6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-06

悪いオトコに溺れる幸福@タカラヅカスペシャル2008~La Festa~観劇報告

行ってきました、年に一度のスペシャルイベント!
20日14時、初日の最初の回です。

私にとって今回のタカスペを一言で表現すると、

 「未沙のえる祭り!」

ということと、もう一つ(あ、一言じゃなくて二言になっちゃいますが(笑))

 「やっぱアサちゃんってカッコ良すぎるぜ、チクショー!!」

ってことです。

いや、私は真性ゆうひさんファンだし、これまでアサユヒが一緒の舞台に出てても「アサちゃんは確かにカッコイイけど、でもやっぱ私はダンゼンゆうひさんだわ~」って感想しか抱いたことがなかったのですが。
今回、確かにゆうひさんは別枠で美しくて素敵だったのですが、とにかく最初から最後まで印象に残ったのは、セナジュンさんのありえないカッコ良さです。

あー、悪いオトコにひっかかって離れられない女の心理ってこんなんだろうなー、と思いました。
何度も泣かされて、もう今度こそ別れる! って決心するんだけど、そのたびに反則のカッコ良さ、しかもどこか孤独で寂しげで愛を求めているあの瞳を見てしまって、あの掠れた切ない声を聞いてしまって、やっぱり彼が好き・・・ってなっちゃう感じ(笑)

今回、たくさんのスターさんが勢揃いした中でも、「オトコとして」ケタ違いでしたね。

「オトコとして」ってカッコ書きにしたのは、「男役として」でもなく、「男として」でもなく、なんというのかなぁ、観客のバーチャルな恋愛妄想をかき立てる、けど現実に存在しない「オトコ」として、というニュアンスです。
そういう意味で、「瀬奈じゅん」は「タカラヅカの男役」としての究極の完成形の一つだよなぁ、としみじみ思いました。

(で、基本的に私は「ジェンヌ対自分」という妄想を喜ぶタイプではないので、普段はアサちゃんのことはナンバーワンではない・・・というか、むしろ、そのジェンヌさん自身にまつわる妄想をかき立てるタイプのゆうひさんの方が好みなわけですが、でも、今回はそんな私ですら平静ではいられないほどの破壊力でした(笑))

そして、そんなアサちゃんをナマで見てうっとりできる幸福をたっぷり味わった2時間でした。

トップさん、2番手グループ以外は、ほぼバックダンサー状態なので、あまりきちんと見られていないのですが、こういう場ではやっぱり美形が目を引きますね。

私が特にいいなと思ったのは、和くん。やっぱキレイ。
かなめくんも、今まであまり好みではなかったのですが、今回見ると何かぐっと「男役」になった気がしました。
みりおちゃんも可愛かった。
あと、しずくちゃんも美しかったです。だいぶ大舞台にも慣れてきたのかな、ミーマイ初期の、大人数の舞台だとどこにいるのかさっぱり? っていう感じがなくなって、華が出てきた気がします。

以下、某所に落とした速報を再掲しておきます。


いやー、楽しかったです、とにかく!!!

今年のスペシャルは、一言で言うと「未沙のえるショー」でした(爆爆爆!!!)
マヤさん大活躍(笑)。

ゆうひさんについては、月組時代からのファンにとっては特に嬉しい演出が幕開きからちょこちょこっと随所にちりばめられていて、とっても幸せでした~!

第1部は、今年3月に亡くなった渡辺武雄先生をしのぶ全国の民謡メドレーと、未沙のえるショー、もとい「この1年」、昨年(でしたっけ?)亡くなった高橋廉先生をしのぶ「レインボー宝塚」の3場です。

幕開きは、簡易式チョンパとでも言いましょうか、舞台の奥の方だけが明るくて手前は暗い中、出演者がずらりと板付きで、そしておもむろに前列にライトが当たってスタート!

ゆうひファンはこの幕開きからまずやられちゃいました。

なぜって・・・。

センターはトウコさん、上手側にアサちゃん、下手側にまとぶん。そして、アサちゃんの隣にゆうひさん、まとぶんの隣にキリヤン・・・という並びなのです。
(ちなみに、ゆうひさんの外側がレオンくん、キリヤンの外側がキムちゃん・・・だったはず)

最初、まずゆうひさんの位置を確認して、ああ、着流し姿のゆうひさん、やっぱり凛々しくてお美しい~~~!!! と久々に見るゆうひさんに感激し、そしてハッと隣がアサちゃんだということに・・・アサユヒが並んでいることに気付く。
もう、このオープニングの数十秒で感無量です(笑)

あっという間にこのオープニングの「八木節」が終わって、トップ3人のMC。
ここは短く、開幕のご挨拶と民謡メドレーの説明があったくらいです。

「北海盆唄」まとぶんメイン、3番手以下の各組男役たち

「ソーラン節」メインは、キムちゃんとレオンくん。今回、この二人は対で使われている所が多かったです。

「会津磐梯山」あやねちゃんメインでカワイコちゃんズ

「お江戸日本橋」あすかちゃんメイン、若手男役、娘役たち

「深川」トドさまとミエコ先生

「ちゃっきり節」キリヤンがメイン、みわっち以下の男役と娘役たち。

で、次がゆうひさんの「よさこい節」なのですが、キリヤンの唄終わりにゆうひさんが上手袖から出てきて、キリヤンと舞台端の方で何回かくるくる回りながら引き継いでいくんです。
(って、意味分かるかしら? 説明下手ですみません。どなたかフォローお願いします)
目を見合わせてにっこり笑顔で絡むキリユヒにファンはまたも感無量です(笑)

で、ゆうひさんのよさこい節。
ソロ自体はあっという間に終わってしまいましたが、久々に聴くゆうひヴォイスはやっぱり色っぽくて素敵です~。
ちなみに、周りで踊ってくれるのは、すみかちゃん、らんちゃん、舞羽美海ちゃん。
かわいこちゃんズに囲まれて嬉しそう(笑)

で、次がアサちゃんです。
ここでまた、今度はゆうひさんの唄終わりにアサちゃんが下手袖から出てきて、ちょこっと笑顔でアイコンタクトしつつゆうひさんも下手へはけていきます。

いやーん、もう、なんて、アサユヒファンにもキリユヒファンにも均等に配慮された心憎い演出なの~~~!!!(爆)

アサちゃんの「佐渡おけさ」の後、トウコさんの「木曽節」で、まとぶん、アサちゃん、キリユヒたちも加わるのですが、(昨日きあらさまがCSレポで書いてくださってた場面だと思います)そんなに一緒に歌うって感じではなくあっという間に終わりました。

トドさまのソロ、ミエコ先生とキムチエに続いて、「沖縄・鳩間節」です。

3番手以下の男役たちを従えて、最前列に並んで立ったキリユヒが、紫の頭巾(?)に黄色の琉球のお衣装(オソロ)に身を包んで歌います。
あーん、思い出す「MAHOROBA」の日々・・・(感涙)

で、確か途中からトップ3人も出てきて総踊りになるんだけど、ここでもアサユヒは隣同士で。
ゆうひさんがすんごい笑顔で楽しそうに踊ってて、可愛かったー!!!
(あ、でも、ちょっと振り遅れしてたりして、照れ笑いもしてました(汗))

最後は、トップ3人とキリユヒが下手前方でキメポーズ。
ここに行く時に、トウコさんから順番にアイコンタクトしつつ手招きしながらセンターから下手へ行くのが面白かったです。

第2場「この1年」はですね・・・もう、いしだっちやりたい放題!!!(爆)っていうか。
今年の各組の演目から1曲ずつトップさん(雪はキムテル)が歌うんだけど、その前にマヤさんが絡んで舞台の場面の再現・・・ていうかミニコントが展開されて(笑)
もう、マヤさんサイコー!!!

まず「黎明」。
カーテン前にたたずむ吉田茂@マヤさん(笑)
そこへ白洲次郎@トドさまが登場。お芝居のラスト近く、講和条約のレセプションのところの二人の場面らしい。
マヤさん「レセプションには出ないのか」
トドさま「ほら、キューバ産の葉巻だ」とかなんとか言いながら吉田茂に葉巻を手渡して。
マヤさん「昨日、夢を見たよ。60年後に孫の太郎が首相になっている夢だ」に場内爆笑(苦笑)
汝鳥さんの吉田茂は素晴らしかったですが、マヤさんもまるで本役さんのようなハマリようでしたよ(笑)

マヤさん退場後、トドさんが黎明の主題歌(・・・ですよね?)を客席降りで歌う。(ちなみに下手側から中央の通路を横切って上手側から舞台へ戻る)
この時、星組下級生のコーラス隊が舞台に出ていたのですが(オープニングなどでは舞台上手最後方のオケの後ろに立って歌っています)、下手側の真ん中にいた男役がなかなか可愛かったです。
プログラムで見ると、たぶん大輝真琴くんかなぁ・・・。

続いて雪組「マリポーサ」。
センター奥から階段を杖をついて下りてくるリナレス@キムちゃんとそれを支えるイスマヨール@マヤさん(これは本役(笑))。
マヤさん「足は大丈夫か」
キムちゃん「大丈夫・・・」
そこに、上手側からロジャー@かなめくんが「クール宅配便」と大きく書かれた、白い花が入った箱を抱えて登場。
マヤさん「やあ、お前、まだ取材を続けてるのか」
かなめくん「まあな。・・・クール宅配便が届いてるぞ」(とリナレスに箱を手渡す)
キムちゃん「こ、これは・・・(むっちゃわざとらしいリアクション(笑))マリポーサの花・・・! 父さん、姉さんは?」
マヤさん「セリアは・・・この下で農作業の準備をしておる」(場内爆笑)
キムちゃん「これを姉さんに届けて。差出人は?」
マヤさん「大阪市北区シアタードラマシティ、シベリア・カラマーゾフ・・・?」とつぶやきながら退場(場内爆笑)

ね?
いかにもいしだっちでしょう?(笑)

キムテルで主題歌(ですよね?)を歌う。私、本公演1回しか見てないのであんまりはっきり覚えていないのですが、本公演よりも甘い感じの曲調にアレンジされてた気がするのですが・・・気のせいですかね?

続いて花組は「アラビア」です。
舞台中央に鎮座するのは、あの豪華なエジプト太守のお衣装に身を包んだムハンマド・アリ@マヤさんです(笑)
そこへ上手から現れたトマス。懐かしいなぁ~。

マヤさん「お前が隼の目を持つ男か・・・なぜキリスト教徒のそなたがエジプトのために戦うのだ」
まとぶん「インシャアッラー。神はキリスト教の神もアッラーもファヌンも・・・あ、ファヌンといえば、わたくし今度、「太王四神記」に出演いたします。宝塚大劇場で1月1日から上演しますのでどうぞ皆様・・・」
(となりふり構わぬ宣伝ぶりに、ああ、やっぱチケット売れてないんだなー・・・とこっそり思う花組ファンでした(爆))
マヤさんが「もうそのへんでよい」とさえぎって、「ずいぶんうまいこと宣伝したな・・・ところで、そなた本当に射撃が上手いのか」と聞くと、おもむろに銃を構え、天井に向けて撃つまとぶん。
・・・上から茶色いニワトリが降ってきました(爆)
「おお」と驚きながら、「しかし、ニワトリは空を飛ぶのか?」と首をひねりながら退場するマヤさん。
まとぶんは「愛・迷い道」を熱唱してくれました(下手→上手に客席降りあり)

そして、月組は「ミーマイ」です。
あの「街灯」のイントロが流れて、あのバーバリーのコートを羽織ったアサちゃんの姿を見た瞬間、胸がキューンと締め付けられて目頭が熱くなる私たち。

アサちゃんってなんてカッコイイんでしょう!

もう、反則かっていうくらい、カッコイイ。

警官@マヤさん(笑)が「そんなところに立っていると浮浪罪になるぞ」とビルに声を掛けると、
ビル「あれ、どうしたんだ、パーチェスターじゃないか!」(場内爆笑)
マヤさん「実は私、ヘアフォード家をクビになりまして・・・」
ビル「なんだって! マリアおばさんに膝詰め談判してやる!」
マヤさん「いえ、いいのです、実は私、ランベスウォークで踊りすぎてちょっと腰を傷めまして・・・」(爆笑)
ビル「そうなのか? ちょっと踊ってみなよ」
と言われて、口でメロディーを歌いながらランベスのステップを刻むマヤさん。も、ホント、サイコーです(笑)

ですが・・・ここからが、ちょっとね、組ファン、カナミンファン、アサカナファンにはつらすぎる展開で。

マヤさん「こんなところで何をされているのですか」
アサちゃん「人を待っているんだ」
マヤさん「どなたをですか」
アサちゃん「・・・サリー・スミス」
マヤさん「・・・ウイリアムさま。それは無駄ですよ。彼女は帰ってこないのです」

場内には笑いも起こっていたのですが、これは笑えないよー(涙)
キツすぎるよ。
私、思わず「きつっ!」ってつぶやいてしまいました。

しかもそう言われたアサちゃんが。
「・・・いいんだ。今に分かるさ」
って、あの、ハスキーな切なげな声音で言うので、あまりにも切なくて胸が苦しくなってしまいました。

マヤさん退場後、街灯の歌を歌うアサちゃん。
アサちゃんって本当にショースターだなー、としみじみ思いました。
客席降りは上手→下手だったんだけど、他のスターさんに比べて、明らかに一人一人狙って釣ってて、また皆、面白いように釣られているのが分かります。
ホント、カッコよすぎ!!!

最後はトウコさん。もちろん「スカピン」。
ワイン色のお衣装に黒のコート姿で登場。
で・・・黄色のドレスで登場したマルグリット@マヤさんに大爆笑。
「わたし、スカーレットピンパーネルがアンドリューに出した手紙を見たの! ほら!」
思いっきりシナを作りながらセリフをしゃべるマヤさんに、トウコさん、懸命に笑いをこらえてます(笑)
手紙を開いて読み始めるマヤさん。その内容が・・・
「第4回K音楽賞に『ひとかけらの勇気』が選ばれたの!」というサプライズ。
K音楽賞について説明ゼリフを言うマヤさんに、とうとう笑いがこらえきれず、ひきつりながらせりふを言うトウコさんに場内大爆笑でした。

ああ、トウコさんの「ひとかけらの勇気」をもう一度ナマで聴けるなんて。
ホントいい曲だよなぁ・・・。幸せでした。
(客席降りありです)

カーテン前であらためて、ちゃんとスパン付のお衣装に着替えたマヤさんが登場してMC。
次の「レインボー宝塚」の説明がありました。

で、「レインボー宝塚」。
まず、トドさまと、7人の娘役(一人一人色の違うドレスで、同じ色の羽を持ってるの。みんな可愛かったー)

そして、そこへ「虹のダンサー男」のキリユヒ、レオンキム、えりたん、あひちゃん、しいちゃんの7人が登場、全員で歌って踊って幕です。
ゆうひさんは、二番手3人のセンター・・・だったのかな?
トドさまの斜め後ろ・・・というかちょっと上手側隣あたり。
綺麗な水色のお衣装で、ペアはねねちゃんとでした。
同じ水色のドレスのねねちゃん、キレイだった!
ひさびさのゆひねねツーショット、美しかったです。

2部はラテンとスパニッシュ、クリスマスメドレー、そしてフィナーレです。

幕開きは全員で「Conga」。
ここはゆうひさんのお衣装は、白のスーツで身ごろの片方にレインボーカラーの模様が入っているもので、インナーは紫のシャツ。
(スーツはキリユヒキムチエ4人が同じで、シャツの色が違う)
ノリノリで歌うゆうひさん、カッコイイです!

花組メンバーのみ舞台に残って「クンバンチェロ」。
まとぶんが男くさく歌い上げます。
ゆうひさんもカッコイイ!(って、他に形容詞はないのか)

月組さんは「情熱の花」。
アサちゃんは相変わらず反則の色気を振りまいています。

雪組さんはキムちゃんメインでしたが、キムテルの間に割ってはいるキタロウがオイシかったです(笑)

星組さんは「Brazil」。
トウコさんが余裕の歌唱で、レオンくんがのびのびと踊ってて、いいですね。

最後は全員で「Sing Sing Sing」。

次はスパニッシュ。
トドさまメーンで2曲。

そして次がゆうひさんでした。
曲は「Bamboleo」。難しい曲だなー、と、ちょっと手に汗握りながら聴きました(爆)
ま、イベントの初日の初回ですからね。きっと明日の最終回にはもっとイイ感じになっていると思います(笑)
声は低音のセクシーなゆうひヴォイスが堪能できて良かったです。

お衣装は、黒にゴールドの飾りがついたもの。腰にゴールドノサッシュ。
黒髪がセクシーで、黒と金のお衣装が似合い過ぎです。
バックで踊ってくれるのは、りせちゃん、るうちゃん、キタロウ、はやや。
るうちゃん、月組新公の時はちょっとお化粧があれれ、と思ったのですが、今日は、ちゃんとかしちゃん似の美貌でした!
りせちゃんも最後のイベント出演ですね。

あと、キリヤン、キムちゃん、レオンくんの曲がそれぞれあって、最後にトドさまメインで再び全員。

そして、ここからトップコンビシャッフルコーナー。

まずは「エル・アモール」(哀しみのコルドバ)をまとぶんとあすかちゃんで。

「マノン」をアサちゃんとあやねちゃんで。

もう、今日何回も書いてますが、アサちゃんはなんであんな色男なんでしょうねえ。
どこをどう見てもカッコイイの一言しかないです。全面降伏です。

最後は「青春を駆ける~この時この愛を」(情熱のバルセロナ)をトウコさんとあいちゃんで。
あいちゃん、とっても綺麗でゴージャスな美女でした。
短い時間でしたが、トウコさんとの並びが新鮮でした。

第3場はクリスマスソング集。

まずはトップ3人が、昨年のクリスマスCDの持ち歌を披露。

まとぶんの「Happy Christmas」。
えりたんとあやねちゃん、みわっちとすみかちゃんがカップルで踊る。舞姫コンビが仲睦まじそうで微笑ましかったです。

そして、アサちゃんの「かりそめのスウィング」。
あー、もう、今日、アサちゃんに腰砕けにされるの何回目だろう(爆)
あれをナマで聴けるなんて・・・としおりさんと感動(笑)
バックは男役オンリー。
あひちゃん、そのか、もりえちゃん、マギー、まさお、るうちゃん、みりおちゃん。
みんなカッコ良くて目移りします。
あのもりえちゃんですら一生懸命目線をキメながら踊ってるのが微笑ましい(笑)

そして、トウコさんの「クリスマス・イブ」。
しいちゃんあすかちゃんと、すずみんねねちゃんがそれぞれカップルで踊って。
途中、とうしいすずの3人になり。
なんか胸がいっぱいになってしまいました。

続いて、トドさまメインのクリスマスメドレー。

「サンタが街にやってくる」はトドさまとキリユヒキムレオン
。2番手陣は皆、例の組カラーの燕尾です。
ああ、去年のTCAの時に、まさか翌年、ゆうひさんがピンクの燕尾を着て踊っているなんて、誰が想像したでしょうか。
桜の花のような綺麗なピンクの燕尾、とってもお似合いでした。

トドさまとキムレオンで1曲あって、キムレオンと入れ替わりにゆうひさん登場。
ここで。
↑であけさまも書かれているように、なんと、上手袖から出てくるなり、「チュッ!!!」って思いっきり大きな音をさせて投げキスを上手前方へ!!!
あのゆうひさんがそんなことをするなんて・・・と思わずどよめく客席でした。

曲は「ママがサンタにキスをした」。
この場面のゆうひさんはとっても可愛いいたずらっこ笑顔で、楽しそうに歌っておられました。
最後にトドさまとがっちり握手して、再び上手へ退場。

キリヤンとの曲があって、再び4人が登場して「ジングルベル」。
最後にまたトドさまソロで、雪の舞い落ちる中、「ホワイトクリスマス」。

そして、トドさまとトップ3人のMC。
「今年1年で最も思い出に残ることは」というテーマで、まずまとぶんは「新生花組がスタートして、自分もすごくたくさんのことを学ばせていただいた」とまじめにお答え。
アサちゃんは「ミーマイのランベスウォークで客席の笑顔がとても印象的だった」みたいなことを言ってたと思います(うろ覚え)
トウコさんは「作品に恵まれて、ずっとやりたかった赤と黒もやらせていただいて、スカーレットピンパーネルという素晴らしいミュージカルにも出会った」
「これが最後のイベントだけど、きっと私が一番楽しんでるってお客様にも分かるくらい、ものすごい笑顔でやりました」
トドさまは「そう、トウコちゃんは最後だもんね。だから、トウコちゃんは無法地帯で・・・」
トウコさん「そういう許可もいただいてるので(会場笑)明日の最終回は私、どうなるか分かりませんよ(笑)」と言ってました。
トドさまは「女役をあまりする機会がないけれど、舞踊会で傾城を踊らせていただいた」。
トウコさん「そういえば、女役あまりないですよね」
トドさま「そうなの。みんなやってるよね」(3人うなずく)「昔、トウコちゃんと一緒にやったパイナップルの女王くらいしかないの」(会場笑)
思い出し笑いするトウコさんに「トウコちゃんも女役やったもんね、ビーフジャーキーみたいなの」と、ものすごい爆弾発言するトドさま。
さすがのトウコさんも「ビーフジャーキーって・・・」って苦笑いでした(笑)。

マヤさんのMCを挟んで、いよいよパレード。

カーテンが開くとあすかちゃんの後姿が見えたので、ああ、やっぱりエトワールなんだな、と思ったのですが、続いてあやねちゃんも同じ衣装で登場して一緒に歌ってました。
歌は「もろびとこぞりて」。

ここはゆうひさんたちは、黒にスパンのお衣装。
3番手以下の下級生たちがキャンドルを手に客席通路にずらりと並ぶ光景は圧巻で、クリスマスムード満点でした。
私のそばには和くんやしずくちゃんがいましたが、皆キレイだったー!!!

最後はトドさまとトップ3人をセンターに、上手側にマヤさん、ゆうひさん、しいちゃん、キムちゃん。下手側にキリヤン、レオンくん・・・の並びだったと思います。
ゆうひさんは、あのいつもの上品で控えめな優しい笑顔で手を振っておられました。

コメント

やー参ったなぁ。

お忙しい中、こんなにアサちゃんのこと書いて下さり、
“リンダ困っちゃう”←古っ。ご存知でしょうか?
 ↑
嬉しくて壊れました。
どうもありがとうございます。

そうなんです。私、アサちゃんがジェンヌで本当に良かった、と思います。
若かった頃に、もしも知り合いにあんな男の人がいたとしたら・・多分仲良くもなれず、胸が苦しくてつらい日々を送っていたと思います。
あーよかったです~。

乙女ですねぇ~☆

ジェイユさま>

なんか、ちゃんとしたファンの方から見たら失礼きわまりない言い分な気もしますが(汗)、喜んでいただいてありがとうございます。

>若かった頃に、もしも知り合いにあんな男の人がいたとしたら・・多分仲良くもなれず、
>胸が苦しくてつらい日々を送っていたと思います。

やーん、いつもながら、ジェイユさまの乙女発言には胸がキュンキュンします(笑)

でも、その気持ちすんごくよく分かります~。
ホント、アサちゃんがジェンヌさんで良かったですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/80-5af24fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード