6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

初インタビュー!

見てるこっちの方がよっぽど恥ずかしいっちゅーの!!!

…と、思わずテレビ画面にツッコんでしまったももたです(笑)

全国のコージモトヲタの皆様、ご覧になりましたか、1日のJリーグスカパーニューイヤーカップ・VS大分戦。
晴れて解説者デビューしたナカタコウジさんの、記念すべき初ヒーローインタビューのお相手は、この日2ゴールの活躍を見せた、モトヤママサシさんでした!!!


オフシーズンの悲喜こもごものさまざまな話題に反応しそびれたまま、2月に入ってしまいました。

プレシーズンマッチとはいえ、一応「大会」形式の試合。
当日は出勤だったので、バッチリ録画して深夜に見ました。

中田CRO(…って「中田P」並みにうさんくさい肩書きですよね(爆))の初めてのナマ解説。
日頃、録画した試合はどうしても面倒くさくなってついつい飛ばし見しちゃう私ですが、今回ばかりは最初から最後までしっかり集中して拝見しました(笑)
まあ、もともとしゃべりは得意なヒトだし、以前に過去の試合を振り返って解説した時もきちんとポイントを押さえて上手にやってたことは知っていましたが、危なげない解説でしたよね。安心して聞けました。

でも、ところどころ、むずがゆ~くなる場面が…(笑)

後半、ピッチリポートで「本山選手が呼ばれました」との情報が入った時。
実況アナに「同期の本山選手ですね」と振られて、まず、「もと…やま選手」って発語するぎこちなさったら(照) 日頃呼び慣れてないからね(笑)
ちなみに、最初こそぎこちなかったものの、話し始めると、「本山選手もトップ下のポジションでやらせると、まだまだ十分やれるので…彼しか持ってないものはたくさんあるんでね。去年、土居選手も成長しましたけど、本山選手にかなわないところがいっぱいあるんで。盗んでほしいなと思います」って、おノロケが止まらないコージさんでした(笑)

あと、途中、実況アナが「昨日、中田さんが解説することを本山選手に話したら、『彼はしゃべりは上手いので全然大丈夫ですよ』みたいに言われた」とか言い出して、コージは「え、そんな、ハードル上げてましたか」と苦笑。
でも、「最後にはちゃんと『よろしくお願いします』って言ってました」というアナに、「モトは優しいんでね」と、顔が見えなくてもニヤケてるのが分かるデレデレ発言(爆)

2回のゴールシーンでは、いずれも、クロスを上げたダイゴやラストパスを出したユースの田中くんを褒めるコージ。真っ先にモトを褒めるのは照れくさいのでしょうか(笑)
でも、最終的には「でもまあ、これをしっかり決める本山選手はさすがですけどね」とか、田中くんに対して「一緒にできる幸せをかみしめてほしいですね」みたいなことを言ってましたが(笑)

で、試合後。
ピッチに降りたコージが真っ先に寄って行ったのは、やっぱりモトのところで。
カメラが切り替わった瞬間の、満面の笑顔のモトとハイタッチする姿が2人とも素で萌えます♪

でも、インタビューの間のぎこちなさったら!(笑)
黒スーツ姿のコージは超カッコイイんだけど、でもめちゃくちゃ緊張してて顔がこわばってるし(というか、モトを前にして緩みそうになる顔を必死で平静にしてるとああなっちゃうのかしら)
終了後、実況席の増田センパイに「どうですか」って聞かれて、ひたすら「恥ずかしいっす」「こんな風に話したことないんで…ヤバイっす」と繰り返すモトと、全くリアクションできずに固まったままのコージ。

もうもうもう、そんなあなたたちを見せられてる私たちの方が、本当に恥ずかしくて正視できないです…(爆爆爆)
なんなんでしょうね、この恥ずかしさは。
いつだったっけ、優勝後のJリーグタイムでスタジオに2人で呼ばれた時以来の恥ずかしさですね(笑)
その後のヤスのインタビューとかは、全然ほほえましい気持ちで見てられるんだけど。

後からピッチリポートの高木さんがバラしてくれたことによると、モトは「コージだからインタビュー受けるよ」みたいなことを言ってたらしく(笑)
インタビュー中もそんなふうに素で話してくれたらいいのに、2人ともヘンに意識しすぎなんだから!
やっぱ、一般の人に2人の仲がバレちゃいけないって気にしすぎてぎこちなくなっちゃうんですかね(爆)
そういえば、かつて、シドニー五輪前くらいの頃は、コージは代表の試合とかではモトにヘンにそっけなくて、私たち、かえって怪しいよ、ってツッコんでましたよね~。ああ、懐かしいわ(笑)

とにかく、記念すべき初インタビューのお相手を務められたことも嬉しいですし、公式戦じゃないとはいえ、今年初の試合で2ゴールを決めて調子良くスタートを切れたことも嬉しいです♪
モトサポとして、今年も出番がなかなか厳しいであろうことは覚悟していますが、翌日の報道によると、ヤナギコーチ(ああ、本当はこのこともちゃんと単独で書いておきたかったのに! ヤナギの帰還は今オフ最大の嬉しい驚きでした♪)も「彼がチームに必要な存在だと証明している」と話してくれたみたいですし、少ないチャンスを生かしてぜひぜひ活躍してほしい、と願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/729-3df17fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード