像は、もう本当に瞼の裏に自動再生できるくらい見ているので、ゴンちゃんの解説の声もちゃーんと耳に残ってます。



まあ、それにしても、こうして今回順延になって分かるのは、あの雪の決勝がいかに特別だったか、ってこと。

今回の選手権でも、前評判の高かった大津があっさり負けちゃったように。

あの年の選手権で、ヒガシと帝京が決勝戦まで勝ち上がって、春からチームメイトになるコージとモトが対戦して、しかもあんな真っ白な銀世界の中で、美しい、ドラマティックな、伝説として語り継がれるような試合をした、ってことは、なんという確率だったのかって…本当に幾つもの奇跡が重なって実現した「特別」だったんだな、って…そして、やっぱり、あの二人はそういう「特別」な星の下に結び合わされた運命の二人だったんだな、って、あらためて実感したのでした。



コージとモトは、明日からB級講習の後期日程で、再び顔を合わせます。
(すみません、前のエントリーで私、5~10日と15~20日のどちらかに参加すればいいのかと勘違いしていましたが、計10日間すべて参加しなければいけないようです)

絶対、本人たちも思い出してるだろうな~。
周りの皆にもいろいろ言われるだろうしな~。
うふふ、昔のことを思い出して、ちょっと新鮮な気分になっちゃったりするがいいさ(爆)


ちなみに、先日のエントリーでバンちゃんに「写真もアップして」とお願いしたら、ちゃんとブログに上げてくれました(笑)
ああ、ホントにありがとう、バンちゃん。

フジョシ的ツボは、モトがコージの左側にいるということ。
コージが利き手で抱くのがモトだってことに、たまらなく萌えます(照)

前期日程の様子は、藤本チカラ氏もブログに書いてくれてますが、なかなかハードな講習のようですね。
食事風景をアップしてくれてて、モトの両手ピースが超!可愛いです(笑)
ヤナギもいるのね~。コージもモトも嬉しいだろうな~。

つか、バンちゃんやチカラ氏の記述からすると、どうも今回、3人部屋のようなんですが、コージモトと同室は誰なんでしょう?(コージモトが一緒だって勝手に決めつけている私(爆))
いいなー、あの2人と同室って、2人の会話や行動を一部始終至近距離で目撃できるなんて、なんてフジョシにとっては垂涎物のシチュエーション!(笑) 羨ましいです(爆)




選手権の話に戻りますが、準決勝の日は会社に詰めてたので、ながら見で見てました。
今回の選手権、大津も野洲も初戦で負けちゃったし、ほとんど見てなかったんですけど、いつの間にか準地元校の京都橘が勝ち上がってて、社内的には非常に盛り上がっております。

で、準決勝の橘の試合の最後の方、橘が敵陣にボールを持ち上がったので「よし、もうそこでキープしとき」とか言ってたら、一緒に見てた元サンガ担当の後輩男子に「そんなカシマみたいなやり方を高校生に強いたらだめです」とツッコまれました(爆)
…でも、橘の子たち、あの時、ちゃんと鹿島ろうとしてたよね?(笑)

…まあ、経済的なこととか、日程的なこととか、いろいろ困難はあるかと思いますが、選手たちにとっては、ちゃんとしたピッチで決勝戦ができること、良かったと思います。
宮吉弟くんが「3年生と一緒に1週間長くサッカーできるので良かった」ってコメントしてるのに、ちょっとキュンとしちゃいました(笑)
同期にも萌えるけど、一期違いの関係ってのもこれまた結構萌えツボがありますよね~(爆)
橘はツートップが3年生と2年生なんだけど、2年生の小屋松くんが先輩の仙頭くんのことを「啓矢くん」ってユースの子みたいに下の名前にくん付けで呼んでるのも萌えです(笑)




ところで、全然話は変わるのですが、アツトのドラマデビュー、見届けました。
ドラマ自体には全然興味が湧かなかったので(原作は発売後間もなく、ブレイクする前に読んだんですけどね。まあまあ面白かったけど、でも、ここまでブームになるほどの作品かなぁ? ってちょっと疑問…。しかも、栞子さんがゴウリキアヤメって、イメージ違いすぎるにもほどがあるやろ!)、録画して早送りして、アツトのシーンだけ見たのですが。
…ステキに棒読みでしたね(笑)

つか、出番は短いとは思っていたけど、本当に一瞬でしたね(笑)
それなのに、あの、出演者クレジットの文字の大きさ。
アツトってホントに、代理人とかマネジメント事務所(? よく知らないんですけど、どこか事務所と契約してるんですかね?)にとってはいい商品なんだろうな~、って、ちょっと遠い目になっちゃいました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/653-532bbd6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード