6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

「切れない絆」2題

またもやうっかりしている間に、ゆうひさん退団2周年記念日も過ぎてしまいました。

今日は七夕。
…ということで、最近思わず萌えた、「めったに逢えなくても切れない絆」の記事を二つ。


まずは、サッカーから。

7月4日の、サンガサポさんたちが「大本営」と呼ぶ某紙。
翌日の、サンガVSジュビロ戦を前にした記事だったのですが、この試合は、長年のサンガサポにとっては特別な試合。

そう、サンガで育ち世界へ飛び立ったマツイダイスケが、ジュビロの一員として10年ぶりに西京極に帰ってくる、「凱旋試合」だったのです。

そんな訳で、現サンガ所属で松井と縁のある選手たちのコメントが集められていたのですが。

山瀬のコメントに、朝っぱらから萌えまくりましたよ!!!(爆)

>…33歳の松井と同学年の山瀬は年代別代表でともに日の丸を背負った。最近も電話で連絡を取るなど親交は深く「いろんな経験をともにしてきた仲間。この関係は死ぬまで続く」(後略)



やーん、なにこれなにこれ!!!
2002年のU-22ツーロン大会から12年。今になって、こんな、本人最大手コメントが公表されるとは!!!
ああ、あの頃ヤママツ(マツヤマかも?)で踊っていらした皆様に、ぜひぜひ読んでいただきたいです~!!!

私自身は、本命はナスマツなのですが(笑)、でも、ヤママツの、実際仲良いのかどうなのかよく分からないつかず離れずの関係(に当時は見えた)も、いつも美味しくいただいていました(爆)

ああ、それにしても、あの頃は、まさかこうして「サンガの山瀬」と「ジュビロの松井」が対戦する日が来ようとは、想像もしていませんでしたよね。
これだから、サッカー萌えって波瀾万丈なのだわ…と感慨深いです。

だってだって、「死ぬまで続く」ですよ。
現役の限り、とかサッカーやめるまで、とかじゃなくて、死ぬまで。
こーゆーワードがさらっと出てくるってすごくない?
めっちゃ殺し文句じゃないですか(爆爆爆)

…この記念すべき試合、本当は現地で見たいと思ったのですが、実は私、先週も西京極に行って、サンガ20周年記念試合を見に行ってまして(汗)

だって、あのパクチソンが帰ってきたんですよ!!!
それに、テッシーのプレー姿も久々に見たかったし!
(この試合のレポも書かねば、と思ってるのですが、後回しになってます(汗))

さすがに2週続けて子供をほって遊びに行くわけにいかず、ジュビロ戦は断念してしまいました(涙)

79年組は別格ですが、アテネ組も私にとってはやっぱり特別な選手たちです。


さて、もう一つの絆。

それは、巷であまり話題になってないようなのですが(私が知る限りでは…)、6月27日付朝日新聞夕刊の記事。
これは関西版だけだったのかな? 関東でも同じ日なのかな?
その辺りはよく分からないのですが、「夕刊タカラヅカ100周年」という月イチ(たぶん)の特集で。

あの、例の、アサユヒ信者の新たなバイブルとなった(笑)「宝塚歌劇華麗なる100年」について取り上げていました。
が、そのメーンになってるのが、アサユヒの対談の話なんですよ。

>目を引くのは、OGの対談コーナー。なかでも大空祐飛と瀬奈じゅんという、いずれも1992年入団の基トップスターの顔合わせは珍しい。
 「あさこ」「ヨウちゃん」と互いを呼び合い、初めて芸名を披露し合ったエピソードやともに過ごした月組時代、大空が月組から花組へ組替えしたときの気持ちの揺れなどを語り合う。
 「懐かしかったですね。姉妹のように一緒に過ごした時期があって、みっともないところも見せているから、久々に会っても変わらない空気がながれる。そうそう、あさこといる時ってこんな感じだったよねって。ほんとうに近くにいたから」。大空は対談をこう振り返る。



わざわざゆうひさんのコメントまで付けてくれてるんですよ!
まあ、なんかの取材のついでに聞いたんだとは思いますが、お茶会とかでもこの対談についてのお話は聞けなかったので、すごく嬉しい!!!

そもそも、関西版では、このページが1面のインデックスに大きく引用されてて、私はその日、夕刊を手に取った瞬間、1面に「あさこ」「ヨウちゃん」っていう活字が躍っているのを見て、思わず目を疑いましたよ!(笑)

いつもべったり仲良し、というわけではないけど、やっぱりゆうひさんにとってアサちゃんは特別な存在なんだな、と…それをゆうひさん自身も今はちゃんと理解しているんだな、と知ることができて、アサユヒ信者はもう中之島に足を向けては寝られません(爆)

一年に一度の七夕の夜。
今夜は、決して切れない絆を、ふたりの永遠を、いつもよりたやすく信じられる気がするのです…(とポエミーに締めてみました(笑))

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/714-a6cf9056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード