6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

クリスマスプレゼント

例によって反応がずいぶん遅れてしまいましたが。

ゆうひさんからの素敵なクリスマスプレゼントは、次の舞台のお知らせでした。


いやぁ、ゆうひさんのセルフプロデュースが凄すぎるのか、それともよっぽど腕利きのブレーンが付いてるのか。
なるほどそう来たか、と思わず膝を打つ、絶妙のチョイスでしたね~。
上手い、って唸っちゃいましたよ(笑)

「新作 天守物語」。
鏡花の作り込んだ世界は、ゆうひさんにぴったりだし、その中でも一番ゆうひさんに合いそうな演目じゃないですか。
つくづく、自分の売りを、いや、自分にできることできないことをきちんと分かってるひとだよなぁ。

私が生で観たことがあるのは、京都の劇団とっても便利が、富姫に大女優の小川真由美さんを客演で迎えて、野外劇として上演したオリジナル演出のバージョンですが、それなりに面白かった記憶があります。
玉様のは残念ながらシネマ歌舞伎でしか観ていないのですが、やっぱり麗しかったなぁ…。

ゆうひさんのお名前がクレジットのトップに来ているということは、当然、富姫を演るんですよね。
で、図書之助が三上博史なのね。

うーん、私のイメージでは、三上サンは図書之助にしてはトウが立ちすぎ(爆)な気もしますが…。
玉様@富姫、海老蔵@図書之助くらいの年齢や格の差が、やっぱり一番しっくりくるんだよね。
とっても便利の公演の時も、小川さんの富姫に対して、劇団員の若い男の子が図書之助だったし。
でもまあ、そこは、演技力とか演出の方向でカバーできる…かな?(爆)

玄祥さんは何の役を演るのかな。
「総合監修」という肩書きになってますけど、実質的に、かなり演出面に口を出すんだろうな、と思うのですが…。

私、演劇担当時代に何回か玄祥さんにお話を聞く機会がありましたが、「エネルギッシュでバイタリティあふれる人」という印象が強いです。
いい意味ですごくざっくばらんで、よくしゃべってくださる方で。
京都を拠点に仕事をしているので、お能の世界で日ごろ一番よく接していたのが、やはり片山幽雪師(当時はまだ九郎右衛門師でしたが)とか九郎右衛門さん(同じく清司さん、っていうお名前の方が私にとってはしっくりくるのですが)とか、比較的静かなタイプの方々だったので、玄祥さんのパワフルな、前のめりな感じはいつも新鮮でした。

ゆうひさんをどんな風に料理してくださるのか、ゆうひさんにどんな影響を与えてくださるのか、とても楽しみです。


公演日数が短い、って皆さんショックを受けておられるみたいですけど、え、だってお能とかそういう系統の舞台だったらこれが普通じゃん、と思うので、私自身は全然気になりませんでした。

それよりも、ハコがフェスティバルホール、っていう方が衝撃でしたわ(爆)
フェスって、中ホールとかないよね、あの大きなハコでやるんだよね(爆爆)
たった1日しかないとはいえ、大阪でド平日の昼間に、あんな大きなハコが埋まるのだろうか(爆爆爆)
…と、そちらの方が気になります。

オーチャードホールは、私は行ったことないですけど(今回も日程的に行けない可能性の方が高いのですが)、ハコの大きさとしては同じくらいなんですよね。
せっかくの大バコなので、大がかりな舞台セットとか使ったスペクタクルな感じになるのかな…?



WOWOWのドキュメンタリーは、録画はしてあるのですが、まだ時間がなくて見ていません。

もうずっとハードディスクに録画が溜まりまくりで、毎日、スカステニュースの45分ぶんだけをなんとか消化して空きを作って録画してる状態だったんですけど、今月に入ってそれすら間に合わなくて、見たいなーと思ったけど捨てちゃった番組が山のように…(涙)


今週は、今年1年の観劇総括とかも書こうと思ってたんですけど(観たのに感想書けてない舞台が多すぎるので、せめて一言ずつでも記録を残しておきたいなと思って…)、全然時間が作れなくて(汗)
できれば年明けてからでも書きたいなぁ…と思っております、が、どうなることやら。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/698-42347715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード