6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年観劇総括その2

昨日帰宅したら、年賀状が届いてました!
やーん、なにこのふわもこなゆうひさんは!!!(萌)
モード風なのにかわゆいってどーゆーことなの!(笑)
いやぁ、それにしても、アフロのかぶりこなし方がさすがですね。似合うのなんのって(笑)

それでは、観劇総括続きです。

【3月】

■雪組全ツ「ベルばら」(梅芸)

意外にも…と言ったら失礼ですが、すごく良かった!
ちぎちゃんオスカルとともみんアンドレが、思った以上にバランス良く、ハマってました。
この2年間の一連のベルばら祭りの中で、実は一番好みだったかもしれない。

大ちゃんジェローデルの優美さが素晴らしかった。
バスティーユの橋のシーンで、オスカルを押さえている時の表情が完璧で、胸を打たれました。
決して「演技派」とは言えない大ちゃんですが、雪組に行ってからの大ちゃんは、ニンに合った役に恵まれてるのか、どれも本当に素敵だし好きだなぁ、と思います。いい仕事してるよね。

あ、そういえば、これが咲妃みゆの雪組デビューだったんですよね。
基本スタンスとしてアンチ96期の私ですが、月組育ちの子だからか、気がついたらなぜか「ちゃんと雪組さんに溶け込んでるかしら、雪ファンちぎファンの皆様に受け入れてもらえるかしら」と親心で観ている私…(汗)

■びわ湖ホールオペラ「死の都」

これは詳しい感想を書いたので詳細は省きますが、美しい舞台でした。
オペラってやっぱり素晴らしい!

■花組大劇場「ラストタイクーン」「TAKARAZUKA夢眩」

蘭寿さんのサヨナラ公演。楽前の最後の週にようやく観に行けました。
公式の残席情報ではまだ余裕がありそうだったので、当日券で大丈夫と安心してたら、残り数席しかなくてギリギリセーフでした(汗)

生田センセの大劇場デビュー作ですが…未完の原作を、まさか未完のまま放り投げるとは!(爆爆爆)
1周回ってある意味大物なのかもしれません(爆)が、全体としてやっぱり話がむちゃくちゃでしたよね…。
そんな脚本を力業で成立させるトップさんの力、を最後の最後に見せつけてくれた蘭寿さんでした。

そして、生田センセのミューズはだいもんなのだ(爆爆爆)、ということがあらためて露見した作品でもありました。
ヤンデレDVオトコだいもん、サイコー!!!(笑)
後にブリドリで、まぁくんが「あやちゃん、いい子なのに一生懸命悪い役やって…(涙)」って褒めてくれたのも、まぁだい派にとって大変嬉しい出来事でありました(爆)

本公演でもユズカレーくんがかなり爆上げされている(映画スタッフ集団場面のセンターになったりとか)ことに、時代の移り変わりを感じました。

あと…すみません、毒吐きますが…みりおちゃんのヒゲ中年は、私にはお子ちゃまがお髭を付けているようにしか見えず、そこがこの作品の残念なところでした。
もうちょっとトップと2番手が拮抗してないと、観ててつまんないな~、と。
まあ、トップさんになったら、無理におっさん役とかしなくても良くなるし、いいんじゃないかな、と思いました。まる。

■雪組DC「心中・恋の大和路」

噂に高い名作、初めて観るのをとても楽しみにしていました。
期待を裏切らない素晴らしさでした。
作品じたいの悲壮な美しさに、壮さんとあゆっちのプレサヨナラだ、という事実が重なって、最後はもう、ただただ涙…。

壮さんは、本来はニンではない役(同じ日本物でも、やっぱり壮さんには「武士」が似合うと思う)だと思うのですが、なにしろ姿が美しく、心の動きを丁寧に見せる演技で、立派につとめておられました。
あゆっちは、やっぱりお顔が丸すぎる…とは思いましたが、でも、ひたむきでいじらしくて、忠兵衛を慕う梅川と壮さんを慕うあゆっちが自然に重なって、泣けました。

そして、なんといってもゆうちゃんさんの孫右衛門。
このまま歌舞伎の舞台に乗ってもいいのでは、と思えるくらい、存在そのものが孫右衛門で、胸を締め付けられました。

芸達者な宿衆たち。がおりの安定感、朝風先輩のビジュアル(すみません、個人的に超好みなんです(笑))、あすくんの巧さ。
ほたてくんは何をやらせても、なんであんなに上手いのだろう。
れいこちゃんの若さ、一途さ。

そして…まっつの歌声。
雪に閉ざされるラストシーンの壮絶な美しさとともに、いつまでも心に残ります。

■月組大劇場「宝塚をどり」「明日への指針」「宝塚 花詩集100!!」

100周年記念の3本立て公演、えりあゆ特出回を観ました。

とってもバランス良く、よくできた3本立てでしたよね。

「宝塚をどり」は、前の星の3本立てのやつに比べたら、まだ許容範囲内(爆)っていうか、無難に、おめでたくまとまっていたと思いますし。

「明日への指針」は、石田センセが座付き作家としての職人芸を見せたな、という感じ。
この短い時間でちゃんと全員出演して(しかも一定以上のスターには一瞬でも見せ場を与えて)、ちゃんと物語を成立させるのは、さすがです。
今回は、それほどまさお節も気にならず(爆)、楽しく観られました。

「花詩集」は、やっぱり衣装ですよね~。
これほど斬新なお衣装を着こなすタカラジェンヌって本当にすごい、と脱帽しました。
こういうショーを海外公演へ持って行けばいいのに、パリとかで見せたい! と思えるようなショーでしたよね。

そして、こうして記念公演のセンターを立派につとめるまさおを観ていると、ああ、立派になって…(涙)とフツフツと親心が沸いてくる私なのでした(笑)

【4月】

■100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」ライブ中継

初回の4月4日18時公演。
楽しかった!!! …でも、終演後に時計を見てびっくりしました(笑)

ゆうひさん出ないし、最悪見られなくてもいいかな…とか思っていたけれど、やっぱり楽しいですね~。見て良かった、見るべきだった、と思いました。

ソロの1発目、キリヤンが「退位の歌」を歌ってくれて、嬉しかった。見た目はお姉さんになっているんだけど、でも、芝居歌はやっぱり男役なんだよね~。
お花さまを、こうしてタカラヅカの舞台で再び見られたのも嬉しかった。
大地真央さんと黒木さんは、卒業して何年経ってもやっぱり「コンビ」なんだな~と感慨深かった。
真央さん、前髪をポンパ…っていうかリーゼント風に盛って、男役っぽくして素敵でしたね。「ガイズ」の曲「女神よ…」もカッコ良かった! ゆうひさんのディナーショーで聴いたのと同じ曲とは思えませんでした(爆爆爆)
トークも皆さんフリーダムで(笑)、本当に楽しかったです。

■文楽4月公演

これは、観劇時に詳しく書いたので詳細は繰り返しませんが。
住太夫さんの最後の舞台、見届けることができて良かったです。

■岡村靖幸ライブツアー「将来の夢」@Zepp Namba

これは結局、感想書きそびれちゃったんですよね~。
でも、相変わらず、最高でした!

■天守物語@フェスティバルホール

ブログを見返したら、私、実は、公演感想書いてなかったんですね(汗)

1回しか観られませんでしたが、夢のように美しい舞台でした。
闇の中、灯火に浮かび上がるおあねえさまの凛とした、でも少し寂しげな背中が絵のようで、今も思い出されます。

ちや姉、みーちゃん、あーちゃん、さあやちゃんを観ることができたのも嬉しかった。
ちや姉とみーちゃんもすっかりお女中でさすがの巧さでしたが、やはり娘役の所作が染みついたあーちゃんとさあやちゃんは素敵でした。
他の共演者の皆様もさすがでした。私、翻訳者や演出家としての青井さんはカトケン事務所の公演などでよく知っていたけれど、お芝居されているところを観たのは初めてだったので、すごい、とうなりました。

■ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014

今回はテーマが「ウィーン、プラハ」で、ブラームスがメインだったので、まさにブラームスブーム到来中の私のためにあったような(笑)音楽祭でした。
交響曲第3番はなかったけれど、初日に聴いた大フィル・尾高さん指揮の第4番は良かったです。
クララとブラームスの話に焦点を当てたミニコンサートもありました。企画した人が日頃から取材で知っている方だったので、終演後に聞いたら、「翼ある人びと」ももちろん観ましたよ、って言ってました(笑)
最終日のイリーナ・メジューエワのピアノリサイタルも、シューマンの小品とブラームスのピアノ曲をたくさんやってくれて、聴き応えがありました。












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/725-f669e653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。