6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

大劇場の初日@雪組「Shall we ダンス?」初日観劇感想

雪組さんのムラ初日、行って参りました!

ゆうひさんのご卒業以降、ムラ初日を絶対に観たい! という気になったのは、「銀英伝」以来2作目です。
あの原作をどんなふうに「@タカラヅカ」にするのか、どうしても気になって。

お芝居はハートウォーミングで、いっぱい笑えて、最後にはじわっと泣けて。
ショーは、文字通り「最初から最後まで全部が中詰!」(爆)で。

楽しかったです。

ああ、ムラ初日の空気って、やっぱり特別、格別だなぁ。
客席の全員が、これから始まる物語をまだ知らない、緊張感と期待感が同じくらいないまぜになったふわふわ落ち着かない気持ちで幕が上がるのを待っている、あの感じ。
そして、幕間を待ちかねたかのように、今観たばかりの舞台について誰かと話し合いたくてたまらない人たちがロビーにあふれる、あのざわめき。
この感じを味わえる幸せを、久しぶりに肌で感じました。

ゆうひさん時代と違って、幕間に言いたい放題しゃべれるお友達が一緒じゃないことだけが、ちょっと寂しいですが。

でも、これからも、こうして「どうしても初日に行きたい!」と思わせてくれる作品がたくさん生み出されることを、ひとりのタカラヅカファンとして心から願っています。



※以下、若干ネタバレあります。ご注意くださいませ。






まずプログラム表紙のソウカズホさんにノックアウトされた件(爆爆爆)

もうもうもう、なに、この素晴らしくノーブルで端正な美形の紳士は~~~っ!!!
これからお芝居始まったら、このヒトが生きて動いて出てくるのね!!!

…と、否が応でも期待が高まります(笑)


開演直前、周防監督が入ってこられると、客席はみんな大拍手でお迎え。


開演アナウンス。
私、中日もベルばらも初日には行かなかったので、「雪組の壮一帆です」に初めて拍手できて嬉しかったです。

そして、幕が上がりました。


私、映画はもうずっと昔に1回観ただけなので、ほとんど覚えてなくて。
(ハリウッド版は未見です)
先日、WOWOWでやったのを録画したので、今回、初日前に見返そうと思ってたんですけど、時間がなくて結局観られずじまいで。
そんなうっすらとした記憶ではありますが、全体に、ほぼ原作映画の通りだったのかな…?
幕間に周囲の方々も「映画そのままやったね」「セリフも結構忠実でびっくりした」とか口々におっしゃってたので、おそらくそうなんだと思います。

えりあゆファン(笑)の私としては、もうちょっと、夫婦愛を再確認する甘~い場面があったら良かったのになぁ、と思いましたが、でも…ストーリーとしてはスペクタクルな展開はなくて、どちらかといえば地味な話なのかもしれないけれど、でも、ほっこりと心が温かくなる、素敵な作品でした。
そう、感触としては、「クラシコ・イタリアーノ」を初めて観た時と同じような感じかもしれない、といえば、ゆひ友の皆様には分かっていただけるでしょうか。

前半は、ともみんにガンガン笑わされてたのに、ラストのパーティーの場面で涙があふれてきちゃったのに自分でもびっくり(笑)
でも、私の両隣の方々も涙を拭っておられたので(笑)、きっと自然な反応だったんだと思います。


えりたんは、あんなに美しいのに、どこから見てもちゃんと「平凡なサラリーマン」。
濃いキャラたちの中で、真面目な常識人で、徹底的に「受けの芝居」を要求される役で、この役でセンターでカッコ良く存在するのって相当難しそうに思えるんだけど、それを楽々と成立させている(ように見える)。
あらためて、壮さんの凄さを実感しました。素晴らしい主演ぶりです。


ちぎちゃんは、美しかった。
作中で、にわにわとホタテくんの探偵コンビに「掃きだめに鶴」って評されるところがあるんですけど、まさにその通り、周囲となれ合わない硬質な感じがぴったりでした。


あゆっちは、私、あゆっちファン(笑)なので、もうもう、何してもカワイイ!!! ってデレデレ愛でてしまいました(爆)
お衣装もどれも可愛かったなぁ。
ヘイリーさん@壮さんが教室に行かなくなってしまったところで、ジョセリン@あゆっちが励ましのソロを歌って、最後にヘイリーさんの背中にそっと寄り添うのが超いじらしくて可愛くて。
なので、ラストに、エラをパートナーに返したヘイリーさんが、ジョセリンに優しく手を差し出した瞬間、涙があふれました。


今の5組の中で、個人的に一番好きで、理想的だなと思うのが、えりあゆの関係なんですよね。
私にとって、あゆっちは「感情移入させてくれる娘役さん」なのです。
「相手役さんが大好き」っていう気持ちに素直に共感できて、自分をあゆっちに重ねて、壮さんを見つめることができる…なーんて、年甲斐もなく乙女チックなこと言ってますけど(笑)

今回、芝居でも思ったんですけど、一番強く感じたのは、ショーのフィナーレのデュエットダンスの時で。
あゆっちを見つめて真っすぐ手を差し伸べる壮さんを見て、不意に、「ああ、もしたったの1回でもあゆっちに代わってあの場に立って、こうしてあのひとに一番近くから見つめられて、手を取られたら、どんな気分だろう。どんなに幸せなんだろう」って思ったの。


なぜかゆうひさんの時は、こんなふうに思ったことなかったんですよね。
私にとってゆうひさんはスペシャルすぎて、すみかちゃんに自分を重ねて、その隣に立つ自分、なんて想像の枠外だったというか。
すみかちゃんとカップルのゆうひさんよりも、周りの男役たちに愛されまくってるゆうひさん、掛け算の右側(爆)のゆうひさんの方が好みだったから、というのもあるかもしれませんが。


というか、私の場合、どうやらどのジャンルでもそうみたいで。

これほど長年惚れ込んで見つめ続けているモトについては、奥さんになりたい、とか本当に全然思ったことないんだけど、イバ様を見るたびに、「このひとがオットだったらどんなに誇らしいだろう」って思うんですよね~(爆)


…閑話休題。

あゆっちについては、あの、ジェンヌの中では普通女子に近い(といっても実際一般人と比べたら信じられないくらい細い、っていうのは分かっていますが)、リアルに「オンナノコ」を感じさせてくれる体型も、私にとっては最大の魅力です。

だって、いくら乙女思考になったとしても、ねね様みたいなリアルバービーには自分を重ねられないし(爆)
かといって、らんちゃんみたいな「アスリート」にもやっぱり自分を投影できないし(苦笑)


とにかく、まだまだたくさん、いろんな形のえりあゆを見たいなぁ、悲恋もほんわか夫婦もいいけど、いつか、ハッピーでスウィートな二人も見たいなぁ、と思います。



すみません、話が逸れましたが。

前半はとにかく、ともみん一人勝ち! って感じの舞台でした(笑)
一挙一動が楽しい。
ともみんって、よくも悪くもいつでも暑苦しいともみんなんだけど(注:褒めてます)、そのキャラを全力で生かした役づくりで、しょっぱなから場をさらっていました。

あと、なんといっても称賛されるべきは、ホタテくん。
探偵の助手なんだけど、ストーリーテラーでもあって、プロローグの夢のダンスシーンの後、一番にナレーション的セリフを発するのがホタテくんなんですよね。
実力あるのは分かってるけど、それでも、舌を巻くほど上手かった。
誰も、本公演でこんな大きな役がつくのが初めての下級生だなんて思わないよ。
しかも、これ、代役なんですからね!(驚愕!!!)
いやあ、にわにわとホタテくん、芝居巧者の2人が組んで脇を締めてくれて、安心して観ることができました。
(つか、これ、本来は翔くんの役なんだよね…いや、ちょっとそっちの方が無謀だったんじゃ(爆爆爆))


大ちゃんとサキちゃんはほぼニコイチでの登場でしたが、タイプの違う長身美形2人の並びって眼福だわ(笑)
2人ともビジュアル完璧!!!(爆)
大ちゃんの繊細そうな眼鏡スーツ姿には激萌え。ハマリ役ですよ!
サキちゃんのチャラ男ビジュアルも私、大好きなんですよねぇ。キャラ的にはリアル大ちゃんみたいですが(笑)

例によって、ちゃんと事前情報を学習してなかったので、大ちゃんの婚約者って誰なんだろう…と思いながら観てたら、競技会の場面できゃびぃとカップルで出てきて、身長差&体格差にキュンとしました。

サキちゃんとももちゃんもお似合いだったなぁ。
つか、制服ももちゃん超可愛かった!!!
こちらも事前学習してなかったので、せしことももちゃんが母子、という設定にのけぞりました(笑)


翔くんは。
…すごーーーく頑張ってた、と思います。
客席の組ファンの見守る空気は、終始温かかったです。

でも、やっぱり、組内屈指の実力派まっつの代役が、ビジュアルが最大の売りの翔くん、っていうのには、なかなか厳しいものがありますよね。
(ファンの方、ごめんなさい。失礼な言い草だってことは自覚してますが、でも、外野としての正直な感想…)

若手イケメンたちを引きつれて、セリ上がりで登場するシーンは、文句なしにカッコ良かったです。
その後の、エラとのやりとりの場面も、本人比ではすごく大人っぽくなっていて、成長の跡は確実に見えました。
でも。
…ああ、このセリフ、まっつがあのエエ声で言ってたら、どんだけ説得力あったやろうな…って即座に思ってしまったの(爆)

ここのアルバートのセリフ、超カッコイイんですよ。
ともすれば嫌味に聞こえかねない内容なのに、アルバートがきちんとまっとうな大人の男で、エラにもちゃんと敬意を持って話しているのが伝わってきて、物語の中ではヘイリーさんがエラにとっての「王子様」だけど、実はホントの王子様はアルバートじゃん、って思えるセリフなの。

翔くんには、せっかくの機会を生かして、もっともっとイイオトコになるよう頑張ってほしいな、と期待してます。

…それにしても、まっつの休演で、脚本は少し変わったのでしょうか。
確かにアルバートさん、イイオトコの役なんだけど、それにしても出番が少なすぎるんですよね…。
もし、もともとこの出番だったとしたら、それも結構いろんな意味で衝撃だわ…(爆)


うーんと、あとは…そうそう、この場面でアルバートが率いる若手たちが、雪組が誇るイケメンぞろいで、セリ上がった瞬間テンション跳ね上がりました(笑)
まなはる、あすくん、レオくん、かなとくん、永久輝くん、というメンツなんですよ! 最高!!!


あ、それから、忘れてはならないザッキー(笑)
最初のダンス教室のシーンから、小芝居満載。
エラのお尻を思いっきり触ってましたよ、あのエロオヤジ(爆爆爆)
素はあんなに美形なのに、どこからどう見てもエロオヤジ以外の何者でもないザッキー。すごすぎるわ。




とにかく楽しかった。
主要登場人物はキャラ立ちしてて、下級生たちもダンサーとかいろいろ使われてて、きっと組ファンの皆さんは何回観ても目が足りないと思います。
私も、本当ならもっと観たいよぅ~。


終演後、みとさんに紹介された周防監督がその場でお立ちになり、ピンスポが当たりました。
監督はペコペコ頭を下げて、最後に舞台上に向けて手を高く上げて拍手してくださいましたよ。




お芝居だけで長くなっちゃったので、ショーの感想はまたあらためて。










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/692-c3f791f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード