6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の扉を開けて@月組「ミーマイ」Aパターン観劇感想

先週は、雪新公のチケット取っていたのですが、夕方まで仕事が抜けられず断念…。
無理矢理わがままを通したら行けなくもない、という感じだったのですが、雪だしな…サキちゃんフェルゼンとか、ほたてアンドレとかは観たいけど、夢華アントワネットは無理してまで観たくないしな(爆)…とかいろいろぐるぐる考えて、結局あきらめて仕事に専念しました。
これが先月の宙だったら無理してでも行ったところなんだけど(爆…先月は本当にどうしても無理で断念したんですよね…)


その翌日は、満を持して梅芸へ!
「ミーマイ」8日16:30公演を観てきました。

楽しかった~!!!

ああ、やっぱり私、ミーマイ大好きだ!!!



私にとっては、アサカナ月バージョン、新公、博多座版、まとあや花バージョン…以来のミーマイ。

見ていると、自動的に思い出の扉が開いて。
それぞれのキャストにいろんなひとの面影が甦って、懐かしくて切なくて涙があふれて、でも楽しくて幸せで…いろんな感情が洪水のように渦巻いて、とっても忙しい観劇です(苦笑)



まさちゃぴが、過去に見たどのバージョンよりも「ミーマイ」にハマっている、とは正直、思わなかった。

そう思うには、私はたぶん、アサちゃんビルやまとぶんビル、かなみんサリーやあやねサリーを好きすぎて。
欠点だらけだったしずくサリーや、新公でたった1回見ただけのみりおビルにすら、思い入れがありすぎて。

でも、単純に、二人ともチャーミングで愛しくて、ただただ楽しかった。
とってもフレッシュで、なんか(悪い意味ではなく)新公を見ているような、そんな気分になりました。



まさおビルはねぇ、「ああ、頑張ってるなー」って、愛しくなります(笑)
ナウオンを見ると、素の本人はそんなにキャラが離れていると思っていないのかもしれないけれど、やっぱり観客から見ると、あんなにふざけて騒いでテンション高いまさおって珍しいのでね(苦笑)

つか、本当にね、アサちゃんトップ時代の新公を観てるみたいな、不思議に懐かしい、よく知っている感じがして。

本当の新公の時そうだったように、一から十までコピーみたいな演技とは全然違って、ちゃんと「まさおのビル」なんだけど、でも、時々不意に、ハスキーな声とか、言い回しとかが似てて。
「ハムレット」の時に、ところどころアサちゃんに似てる瞬間がある、と思ったことを思い出しました。
きっとまさおは意識してないと思うけど、まさおの中にセナジュンのDNAはちゃんと存在しているのだなぁ、とあらためて実感できて、私としてはとても嬉しかったです。

ただ、前半の、育ちの悪さをスケベさ(爆)で表現してるのは、ちょっとやりすぎに感じるところもありました。
バターズビー夫人@まいまいのお尻を触る…のはまだしも、その手の匂いを嗅ぐのは、…どうよ。
そのわりに、ジャッキーのお色気攻撃(笑)には全く食指を動かさないのが、キャラが一貫してないように思うのですが(笑)


あと、ロミジュリとかベルばらとか、コスチューム物だとそれほど気にならないんだけど、スーツだとどうしても身体の薄っぺらさ、細さが目に付いちゃうんですよね。


でも、ジャッキーにソファで迫られる場面の後で、サリーを後ろから抱きながら「機嫌直してくれよぅ」って言うところは、ハスキーな声が色っぽくてなかなか良かったです(笑)

あと、最後の「どこ行ってやがったんだ~!」の時の表情も、好きだった。

そして、すーちゃんマリアとのやりとりは、現実の2人の関係が重なって、楽しくて、そして胸が一杯になりました。




ちゃぴサリーは、とにかく可愛くて、健気で、仔犬みたいで、誰もが思い描く通りの「サリー」だと思います。

ただ、私はしずくサリーの美しさが忘れられないんだよなぁ。
ちゃぴってもちろん可愛いけど、決して美人ではなくてファニーフェイスとしか言えないもんなぁ。

ああ、せめてしずくちゃんがちゃぴ程度に歌える子だったらなぁ…(爆爆爆)




私が今回、すごくイイ! と思ったのは、すーちゃんマリアです。
これまですーちゃんは、押し出しが強すぎてハナに付く時も結構多かったのですが、愛短、ベルばらのマロングラッセに続いて3連続ヒットじゃないですかね?

そこそこ若くて美しくて、毅然としていて、正しいひと。
貴族の誇り、ノブレス・オブリージュを誰よりも信じているひと。

そんな彼女の、ビルへの愛情が伝わってきて、泣けました…(涙)


ビルと二人でアドリブいろいろやってるのも、すー&まさおの素顔が透けて見えて楽しいです。
私が観た回は、ビルがスカートめくったら、ジャッキーのピンクのブルマ? カボチャパンツみたいなやつ? を履いてて、客席爆笑。
ビルが「マリアおばちゃん、パンツじゃない…」ってショックを受けたのに対して、「ジャッキーに借りたのよ」って勝ち誇って自慢げに言うマリアに、またまた大爆笑、でした。




みやちゃんジェラルドも良かったです。
今まで、あひちゃんに始まり、何人もジェラルドを見たけど、一番良かった!
決してアホぼんではなく、ちゃんとフツーにカッコイイ、でも甘ちゃんな貴族のお坊ちゃまで。
計算高いジャッキーのような女性が選ぶ相手として、全然おかしくない、ステキなイケメンでした(惚)

カチャジャッキーは、可もなく不可もなく、という感じかな…。
私は、愛着ある元宙っ子だから、ああ、頑張ってるな、って可愛く思えるんですけどね。

2幕の冒頭、2人が客席から登場して缶バッジを配るんですけど、これは、1階席の客にとっては楽しいですね!
私は下手通路際の席だったので、みやちゃんが「欲しいひと~!」って言った時に勢いよく手を上げたのですが、「そんなにないんだよぅ」って謝られちゃいました(笑)
みやちゃんが通る時にも手を伸ばしたんだけど、「ごめんねぇ」って飛ばされてしまいました。残念(笑)

カチャが通った上手側には、雪組さんと月バウ組がいたようで。
(ジェンヌが大量に来たのは開演前から分かってたんですけど、顔見ても全然誰か分からなくて(汗))
カチャは最初、「ああっ、眩しいわ…っ!」「バウホール組よ!」とか言って、客席も大盛り上がり。
前方の雪組さんのそばを通った時には、「ここはベルサイユの香りがするわ」とか言ってました(笑)




マギーパーチェスターは、私、博多座でも見たんですけど、あの時はインパクトは強烈だったけど、強烈すぎて浮いてるところがなきにしもあらず、でしたが、今回は、面白くてキャラ立ちしているけれども、ちゃんと作品世界に馴染んでいました。
「PTO」の発音のところとか、博多座とネタは同じなんだけど、あの頃よりだいぶ落ち着いてて、でも、それでもちゃーんとウケてました。
あの当時は勢いで持っていった部分を、ちゃんと作り込んで丁寧に演じていた、というか。



コマヘザーセットは、個人的に大好き!(笑)
お髭が似合う渋いオッサンで、控えめで忠実な執事だけど、でも、ああ、イギリス人だなぁ、ってちゃんとツボを押さえてる。

最初にビルとサリーが歌の後で食卓の備品を全部持っていこうとするところで、両手がふさがったビルが耳に挟んだタバコを落としちゃって、アドリブで「タバコ拾ってくれ~」って言ったんだけど、それに対して、丁寧な仕草でタバコを拾ったヘザーセットが「…これは頂いておきます」って自分の胸ポケットにタバコをしまって。
ビルも「ええっ?!」ってリアクションして、客席は大ウケでした。




役替わりも観に行くので、楽しみです。



ジョン卿@組長は、安定のナホ様でした。

でもやっぱり、「愛が世界を回らせる」は、アサキリの軽快なステップに勝るペアはないなぁ(笑)

組長に関しては、フィナーレの男役群舞の場面で、最初にまさおが登場した後、上手と下手から2人だけ出てくるのがとしちゃんと組長、っていうのが、相変わらず素晴らしいな、って思いました(笑)
ゆりやくんとかゆうきくんとか、劇団押しの若手美形男役を差し置いて組長。これぞ月組クオリティ(爆)



あと、出色の出来だったのが、るうちゃんのブラウン夫人ですね。
今まで見たブラウン夫人の中で一番しっくり来た。すごく上手かったし、ハマってました。



バターズビー夫妻@ゆりやくん&まいまいは、フツーに美しいカップルでしたね。
最後に見たフレディ・バターズビー卿が、マメちゃんの、常に赤ら顔の酔っ払い、という斬新でインパクト大なキャラだったので、それに比べると、ホントゆりやくんは王子様だったわ~(笑)

ファービーのジャスパー卿は可愛かったです。
「顎で受け止めて」のところの芝居は泣けたわ…。




ボブ@としちゃんは、なんだか初めて、「ビルやサリーと対等な友達」に見えるボブだった気がします。
ランベスでサリーと言葉を交わすところが、ほどよく強くて、すごく良かった。


ソフィア@みくちゃん、ふくよかさが貴族っぽくて綺麗。
お芝居は上手いし。
本編ではあまりにももったいない使われ方でしたが、フィナーレの最初とエトワールは嬉しかったです。



あとは、ランベスキング@ゆうきくん、ランベスクイーン@くれあちゃん、チーフメイド@真愛ちゃん、くらいしか役がないかなぁ…。


ミーマイは楽しくて大好きなんだけど、やっぱりどうしても役が少ないのが難点ですね。
みっしょんとかミズハカナトくんとかは、どこにいても目立つんですけど(笑)
次回は、アンサンブルの下級生たちもできるだけ頑張って観たいと思います!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/665-e4e17c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。