6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

禁断の呟き~いまあらためて、モトヤママサシ至上主義宣言~

この週末、話題に上っている例の件を最初に知った時に、思わず呟いてしまった言葉は。


…ノノさん、モトにもオファー出してくれないかなぁ…(爆爆爆)



拙ブログを読んでくださっている皆さまには、もう周知のこととは思うのですが。

私が一番大切なのはモト。
いつだって一点の曇りもなく、揺るぎなくモトヤママサシ至上主義です。

ずーっとモトを、そしてモトがいるアントラーズを見てきたので、クラブにも選手たちにも言葉では言い表せないほどの愛着がありますが、でも、私の中では明確に

モト>>>>>>>鹿島

です。

しょせん選手ヲタか、と蔑まれても仕方ない。



このクラブにいるモトが好きです。
偉大なる「アントラーズの10番」をモトがクラブの歴史上最も長く背負っていることを、心から誇りに思っています。


でも、それ以上に、サッカーをしているモト、試合でプレーしているモトが見たい。
1分でも、1秒でも長く。

それは、この数年間、なかなか叶えられることのない切実な願いです。


だから。

もし、彼にもっとプレー時間を与えてもらえるなら。
(それが、「正当な評価」っていう意味だと思うのですが)
そのために、彼が「ここではない、どこか」へ行くというのなら。

私はどこまでも彼についていく。
彼の目指すところを、彼が見る新しい景色を、私もまた追いかけて行く。

ただそれだけです。





ちょうど、前日に、伸ちゃんの件を目にしていたので、もしホントに伸ちゃんが帰ってくるなら、ノノさん、モトも呼んでくれないかなぁ、たとえはるか遠い札幌の地であっても、この年になって初めてオノモトが一緒のクラブでプレーするのを見られるのなら、モトが鹿島を離れることになっても納得できるわ、と…(笑)
ノノさんは、かなり強力なリーダーシップを発揮してクラブを経営してるみたいだから、彼がオファーを出す、って決めれば札幌としてはその方向に動くんじゃないかな、とか思って。
あの、いつだってうっとりするような伸ちゃんの優しいパスを受けて、風のようにピッチを駆けるモトを、チャリティマッチとかではなく真剣勝負の場で見ることができるなら、16年過ごしたクラブを今さら出て行くだけの価値は十分にある、と思うのです。

…まあ、伸ちゃんへのオファーの記事を読むと、経験を注入してほしい、とのことで、そういう役割のベテラン2人は必要ないだろうな、とは分かってるので、単に夢見てるだけですけど(爆)
でもノノさん、オノモトコンビが見られる、となったら、少数かもしれないけど確実に79年組ヲタが釣れるよ。ちょこっとは観客動員とかグッズ売り上げとかもプラスになるかもよ…と囁いてみたりなんかして(笑)



件の記事を読むと、現段階でオファーは特にないみたいだし、あの記事が出たからといって、検討に値するようなオファーは、現実的に考えると来る可能性は相当低いと思います。
だって、いくら本人ができると言っても、他クラブからしたら、モトの体の状態が本当はどうなのか、スタメンとして常時出場可能なのかどうか分からないし、あまりにもリスクが高すぎますよね。
もし私がどこかのクラブのごく普通の強化担当者だったら、到底手を挙げようとは思わない。
よっぽどモトを昔から追いかけてきて、惚れ込んでいる人でなければ、欲しいと思わないんじゃないかなぁ…(爆)


あの記事で、正直、私がショックだったのは、モトが移籍も視野に入れている、ということではなく、「クラブが容認している」という部分でした。

延長のオファーを出して、来年の個人カレンダーも早々と作って…っていうのは、今でも彼がクラブに必要不可欠なピースだとクラブ側が評価しているからだ、と思っていました。
容認、って、まあ、いろんな見方はできるけど、最終的には、どうしても出て行ってほしくない、と引きとめるほどの戦力とは見なしていない、ってことだよね。

モトが「まだ若手よりできる」って思うのは、よく理解できる。
だって、少なくとも今年のアツタカとかバチとか(ショーマはいい時もあったけど…)よりは絶対モトの方が試合に貢献できてたもん!(爆爆爆)
アツタカが効いたのって、点取った2回のあの瞬間だけで、後は消えまくりだっただけだし、バチの2列目なんて全く意味なかったじゃん(暴言すみません。でも謝らない。だって事実だもん!)


ああ、そりゃ今だって、アントラーズ以外のユニフォームを着たモトなんて想像もできませんよ。
でも、そんなふうにしか評価されてないなら、他クラブでバリバリ活躍するモトを見せつけてやりたい、とも強く思うのです。




…なんて世間が騒いでいる日に(それを知らないわけじゃなかろうに)、あえてモトの話題を出してきた鹿モバのスタッフダイアリーに、なにがしかの意図を感じずにはいられません(苦笑)が、とりあえず萌えネタ美味しくいただきました(笑)

相変わらずてらいなくコージのこと「カッコイイ」って褒めそやすモト(笑)
同い年のオトコのこと、ここまでカッコイイカッコイイって言えるのは、やっぱホントに好きだからだよね(爆)
つか、宿舎で新聞見て「わあ、中田カッコイイ!」ってはしゃいでるモトの隣で「なんね、こんなヤツより俺の方がかっこよかとね」(エセ福岡弁でごめんなさい(笑))ってギリギリと唇噛んでるみーはんの姿を受信しましたがなにか(爆爆爆)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/697-7eeb4cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード