6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-10

ため息は飲み込んで~あらためて、本山雅志至上主義宣言

衝撃の事実発覚から丸3日経ちました。

日曜日は一日中、あちこちネットを徘徊しては泣き、web上の文字だけではどうにも受け入れがたく、活字で確かめないと信じられなくてわざわざモトの病気のこと書いてる報知とニッカンを買い込んで、それを読んでまた泣いて、そして夜は公式でカシマでの優勝報告会の様子を見てさらに泣いて、スポーツニュースに出てる選手たちを見て・・・そうして1日が過ぎました。

月、火は少しずつ落ち着き始めて、でも仕事しつつもふと気を緩めると泣きそうで。

まだ、ショックは癒えてはいないし、いろいろ考えると胸の奥がざわざわして、涙があふれてくるのですが。

でも、これから闘うのは、モト。一番大変なのはモトです。

私たちサポがいつまでもめそめそしてどうする!

昨日、この10年間の雑誌をいろいろ読み返してみました。
可愛くて優しくていつもイイ子で、でも本当はものすごく頑固で強情で、プライドの高さを素直に表に出せないくらい誇り高いモト。
私の大好きなモトは、ずっとずっと変わってないんだ、とあらためて思いました。

だから。

数々のモト名言集の中でも私の心のベスト3に入る、この言葉を胸に。

「ため息をついたらダメですよ。ため息をつくと幸せが逃げていきますから。飲み込むんです」

涙を拭いて。
ため息は飲み込んで。
顔を上げて、前を向いて、今あらためて、全力で「本山雅志至上主義」を宣言したいと思います!

札幌での様子から、カシマに帰ってきての優勝報告会まで、TVのスポーツニュースや鹿サポさんのブログなどを徘徊し、いろいろ見ることができました。

試合終了直後、ベンチでノザとゆっくり抱き合って。

優勝を喜び合うピッチ上では、イノハと芝の上に転げ回って抱き合って。

これは当日のNHKの中継でも映ってたけど、両サイドにコロと船山くんの肩を抱いて笑顔で話してる場面は、モト一人だけずいぶんおにーちゃんなはずなのに、同年代に見えるよ~(笑)、とか。

ピッチに降りてきたスーツ姿のミツオとも笑顔で握手。
その後も二人で並んで歩いていって、でも、自分が隣にいるのに他の選手やスタッフたちと次々に握手を交わしていくミツオにすねたのか(笑)、急にミツオの背後からお腹に両手を回してぎゅっと抱きついて甘えてる姿に、相変わらずどんだけミツオのこと好きやねん(泣笑)、とツッコんだり。

ひとしきりセレモニーが終わって、皆でゴール前に向かってくる時に、コージがすんごい優しい笑顔でモトの肩を抱いて並んで歩いてて、そして、コージに肩を抱かれると、ナチュラルに彼の方に小首を傾げて寄り添う体勢になるのはもはや長年のうちに身体に染み付いた条件反射なのか!(泣笑←だって、夏の神戸戦でも見たもん)と萌えたり。

鹿島神宮へのお礼参りでは、シャーレ(優勝銀杯)を持つモトの腕をひしっと組んで並んで歩くオリヴェイラ監督の図、に泣けました。

いつもいつも、明らかに攻撃の核になっている時、調子が良さそうな時でも、必ずモトを途中交代させるオズに、なんでだよー!(怒) と不満を抱いていたのですが。

罵倒してごめんね、オズ。
むしろ、90分もたない、必ず途中交代が必要なモトを、それでもどうしても替えのきかない選手として最大級の信頼を寄せてくれていたんですね。
モトの身体の状態に常に細心の注意を払いながら、モトを壊してしまわないように大事に大事に使い続けてくれたこと、今なら分かります。
本当にありがとう。

そして、シャンパンファイトでは。
満場のモトヤマコールの中、選手会長として「勝って帰ってきました!」と報告するモトに泣き。

マルキが「3、2、1・・・」ってカウントダウンしてるのに、確信犯でフライングするアツトの黒王子っぷりに笑ったり。

再びマイクの前に呼ばれたモトが「2連覇、本当に嬉しいよぉーーー!!!」と叫ぶ姿に、また泣きました。ああ、この、語尾の「よぉ」がいかにもモトらしい口調で素敵。

今年優勝できて本当に良かった。心から、そう思いました。

「うるぐす」のアツトの話や、サカダイの本田さんのコラムなどを見ると、監督や上層部以外にも、一部の選手は知ってたようですね。
アツトの口ぶりだと、「お腹痛いって言ってましたけど・・・」って感じだったので、どこまで病状を正確に把握してたかは分かりませんが。
でも、病をおしてプレーし続けたモトの想いは、後輩たちにも伝わってると思います。

ちなみに本田さんは

「オガサ、モトなどの79年組がチームを支えてくれたのが大きかった」

「オガサと同じぐらいチームのために戦っていたのはモトだった。(中略) モトはひと一倍責任感の強い人間だから、ずっとピッチに立ち続けていた」

「パフォーマンス以上に、命懸けで戦ったという姿が、チームに与えた影響はとてつもなく大きい。リーダーシップとは、周りがそれを感じるものだからね。モトのメンタリティがなければ、今回の連覇はあり得なかった」

と語ってくれてます。
入団当初、モトのあまりのきゃぴきゃぴぶりに言葉を失っていた本田さんを思うと・・・ここまで言ってもらえるような選手になったんだなぁ、としみじみ感慨深いです。

ただ・・・報知の報道は大げさなんじゃないか、コージの手術の時も引退危機とか煽ってたし、今回も飛ばし気味なんじゃ・・・と思っていたのですが、この本田さんのコメントを見ると、やっぱり結構深刻な病状なのかな・・・とちょっと凹みましたが(涙)

美味しい物大好きなモトなのに、食事制限は可哀想だよね。
そして、なにより水分摂取を制限されていたっていうのは、サッカー選手としてどれだけ大変だったか、と思います。
言われてみれば、真夏の京都でも神戸でも、給水してる場面、ほとんど見なかったよなぁ・・・。
そんな状態で、あのレベルのプレーを1年間続けていたモト。
本当に、金田さんが言う通り「Jリーグ1上手い選手」だと思う。

病状は心配ですが、とにかく、いいお医者さんにかかって、手術が成功することを祈ります。
たとえ全盛期のトップコンディションには戻らなくても、手術が成功すれば、今年よりはずっと楽に、いい状態でプレーできるってことでしょ?
大丈夫だよ、モト。
優勝戦の直後は、ホッとしたのと、1年間ものすごくつらい状況でプレーし続けてきて、身体が限界寸前だったからちょっと弱気なコメントが出たのかもしれないけど、ゆっくり休んでちゃんと治せば、また輝けるはず。そう信じてる。
だって、モトの脚には「サッカーの芸術のすべてが詰まっている」んだもの。

だから、神様。
どうか、モトからまだサッカーを取り上げないで。
おねがいです。

リサちゃんはじめご家族もつらいでしょうが、どうかどうか、モトの心が折れてしまわないように、支えてあげてください。
そして、プライドの高いモトが、「昔のようなプレーができないなら辞めよう」などと万が一にも考えないように、ミツオは「俺だって必死にリハビリして復帰めざしてるんだから、ちゃんと帰ってこなかったら許さないよ!」と厳しく叱りつけてやってね(←ドリーム)

・・・えーと。
ぐだぐだになってきましたが、とにかく言いたいことは。

モトに何があろうと、私はずっとモトが好きだし、ずっとずっと信じてついていきます。
サッカー選手としても、人間としても、彼を誇りに思うし、そう思えるモトサポは本当に幸せだ、と心から思います。
もう一度モトが・・・79年組の最愛の3人が、一緒にピッチに立つ姿を、ずっとずっと待っています。

最後に、前回エントリーに拍手をくださったNさま(お名前出していいか分からないので、イニシャルで失礼します・・・)にお礼を。

うちのブログ、のぞいていてくださったんですね、ありがとうございます。
本当に、怪我ならともかく、まさか病気とは・・・思いがけないことだったので、動揺してしまいました。
日ごろからモトへの愛だだ漏れな私ですが、今回のことで、あらためて、やっぱりモトのこと好きで好きでどーしよーもない自分を再確認しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/75-3ea15573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (110)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード