6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせのかたち@雪組「一夢庵風流記」ムラ千秋楽観劇記録

平日夜の新宿へは、さすがに遠征していません(爆)
行かれたお友達のレポを楽しく読ませていただいております(感謝!)

私は雪組さんのムラ楽、見届けてまいりました。

悲しくて、寂しくて、でも、しあわせでした。
何度も何度も、ああ、しあわせってこんなかたちをしているんだ、って思った。
ショーのフィナーレで、粉雪が舞い降りる中、歌う壮さんの姿を見て、ああ、幸せって雪の形をしていたんだ、って。

さよならショーのラスト、真っ白な衣装の組子たちの真ん中に飛び込んで満面の笑顔の壮さんを見た時。
何度目かのカーテンコールで、幕が上がって、壮さんとあゆっちが二人だけで立っている姿を見た時。

ここに、この舞台の上に、世界一うつくしい、「しあわせのかたち」がある。そう思えた。
そのことが、心から嬉しくて、かなしくて、幸せだったのでした。


【本編】

お芝居の千秋楽アドリブは、ともみん重太夫の足を売るうんぬんのところで、着物の裾からにょきっとむき出しになる足に、黒マジック(たぶん)で落書きがしてありました(笑)
オペラで見たけど、私の席からははっきり分からなかったのですが、「へのへのもへじ」だったらしい(笑)
客席は爆笑、壮さん慶次はそれを見るなり足をぐいっと引っ張って、脇差しを抜いてつっついて斬ろうとしてました(笑)

まつが去った後の「いいオンナだなぁ~」のところでは、重太夫が助右衛門と肩を組んで、「いい仲のふ・た・り♪」って言いながら組んでいない方の手を広げると、助右衛門も合わせて広げてくれて(笑)
「助右衛門くん、いいヤツ~♪」と重太夫は嬉しそうにハケていきました。
気の毒だったのは、ひとり舞台上に残されたちぎちゃん(笑)
客席のクスクス笑いが止まない中、「いや…勘はなかなかだ」って真面目な、次の説明につながる大事なセリフを言わなくちゃいけなくて。
なんとか頑張って言っていましたが、顔はさすがに笑いをこらえ切れていませんでした(笑)

いつもの、重太夫が居眠りしている時にウメガイが飛んでくるシーン。
…なんですが、記憶の容量いっぱいで、ともみんがなんて言ってたか忘れちゃいました(汗)
壮さんは「だから何なんだよ」みたいな冷た~いツッコミで一刀両断にしていました(笑)

あとは、アドリブではないのですが、慶次の「嫌だ、嫌だ、嫌だーっ!!!」に号泣しました。
私たちこそ「嫌だ」って言いたいよ、壮さんと別れたくない、嫌だよ、って。
でも、どんなに「嫌だ」って泣き叫んでも、慶次とまつのそれのように、壮さんとの別れも避けられないのだ、と…胸に迫って。


ショーも、全然目が足りないけれど、少しでもたくさんのひと、たくさんの場面を目に焼き付けようと頑張りました。

それにしても…壮さんの声の調子が戻って、本当に良かった、と胸をなで下ろしました。
ハレーションがあると申し訳ないので、先日の記事には書かなかったのですが、前回観劇した8日15時の回、壮さんはのどを傷めたのか風邪をひいたのか、高音が出ない状態で。
セリフ声全く大丈夫だったので最初は分からなかったのですが、気付いたのは確か、まつとの最初の「荒子川」のデュエットの時。高音がかすれて、弱々しい声しか出なくなって。
お芝居の最後のソロとか、果たしてこの曲が歌いきれるのか、ってハラハラしながら見守りました。
ショーの歌もあちこち苦しそうで、途中からは、伸ばす音を短く切ってセリフっぽく歌ったりしながらなんとか乗り切っていました。
翌日は休演日とはいえ、いろいろ忙しくて丸一日休めないだろうし、もしかしたらサヨナラショーのお稽古とかもあるかもしれないし、どうかなんとか千秋楽まで保ちますように…ってただ祈るだけでした。

が、楽の日は、絶好調ではないにしろ、普通に歌えるくらい持ち直していて。
どういう治療をしたのかは知りませんが、壮さんGJ、お医者さんGJ! って思いました。

ちなみに、ショーは…特にアドリブとかはなかったんじゃないかな。
退団者のコサージュも、えりあゆまっつはたぶんなしで、他の5人もパレードだけ付けていたと思います。


【壮さんのお手紙】

本編が終わって、組長さんから、壮さんのメッセージ。
結構長い文章で、たくさんの作品を挙げて17年間を振り返っていたので、ちゃんと覚えていないのですが、いろんな役を演じた、という話で、
「おじいさん、女性、キツネ…。なんでもやります壮一帆」という一文があって、客席爆笑でした。
特に…と挙げた作品が、まとぶんラストの「愛プレ」だったのが、いろいろ感慨深かったです。
この間、スクリーンには過去の出演作品の映像がいろいろ流れていたのですが、個人的に懐かしかったのは、トゥスンでした。
最初の、ベドウィンのスクワットの場面(たぶん…)が流れてた。
ゆうひさんの組替えによって、初めて「自組」のスターさんとして、壮さんを観た公演。
イブラヒム兄上の、可愛い、やんちゃな、愛すべき弟。
その、最初の出逢いのおかげで(笑)、オフでもゆうひさんのやんちゃな弟、けんか相手になってくれて、ゆうひさんが花組に早く馴染めるきっかけの一つを作ってくれた。…本当にいろんなことが思い出されて、涙があふれました。


【サヨナラショー】

①「駆けろペガサスの如く」
 幕が開くと大階段の真ん中に、水色のスパンの変わり燕尾の壮さん。
 いきなり、「王妃さま…私がお助けします」(うろ覚え(汗))みたいなセリフからスタート。
 キャーッ、フェルゼンさまです!!!(笑)
 小道具の鞭はないのですが、エアー鞭(笑)をビシバシと打ってくれました。
 馬車ももちろんエアーなのですが、階段で、馬車に乗ってる時と同じように、あのオトコマエな足の構えで歌い上げてくれました。
 サヨナラショーで鞭を振るったトップスターも、そうはいまい…(爆)
 さすが壮さん! とテンション上がりました(笑)

本舞台に降りて、②「愛に還れ」。
銀橋に出て、上手から下手へ歩きながら、③「愛の面影」。
そのまま、「若き日の唄は忘れじ」の④「父さん…」の歌(すみません、正式な題名は分からないのですが)。
⑤「恋の笹舟」を歌い始めたくらいで本舞台へ戻ると、既に盆が回っていて、おそろいの水色スパンのドレスのあゆっちがセリ上がってきます。
このあゆっちのお衣装、ディズニープリンセスみたいですっごく可愛かった! 綺麗でした、似合ってました。
で、そんな洋装の二人なのに、それでも二人は文四郎とふくで…。
あの、手のひらと手のひらを合わせる振りがちゃんとあって、やっぱりあゆっちの手はちっちゃくて、壮さんの大きな手がすっぽりとくるんでしまえるくらいちっちゃくて…泣けました。

壮さんがハケて、⑥「Shall we ダンス?」のあゆっちのソロ。銀橋を上手から下手へ歩きながら。

そして、⑦「Shall we ダンス?」主題歌、ゆめみさんの豊かな優しい歌声が響いてくる。
あゆっちはハケて、入れ替わりにゆめみさん、そしてまっつ以外の残りの退団者たちが登場。
最初はゆめみさんソロで、ザッキーが男子一人なので、寿春さん、さらちゃん、すずちゃんの3人と順番に組んで躍っていく。
もうもう、ゆめみさんの歌声を聴いているだけで、だいすきだった「Shall we」、本当に素敵だった壮さんヘイリーが思い出されて涙…。
ツーコーラス目は、ゆめみさん以外もワンフレーズずつソロを歌い継いでいきました。

次が、⑧「コングラチュレーション宝塚」の男祭り、テキーラの場面…だったかな。
壮さんがカッコ良すぎて、一瞬も目を離したくなくて、でもでも、他の男役たちもカッコ良くて、観たいところがいっぱいで全然足りない…!!!

壮さんが一人残って、⑨「愛の柩」。あゆっちも登場して、デュエットダンス。
歌は途中からまっつが歌っていましたよね?(既に記憶がおぼろげ…(汗))

で、次がまっつメーンの⑩「インフィニティ」マタドールの場面。

そして、再び壮さんが下手から登場。
白燕尾で、⑪「グローリー・ハレルヤ」。
銀橋を渡り終わったら、スタークラスの組子たちも白燕尾、白ドレスで登場。

で、降りていた幕が上がると。
大階段に板付きの組子たちが、人文字で「SO」と形づくっていたのでした…!!!

これ、本公演では、「100」の人文字だったところですよね。
「SO」を見た瞬間、またまた泣けました…!

全員で合唱。皆がうわーって銀橋に出てきて(確か…)、壮さんだけ客席降りがあるのですが、でも、ちゃんと2階席に配慮してくれて、上手側と下手側それぞれ、前から5列目くらいまでのところで止まってくれました。
私、楽は2階だったので、ちゃんと客席の壮さんの姿が見えて、この配慮がとってもとっても嬉しかったです。

最後に、「Shall we」のヘイリーさんのソロ曲、⑫「Change」。
ここで、座席に準備されていたペンライトを一斉に付けます。
ライトの色は3色。
白、緑、そして青。
それは、雪の白、雪組カラーの緑、壮一帆号が17年間渡ってきた海の青。
…もう何度目か分かりませんが、涙があふれました。

これも銀橋に出たんだったかな、もうはっきり覚えていないのですが、最後は組子たちと絡んで。
途中、ちぎまつあゆともみん辺りのスターたちが、「ねるとん」みたいに(古い例えで恐縮です)、壮さんに向かって一斉に手を差し出す場面があるのですが、壮さんは迷いなくあゆっちの手を取って、あゆっちがキャーッ!と大喜び、という展開で、ほほえましかったです(笑)

最後の最後はね、舞台中央に固まっている組子たちのど真ん中に、壮さんが飛び込んでいって、みんな満面の笑顔でラスト。
なんていうか、皆で集合写真を撮ってる時みたいになって。
幕が下りて見えなくなる最後まで、組子たちの真ん中で、ピカピカの笑顔で手を振っている壮さん。
ああ、なんて幸せなサヨナラショーの終わり方なのでしょう。
しあわせで、しあわせで、胸がいっぱいでした。

【退団者お手紙】

ごめんなさい、細かいことは全然覚えていませんが。
さらちゃんのお手紙の時、映像の最後が「心中・恋の大和路」のおまんちゃんのアホ面(爆)で、客席が笑ったこと。
続くザッキーの映像は、ブラックジャックの「ゴンス」くん(すみません、本当の名前は覚えてない…)、さらに「Shall we」のダンス教室の男がエラにセクハラしてるところで終わって、またまた客席爆笑だったこと。
まっつのお手紙の後に、みとさんが「まっつは普段は寡黙だけど、興味のあることについてしゃべる時は、声もいつもより高くなったりして…そんな可愛いところがあります」みたいな話をして、客席もほんわかと笑ったこと。
あゆっちはお手紙にもやっぱり「壮さん」っていうワードが入っていたこと。
…くらいが印象に残っています。

【ご挨拶】

お花渡しは、寿春さん←組からはきんぐ、同期はレオくん。
さらちゃん←組からはせし子、同期はあすくん。
ザッキー←組からは大ちゃん、同期はゆきえちゃん
すずちゃん←組からはきゃびい、同期は…誰だったかな、確かりーしゃだった気が…。

まっつには、組からはともみん、同期はみっちゃんが来てくれました。

まっつのご挨拶…もうあちらこちらで紹介されていると思うので、詳細は省きますが。
…まっつらしい、とは思いましたが、でも、やっぱり正直びっくりしました。
いろいろ思うところはあるんだな、というのは伝わってきたし、あれが、今あの場で言える精一杯だったのだろうな、とは理解できるけど、でも…ものすごーく正直に言っちゃうと、私だったら、自分のご贔屓の最後のご挨拶があんな内容だったらつらいな、成仏できないだろうな、と思いました。
でもね、劇場では、ご挨拶の前も、後も、すごい拍手だったよ。
私も思いっきり拍手しました。だって、私がタカラヅカを見始めてからの10年間、まっつの歌声に。お芝居に、何度も何度も心を揺さぶられたことは真実だもの。タカラヅカの男役、未涼亜紀がいなければ、私が感動を受けたあの作品もこの作品も、今あるこの形にはなっていなかった。だから、今日この日のご挨拶に、ではなく、まっつのタカラヅカ人生すべてに対して、ありがとうの拍手を素直に送ったのでした。

で、次のゆめみさんの時も、再びみっちゃんが登場して、客席はウケました(笑)
組からのお花はにわにわ。

あゆっち←組からはヒメ、同期はいのりちゃん。
やっぱり壮さんへの感謝を述べていたことだけは覚えています。

そして、壮さん。
袴かも、と思っていましたが、黒燕尾で大階段を下りてこられました。
今回のショーの黒燕尾はキラキラが付いていたので(それもお似合いで素敵ですが)、本当にシンプルな黒燕尾姿を最後に見られて幸せです。

で、まさか、蘭寿さんがお花渡しに来るとは思っていませんでした。得した気分です(笑)
壮さんが嬉しそうで、最後、蘭寿さんがハケるまでニコニコ笑顔で手を振って見送ってたのが可愛くて、客席も大喜びでした(笑)
もちろん、組からはちぎちゃん。

で…まさか、大劇場の最後のご挨拶で、史上最強のデレが炸裂するとは…!!!
こんなに萌えた退団ご挨拶は初めてです(爆)

正確な文言はスカステでご覧いただけると思うのですが、周囲への感謝を述べた最後に、
「…いつも寄り添ってくれた愛加」
と。

その瞬間、舞台上の組子たちも、客席の2500人も、みんな一斉に「あゆっち…良かったね♪」な祝福ムードで心が一つになりました(爆)
劇場中の人があゆっちに注目すると、案の定、うつむいて泣き出してしまうあゆっち(笑)
もう、壮さんたら、なんて罪なオトコなんでしょう(笑)

最後の曲は、「さよなら宝塚」でした。

【カーテンコール】

最初の2回は組子全員のまま。

3回目は退団者8人だけ。確かこの時から、客席はさっきのペンライトを点灯したと思います。
下級生から順番にひとことずつ言っていくのですが、この時のまっつは「まず、前回休演したので、大劇場公演に戻ってこられて良かった。そして、大劇場公演を最後まで務められて良かった」と言っていて、あらためて皆、拍手でした。
そして、最後に、至近距離から「壮さん大好きです!」と公開告白!
…に、さすがにちょっとびっくりの壮さんがカワイイ(笑)

あゆっちも対抗して、最後に「壮さん大好きです!!!」って大アピール。
両隣から熱い告白を受けて、「幸せだなぁ…」と思わず呟く壮さんでした(笑)

4回目は、幕が上がると、えりあゆ2人だけ。
どこの結婚報告会見やねん、って雰囲気で、客席からも「ヒューヒュー!」って声が飛びます(笑)
結構あっさり挨拶してすぐ組子を呼んだのは、絶対壮さん、照れてたんだと思う…!(爆)

5回目が、壮さん一人だけだったのかな。
ここから客席はスタンディング。
最初、客席から大声で何か叫んでる合いの手おばさんみたいな人がいて、壮さんが何か言ってるのがかき消されたのですが、壮さん、たまりかねてその叫びを遮って、「あの、ちょっと話聞いてもらっていいですか」ってツッコんでるのに客席爆笑でした。

6回目がラストかな、緞帳は下りたままで、幕前にえりあゆ二人で登場。
やーん、なんで最後になってそんなにデレ甘なの、ってニヤニヤしながら、大劇場の舞台上の最後の壮さんの姿を目に焼き付けました。

【パレード】

運良く、とっても見やすい場所でギャラリーすることができました。
みんな綺麗だった。

雪組のお父ちゃんがGJで、いつも退団者は車の前まで来て、マスコミの写真撮影があって、で、車に乗り込むんですけど、下級生とかだと、撮影が終わったらその場で軽くお辞儀してそのまま車に乗り込んじゃうことも多いんですよね。
でも、今回は、お父ちゃんが、ちゃんと、門とバウホールの間辺りに並んでる壮さん会の方とかまで行って車の周りをぐるっと周ってから乗るように指示してくれたおかげで、全員ちゃんとよく見えました。

壮さん会は、会からのお声掛けとかはなくて、壮さんの方から「皆さん朝早くからありがとうございました。1カ月と1週間、最後まで乗り切れたのは、本当に皆さんのおかげです。この勢いで、組子たちと東京に乗り込みますので、よろしくお願いします!」みたいなお言葉がありました。
最後には、門の外のギャラリーにも手を振って、門の外からキャーッと悲鳴が上がっていました(笑)

そして、最後に、ちぎちゃんの出がありました。
近くで見るとリアル少年のようで、ホント綺麗ですよね~。
車に乗り込む直前、ちぎちゃんは、両手をメガホンのようにして、「ありがとうございました…っ!!!」と、枯れかけた声を張り上げて皆に叫んでくれました。
それを聞いた壮さん会の方か、それともギャラリーからだったのか、「ちぎちゃん頑張って!」と声がかかって。

3年前、まとぶんのムラ楽の、あの日のことを鮮明に思い出しました。

あの日、まとぶんが出た後、最後に出てきた2番手の壮さんに、まとぶん会の皆さんは「壮さんありがとう!」と声を掛けたのでした。

そして今日、壮さんのご卒業の日に、2番手のちぎちゃんに、今度は壮さん会の方々が声を掛ける…。

組こそ替わったものの、タカラヅカという世界で、こうしてタスキはつながれていくのだな、と…バトンが渡されるその瞬間に今、私たちは立ち会っているのだと…そう思って感慨深かったです。


以上、2014年7月14日の記録です。
男役、壮一帆に出逢えて、幸せでした。

ああ、東京宝塚劇場に住みたいな…!(爆爆爆)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/717-71576af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。