6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凱旋!!!@宙組全ツin府中・観劇レポ

行ってきました、全ツ府中14時公演。
行って良かった!! 最高でした!!!
府中が産んだタカラジェンヌ、蒼羽りくに乾杯!!!


りくちゃんの地元での公演。
もう2年くらい前だっけ? 「ベルばらフェルゼン編」の時もあったのですが、その時はまだ、そこまでのめり込んではいなかったので、わざわざ府中までは観に行きませんでした。
今回を逃したら、もうりくちゃんが在団中に地元で公演することはないかもしれない、と思い、(お茶会などの場でも、「府中来てくださいねぇ~」って甘え声で何度も言ってたし。そんなカワイイこと言われたら行かないわけにいかないじゃないですか!(爆))マチネのみ日帰り遠征することにしました。

この方面には初めて来ます。
品川から向かったのですが、京王線の乗り換えがよく分からなくて、普通に乗っちゃったりしたら、予定していた時間よりだいぶ遅くなってしまいました(汗)
東府中の駅から歩きながら、「ああ、すみれちゃん(爆)はこの街で育ったのね…!」と感動。
綺麗で立派なホールですね。
席に着いてからも、「ああ、これが、中高生のすみれちゃんがバレエの発表会で立った舞台なのね…!」と思うと、孫の成長ぶりに感激するおばあちゃん(爆)のような心境になってしまいます(笑)

今日の席は、上手サブセン通路近くで、後ろも通路。
チケット取った時は全然気付いてなかったんですが、これってもしかして「りくちゃん席」じゃない? と期待いっぱいでショーの幕開けを迎えました。

思った通り、客席降りでは、走ってきたりくちゃんにタッチしてもらうことができました!
ひんやりとした手の感触…幸せ♡(爆…ヘンタイで申し訳ございません(汗))

で、そのまま、ちょうど中央通路の辺りでストップしてくれて!
間近で歌い踊るりくちゃんをうっとりと見上げていると、突然まぁくんが駆け寄ってきて、りくちゃんの肩をガシッ!と抱いたのです!!!
キャーッ!!!
思わず悲鳴を上げる私(と周囲の客席)。
驚いて、でも嬉しそうな笑顔でまぁさまと顔を見合わせるりくちゃん。めっちゃ可愛い(笑)
まぁくんは、空いた方の手を、りくちゃんに向かってヒラヒラヒラ~と振って(この表現で分かるかな、ヨイショする時みたいなあの感じです)、アピールしてあげてくれて。
もうもう、まぁくんったら、なんて優しい、組子思いのいいトップさんなの?! と思わず目頭が熱くなりました(涙)

舞台の方は、1人主題歌も、「めっ!」も、ジャガーも、今日はすべて絶好調だったと思います!
最後、パレードの時だけ、最初もしかしてマイクが入ってなかった? 地声みたいで、あっ!と焦りましたが、すぐにちゃんと入って、しっかり歌い上げてくれました。

そうそう、りくちゃん以外の客席降りでは、まぁくんにも「キッスは目にして」の時にタッチしていただきました!
マカゼは待ち構えていたけど、今日は上手サブセンにはサービスしてくれなかったわ…(笑)
中央通路よりだいぶ後ろまで言って握手したり、去り際に最後列に向けて投げキスをばらまいて、客席に悲鳴を上げさせていました(笑)

あと、お芝居の方で、怪我をしているラモンがセレスティーナに紹介される場面で、いつもは「俺は! いや、わたしは!」って言うのに、今日は「俺は! いや、自分は! じ、自分? 私は!」って混乱してたんですけど、あれはアドリブなの? それとも素で間違えたの? まぁくんが「よしよし」って落ち着かせてて、客席はドッカンドッカンウケてました(笑)

カテコのご当地出身者紹介。
「まず東京出身者~!」とまぁくんが声を掛けると、舞台のあちこちから「はいっ!」と一斉に上がる手。もちろんりくちゃんも笑顔で手を上げてます。
「今回、メンバーの半分近くが東京出身なんです」と笑うまぁくん。

で、あらためて、「ご当地中のご当地、府中出身、蒼羽りく!」と呼んでくれて。
客席からは「ヒュー!」という歓声と大拍手。
「思いの丈をひとことどうぞ!」と言われて、「ただいまぁ~~~っ!!!」って叫びながら満面の笑顔でブンブンと両手を大きく振るりくちゃん。なんですかこの、とてつもなく可愛い生き物は!!! 萌え死ぬわっ!!!(爆)
「え、それだけ? それだけでいいの?」とまぁくんにツッコまれて、「府中に帰ってこれて幸せです!」とりくちゃん。さっきから私、可愛いしか言ってないけど、ホントに可愛いから仕方ないよね(爆)
「これからも府中が生んだタカラジェンヌ、蒼羽りくをよろしくお願いします。私たちも府中で公演できて幸せです。次はぜひ、兵庫県の宝塚大劇場でお待ちしてます」と締めてくれたまぁくんでした。

「ベルばら」の時は確かにアンドレではあったけど、見せ場は多くなかった(し、なにしろ正直あまりにもいろいろ拙くて大変だった…(爆))ので、今回、ショーで芯の場面をもらえるくらいの立場になって、しかもそれを立派にモノにして、地元に凱旋できたことは、本当に幸せなことだと思います。
ねぇ、良かったね、りくちゃん(涙)

あぁ、ホントに来て良かった!!!
夜も盛り上がるんだろうな~、いいな~、と後ろ髪引かれながら、帰りました。
今、まだ、新幹線の中です。
興奮さめやらぬ文章ですみません(汗) 取り急ぎ速報でした!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/758-9d399473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (59)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (300)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。