6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中の革命

ずっと更新サボってるのに、全くどうでもいい自分ネタでごめんなさい。

実はここ何週間か、私の中でものすごい革命が現在進行形で起こっているのです(爆)



ここ何週間かのマイブームといえば、そうです、「あまちゃん」です(笑)

もちろん、基本、アキユイの百合物語が大好物で、今後の展開が大いに気になる(というか、ユイちゃんの現状に、おそらくいっそん先生と同じくらい心を痛めている(爆))私ですが、東京編に入ってからというもの、ミズタクこと水口琢磨氏に激しく心を揺さぶられている毎日なのです(爆爆爆))

あー、もう、なんであんなに萌えキャラなの、ミズタクってば!!!(爆爆爆)



…私、もともと、男性俳優のルックスの好みのストライクゾーンがものすごーく狭くて。
女優や女子アイドルに関しては、このコもカワイイ、このコも綺麗、って、すっごい許容範囲が広いのに、男優は昔から、とにかく正統派の王子様みたいな端正な二枚目しかカッコイイと思えなかったんですよね。
そう、例えば、若い頃のロバート・レッドフォードとか、10代の頃のウィリアム王子とか、デイヴィッド・ベッカムみたいな。
あえて現役の日本人俳優で言えば、うーん…竹野内豊とか、あーゆー、生活感ないくらい端正なカオ。

だから、いわゆる「個性派」と言われるような人の魅力が全然分からなくて。
名前を出して申し訳ないけど、永瀬正敏とか浅野忠信みたいなタイプ(爆…ごめんなさい)。
男くさいワイルド系もあんまり好きじゃなくて、無精髭生えてるようなタイプも全く食指が動かなかったんですよね。



過去に一度、こんな好みが大きく転換したことがありました。
十数年前になるかなぁ、「天気予報の恋人」っていうドラマで、佐藤浩市にハマりました。
それまでは、あの分厚い唇と暑苦しそうな顔が全く好みじゃなかったのに、突然、彼のフェロモンを理解するようになって(笑)。
あの時は、ああ、私、ちょっとオトナになったんだなあ、と思いました(爆)



で、今回。

その時に次ぐ嵐が私の中で吹き荒れているんですよ。

松田龍平には今まで全然キョーミなかったのですが(もちろん、パパの松田優作氏についても、子どものころから、カッコ良さが全然理解できずに生きてきました)、「ミズタク」というキャラの萌え度の高さはいったいなんなの。

GMTの寮で、無防備にスウェット姿でベッドに転がったり、腹チラしたり、よれよれのワイシャツをズボンから片方の裾だけ出してたり、クールでドライかと思いきやいきなり熱い夢を語り出したり、普段は名字呼びの女子をここぞというところで下の名前で呼んだり、「眠れません」って枕抱えて涙目で部屋に突撃してきたアキちゃんに「…君はいくつだ」と冷たいツッコミ入れたり、そんなこんなのすべての言動が全くレンアイ絡みじゃないところが、もうもう、パーフェクトなんですけど!(爆爆爆)


そして、今日(17日)の放送で、完全に打ちのめされました。

なにあの留守電。
…からの、来訪。

うお~、ミズタクの存在自体が萌え過ぎで、私、生きるのがつらい…(爆爆爆)



このままミズタクには、恋愛モードにならずに、熱く切ないマネージャー道を突っ走ってもらいたいと思います(笑)



それにしても、あーゆー顔の、無精髭で丸眼鏡のオトコ、私のストライクゾーンとは全くかけ離れたルックスの男性キャラにこんなにハマる日が来るとは。

なんかだんだん、ミズタクが超イケメンに見えてきた(爆)、っていうか、能年ちゃんがインタビューで龍平氏のことを「ラスカルに似てる!」って言ってたけど、私がこんなにハマるのも、彼がラスカル似だからなのでしょうか?


…って無理矢理ユウヒさんに話を結びつけたところで、今日は終わります(笑)
このグダグダをここまで読んでくださって、ありがとうございました(深謝!)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/677-37ccdf8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。