6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で一番素敵なDATE!@岡村靖幸ツアー「アイボリー」大阪感想

10月からまた仕事が少し増えてしまい(職場の人員が実質0.5減になってしまったので、今までの仕事に加えて別の仕事も持つことになっちゃって…)、バタバタしている毎日です。
チケット取ってた真風DCも、当日急な仕事で行けなくなっちゃったし。
すんごく楽しみにしていた宙組新公も、前日夜に急に仕事が飛び込んできてしまい、急遽キャンセル。
りくちゃんの最後の新公、見届けたかったなぁ…(しょぼん)


そんな中ではありますが、行ってきました、大阪DATE!

ああ、やっぱ岡村ちゃんサイコー!!!



※以下、120%ネタバレレポです。ご注意ください。




岡村ちゃん復活以来の大阪DATEは皆勤なので、今回で5回目の参戦です。
最初の「エチケット」ツアーの時には、「1年に1回とは言わないけどある程度定期的にライブやってくれたらいいなぁ…」くらいに思ってたのに、まさか半年に1回のペースでツアーをやるような勤勉な(笑)アーティストになってくれるとはびっくりです(笑)


今回もぴあ先行で取ったら、あまり早い番号ではなかったのですが、会場に入ってみると、狙っていた上手側の前方はまだ結構スカスカしてて、運良く割と前の方にスタンバイできて。
ライブが始まって押し流されているうちに、最終的には上手最端の前から2、3列目くらいになっちゃって、わたし史上最も岡村ちゃんの近くで観たライブになりました!


0・開演前

18時スタートの予定が、やっぱり少し押したのですが、10分くらい経った頃から、客席から手拍子発生。
「岡村ちゃん、早く早くぅ~!!!」と皆でせかしていると、15分くらいに客電が落ち、スタート!!!

1・スキャンティブルース

パープルの薄い幕が降りたまま、岡村ちゃんの声だけが聞こえてくるオープニング。
「Baby,なんで今夜は狼が鳴いてるか分かるかい?」「君のせいだよ」
いやーん、なに、そのヤラシイ囁きは!(爆)
もう、声だけの岡村ちゃんにキャーキャー惑わされる大阪ベイベたち(笑)

語りが終わってやっと幕が開く。

岡村ちゃんだ~~~!!!!!

濃いグレー(?)のスーツに白シャツ、ネクタイはちゃんと結ばず襟元は緩めてて。
やーん、もう、1曲目から濃すぎるんですけど!(笑)

私、この曲あまりちゃんと聴いたことなかったんですけど、カッコ良かった! 盛り上がりました。

2・いじわる

で、もう2曲目から私の大大大好きな「いじわる」ですよぅ!

最初、上手に来てくれたので、私の目の前で岡村ちゃんが「ユカは確かに美人だ」って私の目を見て(←妄想(笑))歌ってるの~~~!!!

途中、間奏のどこかで「だって俺は靖幸ちゃんなんだぜ!」みたいなこと言ってましたよね?
あーん、これぞ昔の岡村ちゃんだ! ってテンションMAXに!

3・カルアミルク

一転して「カルアミルク」。
ひとことひとことを大切に、噛み締めるように歌ってくれる。
でも、「エチケット」ツアーの時に比べたら、ずっと余裕たっぷりの歌いっぷりになったなぁ、としみじみ。

4・ビバナミダ

そしてそして、イントロが鳴った瞬間、会場の空気がぐわっと濃密になりました!

岡村ちゃん6年ぶりの新曲(涙)
もちろんこの日までにたっぷり聴き込んで備えてきたんだけど、ライブで聴くとよりスッバラシイ!!!
本当に、ポップでゴキゲンなキラーチューンですよね!

あれ、この曲で男性ダンサーズが登場したんだっけ?
サビのところ、皆で手を振って楽しかった!
でも、「ナミダ、ナミダ」で岡村ちゃんが「えーん(><)」ってやる振りは、私のところからはあんまりよく見えませんでした。残念。

5・5!モンキー

これもライブの定番曲。

6・Dog days~ラブタンバリン

クリスマスソングっぽいキラキラアレンジで始まって、え、何の曲? と一瞬思ったら、「あの日さ確かに~♪」って歌い出し。
ああ、どちらもフルコーラス聴きたかったな~。

あと、もう記憶が曖昧なんですけど、黄色いエレキギターをかき鳴らしてたのはこの辺でしたっけ?
どの曲か忘れちゃったけど、私の目の前でギター弾く岡村ちゃん、超絶カッコ良かった~!!!

7・ヘルシーメルシー

まさかの「サビを客席に歌わせる」がこの曲で来るとは!(笑)
歌いましたよ、「分かっとらん男ですいません~♪」って(笑)
そしたら岡村ちゃんも「すいません♪」って(笑) カワイイ。
ここまででいったんハケて、バンドのインストゥルメンタルへ。

8・イケナイコトカイ

再登場の岡村ちゃんは、シャツがブルーに。蝶ネクタイしてたのもこのパートでしたっけ?(もはや記憶が曖昧…(汗))

オリジナルよりも半音下げているけれど、でも、セクシーなファルセットもちゃんと聴かせてくれる。

ただ…スポットライトが付かなくて、ずっと薄暗い中で歌ってるのは、演出なの? 照明のミスなの? どっち?
この曲は、歌ってる岡村ちゃんの表情こそが見たいのに~!!!
ずっとシルエットしか見えなくて、いつ明るくなるの? って、すんごい焦らしプレーでしたよ!(爆)

9・どおなっちゃってんだよ

これは何バージョンのアレンジなのかな、一瞬、何の曲か分かりませんでした(汗)
岡村ちゃんが煽るから、ガンガンに歌って踊ったよ!!!

10・愛の才能

これもすっかり定番ですね~。嬉しい♪
イントロの時に「ダウンダウンダウン歌って!」って指示する岡村ちゃん(笑)
なので、皆、カンペキに「ダウンダウンダウン~」から歌い始めます。

最後の「キーーーッスァ!」をあんなヤラシク歌えるひとは他にいないね(爆) サイコー!!!

11・家庭教師

この時も、ギターが登場したんだっけ?
ギターじゃかじゃかかき鳴らしながら「たぶん23歳♪」って歌う岡村ちゃんにキャーキャー悲鳴上げるベイベたち(笑)

12・チャームポイント

いやぁ、盛り上がりましたね!
こんなにゴキゲンでアガる曲だったんだ!!!

私、「禁じられた生きがい」は発売当時、あまり心にヒットしなくて、正直聴き込んでなくて。
この曲も特別好きじゃなかったんですけど、すっごいライブ向きじゃない?
「サイヤイヤ~♪」って熱唱しちゃったよ(笑)
とってもキュートで、すっかり大好きな曲になりました!

【MCタイム】

ここで1回目のMCタイム。

「大阪の皆さん、暑くないですか? なんか上から見てたら、前の方ギューギューで後ろまでもしゃもしゃですごいことになってるんですけど、大丈夫ですか?」って尋ねる白石さんに、「暑い~!」って叫ぶベイベたち(笑)

岡村ちゃんのところはライトが当たってなくてよく見えないので、白井さんに、「30秒の間に岡村さんに愛を叫んでいいですよ、さあどうぞ」と煽られて、口々に「愛してる~!」と叫ぶベイベ。
ええ、私も叫びましたとも、「ヤスユキ~!!!」って(私)
普段、私の中では岡村ちゃん呼びなのに、ライブ会場で声に出すとなぜかいつも「ヤスユキ」と呼んでしまう私…(照)

その後、白石さんが岡村ちゃんの手だけにライトを当ててもらって、勝手に手と手をヤラシク絡ませたりする小ネタがあり。

そして、恒例のメンバー紹介。

最後、「ボーカル紹介、いつも名前だけしか言わせてくれないのか、という声がありますので、今回は全部皆さんでやってもらいます」ということになり。
1回練習した後、「on Vocal,オカムラ・ヤスユキ~~~!!!」

13・あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

MC終わりで「あのロン」、いつもいつも同じで分かってる流れなのに、こんなにテンション上がるのはなんでなんだろう。
サイコー! のひとことしかありません。

14・だいすき

そして「だいすき」。
毎回この曲が聴ける、「ヘポタイヤ~」を合唱できる幸せを噛み締める。
岡村ちゃん、最初、思いっきり歌詞間違えてたけど(爆)、まあそれもご愛敬(笑)

15・Young oh! oh!

いったん降りた幕が上がって、「第2部」の幕開けがこの曲。
とても若かったころのキラキラの岡村ちゃんが、ステージを飛び回って歌ってた、この曲。
これを今また聴けるなんて!!!

そういえば、このパートが、開襟MAXだったんですかね。
素肌にジャケット(のように見えた)で、その胸元をさらにぐいっとはだけながら歌う姿がエロすぎます(爆)
巨大(爆)だった時代はどこへやら、見える部分は胸板ががっしりしててちゃんと鍛えてる感じで、ホント、セクシーでした(爆爆爆)

16・ミラクルジャンプ~Jumpin' jack

これも、私はライブで聴いたのは初めて。
後半のカバー部分も含め、楽しかった!!!

17・Check out Love

懐かしかった~!!!

【MCタイム】

再びMCタイム。

「大阪の夜のデートスポットといえばどこなんでしょうか…御堂筋ですかね」ということで(笑)、白石さんの妖しいトークがスタート。
「ライブの後、ヤスユキと○○○は、夜の御堂筋へ…」みたいな語りが始まり、「名前何にしましょうか?」と客席に振ると、みんな口々に自分の名前を叫び出して(笑)

私? 私は、いやぁ…ちょっとそこまでの勇気はなくて、叫べませんでしたが(笑)
みんなすごいなー、と傍観者になってました(笑)

でも正直、この名前決めるの、時間長すぎましたよね。
白石さん、もっと早くさくっと切って話を進めてくれた方が良かったのに。
その時間の分、ちょっとでも弾き語りを長く聴けたりしたら嬉しかったのになぁ…。

中に、どうしても引かない女子が2人くらいいて、名前を叫び続けて。
どの名前に決めても遺恨が残るよねえ…と思ってたら、タイミング良く「ヒロシ!」という提案があり、結局、「ヒロシ」が採用されることに。

雨のそぼ降る御堂筋を一つの傘をさして歩くヤスユキとヒロシの小ネタ(「ああ、あなたが濡れちゃうわ」「いや、君を濡れさせるのは俺だけさ」(←すみません、だいぶ意訳(笑)してますが、こーゆーテイストの小咄)を語る白石さん…シュールだったわ(爆)

で、「そんな2人に贈る曲は…」みたいな感じで次の曲へ。

18・Peach Xmas

去年のクリスマスシーズンにヘビロテしてて、「いつかライブで聴いてみたいなぁ」と思っていた大好きな曲。
すっごい嬉しかった!!!
女子の私も嬉しかったけど、きっと、会場中の男子がホントに嬉しかったと思うよ。
だって、この曲は、岡村ちゃんから男の子たちへの応援歌、だもんね。
「来年の作戦考えようぜ」が生で聴けたなんて、幸せ…☆

19・Super Girl

そしてこちらは、オンナノコへの応援歌、かな(笑)
「ホントのDance,Chance,Romanceは自分しだいだぜ♪」
っていう歌詞、今の岡村ちゃんが歌うとひときわ心に響きます。

噂の側転も、ちゃんとやりましたよ!(笑)
クルッ、っていうよりも、どっこいしょ、って感じが若干したけど(笑)

これにて本編終了。

20・友人のふり

そして、お待ちかねの弾き語りコーナー。
ああ、ホントに私の目の前にキーボードが…(感涙)
そして、私の目をのぞき込んで(←妄想)歌ってくれる岡村ちゃん…ああ、もうこれ以上の幸せはありません。

ちなみにお衣装は、黒(だったと思う、たぶん…(汗))のロングジャケット。王子様だわ~(爆)

最初のフリーの弾き語りは、「僕の恋人になってください」ソング(笑)
「マジでマジでマジなんだぜ」とか歌ってたような(笑)
最後に「恋人になって~でも恥ずかしかったら、ガールフレンドから始めたっていいんだぜ~」みたいなこと言い出して、キャーキャー言いつつ笑えて仕方ありませんでした(笑)

で…「友人のふり」。
いつものように、最初だけ歌って、途中から客席に歌わせたんだけど、以前のライブの時よりは、岡村ちゃんも一緒に歌う部分が多かったかな。
たまには、ちゃんと岡村ちゃんが全部歌うのを聴いてみたい気もするけど、でも、これを岡村ちゃんの生伴奏で(←コレ大事)合唱できるのも、またライブの醍醐味、という気もする。

21・どうかしてるよ

弾き語りが終わって、センターに戻って、歌うのがこの曲って反則(爆)

切なさの極みのような、あのメロディー、あの歌声。

「♪どうかしてるよ~いつも
  どうかしてるよ~君に♪」

の「いつも」とか「君に」のところをね、歌うんじゃなくて、囁くの。
ホントに微かな、溜息混じりの掠れた声で。

もう、それを聴いた途端、胸がキュゥゥゥッ、って苦しくなる。
岡村ちゃん大好き、大好き! って、自分の全身の細胞が叫んでる気がする。

22・Out of Blue

そしてそして。
ついに岡村ちゃんに手渡される、黒のオベーション。

ああ、もう終わってしまうんだ…。

大好きな曲だけど、ライブでこの曲を聴く時はいつも、少し切ない。



ライブ終了は、20時50分くらいだったのかな。
でも、あっという間で、もっともっと岡村ちゃんを見ていたい、彼の声を聴いていたい、踊っていたい、って思いました。

文字通り手が届きそうなほど近くで見た岡村ちゃんは、心身共に健やかそうで、最高にカッコ良くて、セクシーで、なんだかかわいげもあって、素敵でした。
笑顔もいっぱいで、ドヤ顔もあって、ああ、やっぱり岡村ちゃんは岡村ちゃんだ、って思って、本当に幸せな気持ちで夜の御堂筋(笑)を帰途についたのでした。








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/689-ec287089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。