6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風と共に…@宙組退団者

相変わらず周回遅れですが。

宙組の退団者が発表されました。

ともちん…。

ゆうひさん時代の宙組を支えてくれた、愛すべき「ポチ」。

いつかこの日が来ると分かってはいたけれど、よりによって風共退団だなんて(爆)

あれからわずか1年で、宙組の顔ぶれがここまで変わってしまうのは、やっぱりちょっと、寂しいですね…。





宙組の公演は「炎にくちづけを」からナマで観ているのですが、舞台上の悠未ひろさんをちゃんと目に留めたのはずっと後、タニちゃんお披露目の「バレンシア」のルカノール侯爵からでした。

その次は…印象に残ってるのは、「パラプリ」のオネエ秘書(爆)くらいかなぁ。

もちろん、宙組のスターの一人として知ってはいるけれど、特別な思い入れを抱いて観たことはありませんでした。


ゆうひさんが宙組に組替えしてからは、どの作品でも、大きな存在感を示してくれました。

「カサブランカ」のシュトラッサー少佐。
以前にこのブログにも書きましたが、「国歌対決」の場面だけは、いつもシュトラッサーに肩入れして心の中で歌っていたのが懐かしいです。

「シャングリラ」の氷。
ソラを含めたシャングリラ組5人の過去妄想は尽きませんでしたね(爆)
最期のシーン、いつも号泣でした。

「トラファルガー」のトマス・ハーディー。
ムラ初日の幕間、「キスミー、ハーディー」がないなんて! とお友達と大騒ぎしたことが懐かしいです(爆爆爆)
白い役も黒い役もできる人だけど、典型的な白い役が本当に似合ってた。
私は今でもこの役が一番好きかもしれません。

「銀ちゃん」の専務。
脚本の改悪(爆)でヘンなこといっぱいやらされてたけど、何をやっても納得してしまうスター力をあらためて実感しました。

「誰がため」のラファエル。
いささか役不足でもったいなかったですが、ゲリラ組のダンスの場面で、いつもえりちゃんにセクハラ(爆)を仕掛けてたのがツボでした(笑)

「ヴァレンチノ」のジャック・デ・ソウル。
ある意味、誰よりもルディーに執心し、ルディーに溺れ、ルディーを滅ぼした男。
ともゆひの体格差がリアルで、恐ろしさを増していました。
それなのに、カーテンコールで、ゆうひさんのご挨拶の後ろでうるうるしているともちんは本当に乙女で、そんな姿にもらい泣きしたものでした。

「美しき生涯」の加藤清正も、正直役不足で申し訳なかったなぁ…。

「クラシコ」のヒューストン社長。
いかにも秘書を愛人にしてそうな、絵に描いたような「社長」でした。

「仮面のロマネスク」のジェルクール。
下衆な男の役が本当にイヤらしかったですよね。

「華やかなりし日々」のジーグフェルド。
ちーちゃんとの絶妙のやりとりで、楽しませてくれました。

そして、忘れてはならない、「逆裁」のエッジワース。
2も3も観ましたが、私はやっぱり2の方が好き。
法廷での最後の、えりちゃんフランジスカと2人の場面に萌えすぎたあまり、ゲームやったこともないのに、ミツメイ萌え信者になってしまいました(爆)


ここ数年、紛れもなく宙組の「顔」の一人だったともちん。
あまりにも押し出しが強すぎて、正直、役よりも「悠未ひろ」が前面に出てしまっているように感じる時もあったのですが、それでも、舞台上のともちんは、「ああ、宙組を観たなぁ」という満足感を与えてくれるかけがえのないスターでした。

ゆうひさんがお茶会などで話題を出されるようになったのは、「トラファルガー」の時からでしたかね。
あの作品で一気に距離が縮まったのが、お話を通して手に取るように伝わってきて、微笑ましく嬉しく思ったものでした。
最後のお茶会にも、お手紙をくれましたよね。
どんなことが書いてあったのか、ゆうひさんは文面はちっとも読んでくださらなかったけど…(爆爆爆)


100周年を目前に控えた今、というタイミングでのご卒業。

…劇団の思惑がなんとなく読み取れてしまうのがつらいところですが、最終的にはご本人が決断されたことですもんね…。

サヨナラショーもディナーショーも開催されることが決まって、せめてもの幸い、とほっとしています。

ムラ楽は祝日なので、私自身は家を空けて出掛けるのが難しく、最初からあきらめていたのですが、多くのファンの方にとってはきっと幸いですよね。
一人でも多くのともちんファンの方がお見送りできるといいですね。

そして、ご卒業の日まで、ともちんが悔いなく、ジェンヌ人生を全うされることを、心からお祈りしています…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/679-0db666a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。