6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのサンチョ・パンサ

花組退団者の悲報、皆様と同様、衝撃を受けています。

…みーちゃん。

ユウヒさんルディにとっての、唯一の、かけがえのない、サンチョ・パンサ。

みーちゃんファンの方には、また別のご意見があるかもしれませんが、多くのユウヒさんファンにとって、みーちゃんのベストアクトは、やっぱり、ジョージなのではないでしょうか。

あの、切なく痛く美しい物語の中で、私たちに、孤独なルディに、もがき苦しんでいたユウヒさんに、救いと温もりを与えてくれた、優しい優しい「春風」だったジョージ。
あの時、お茶会で、ユウヒさんは、みーちゃんジョージのことを、「お稽古場から本当に『ジョージ』で、『サンチョ・パンサ』で、その存在に救われた」という意味合いのお話をなさってたことを、昨日のことのように思い出します。

本当に大好きでした。

そんなみーちゃんが、行ってしまうんですね。こんなに早く。

…ただただ残念で、寂しいです。



みーちゃんのことは、物理的には私が初めて宙組を観た「炎にくちづけを」から見ているはずなのですが、まだそのころは組子の個体識別がほとんどできていなくて。

舞台の上のみーちゃんを初めてちゃんと観た、意識させられたのは、ずっと後になってからの、「パラプリ」新公でした。

そもそもビジュアルが、お髭も麗しい、素晴らしい美中年だったのですが。
あの、最後の銀橋の場面。
せーこちゃん(本役:圭子おねーさま)との愛のデュエットが、圧倒的で。

学芸会色が強かった(爆)新公を、実力でぐっと引き上げてくれていて、実力派の若手スターなんだなぁ、と強く印象に残ったのでした。



そして、ユウヒさんが宙組に行ってからは、組の中堅スターとして作品を支えてくれると同時に、88期3人組はユウヒさんと積極的にかかわり、組子たちをつなぐ役割も果たしてくれていましたよね。

本公演で印象深いのは、やっぱり、「カサブランカ」のサッシャかな。

いい役でしたよね。
あの、独特の「軽み」が、みーちゃんならではの味で、巧さだった。
そういえば、ユウヒさんとキスまでしちゃう役(笑)だったもんねぇ。



ユウヒさんの卒業を宙組で見送ってもらえなかったのは残念ではありましたが、花組異動後最初のバウ「近松」の鯉助は、とっても難しい、でもやりがいのある役、心の中にどこまでも深く昏い穴が空いているような男を、舞台上にしっかり息づけていて。
遊女役の春花きららちゃんとのシーンが、とても好きでした。


その後は、ちょっと役不足かなぁ、と思うような作品が続いていましたが、どの作品、どの役でも強い印象を与えてくれて、ビジュアルのエロ美しさにも磨きがかかっていて、これからもっともっと観たい、いや、観られると当たり前のように信じていたのですが。

まさか、蘭寿さんより先に行ってしまうなんて…(爆爆爆)



たくさんの、素敵な舞台を、ありがとう。
ユウヒさんを癒やし、支えてくれたこと、ありがとう。

最後の公演が、みーちゃんの力を120%発揮できるものでありますように。
そして、ご卒業の最後の日まで、健やかに、男役人生を全うできますように。
そう、心から祈っています。








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/676-470d159c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。