6月のラブソング

ご贔屓は大空祐飛さんと蒼羽りくちゃん。永遠にスペシャルなのは本山雅志選手。そんなももたが日々のよしなしごとを自己満足気味につづる日記です。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雪の決勝」を語る

今日から全国高校サッカー選手権が始まりますね。

日テレ系では先日、開幕前特集が放送されて、ミツオの可愛かった高校時代の秘蔵映像が流れたようですが、サッカー不毛の地(泣)関西では、その時間、バラエティーかなんかの再放送がえんえん流れてたよ・・・(凹)
いつからやんなくなったんだろ、何年か前まではちゃんとこっちでも放送してたはずなのに。
あの、コージが「情熱の薔薇」を熱唱してるところwとか、確か増嶋くんとかカレン・ロバートが3年の時のイチフナの練習風景やら可愛い女子マネちゃんやら見てた覚えがあるのになー・・・・。

そういえば、うちのオットは高校時代某田舎の弱小高校のサッカー部のエースFWだったそうで、もちろん私よりずっと昔からサッカーファン(で、一時期はサッカー関係のお仕事を担当していたことがあります。お仕事でフランスW杯に行ったことと、現役時代のピクシーと某スタジアムのトイレで連れ○○○したこと、まだベルマーレ時代の中田ヒデ氏に、彼のマスコミ嫌いを知らずに話しかけてガン無視されたこと・・・が当時の思い出ベスト3だそうです(笑))なのですが、もう十ウン年前、付き合い始めたばかりのころ、この開幕前特集でヤナギを見た時に、「こいつが将来日本代表のエースになるFWなんだよ」と教えてくれたのが、ヤナギサワアツシを認識した一番最初でした。

閑話休題。
やはり選手権シーズンといえば、このブログでこの話をしないわけにはいきません!

ですが・・・えっと、思いっきり腐○子目線なので、お嫌いな方はスルーお願いします。

「雪の決勝」。
それは、コージモト信者にとっては、アサユヒにおける「グランドピアノ」と同じくらい伝説であり、原点のエピソードなのです(爆)

「赤い彗星」と呼ばれた東福岡高校が、夏のインターハイ、秋の全日本ユースをいずれも制し、史上初の「三冠」を目指して臨んだ、第76回選手権大会。
ヒガシは苦戦もありながら決勝まで勝ち上がり、そして、対戦相手は、インターハイでも戦った帝京となりました。

インターハイ決勝は灼熱の真夏の京都で。
4-3、ヒガシの逆転勝ちでした。
これが、モトとコージが初めて公式戦で対戦した試合なんだよね。
後にコージが語ったところによると、強豪校の帝京で3年までレギュラーになれなかったコージは、1年からスタメンで選手権に出ていたモトのことを勝手に(笑)ライバル視していた、というか意識していたそうですが、モトの方はそれまであんまり知らなかったっぽいよね。

(ちなみに、以前も書きましたが、この時初めて生モトを見たコージは最初、女子マネと間違えたそうなんですが・・・そりゃ、当時のモトはホント折れそうに細っこい脚にほっそい腰で、それはそれは華奢で可愛いかったけど、それにしても、フツー間違えるか?(爆) この時ピッチ上の気温は40度超だったそうなので、暑さにやられてたとしか思えません(爆)) 

でも、この時に仲良くなって電話番号を交換したのか(笑)、それとも、その後、U-18かなんかの代表に選ばれて合宿に行った時に仲良くなったのか(あれ、でも、これはもう二人ともアントラーズに入ることが決まってからだっけ? じゃあやっぱりインターハイの時なのかな?)、コージは、はるばる東京から福岡まで、ちょくちょくモトに電話を掛けて近況報告をしていたそうです・・・って、どこの遠恋カプやねん!(爆)

女子マネのようなエース(苦笑)に負けたインターハイがよっぽど悔しかったのか、その後コージはずーっと「(選手権は)ヒガシとやりたい」って言い続けていたそうで。
当時、帝京のチームメイトは皆、ヒガシは嫌だ、(勝ちたいから)他のとこと当たりたいって言ってたのに、コージ一人だけヒガシにこだわってて。
後で皆に、
「ヒガシとやりたいって言ってたのは中田ぐらい」
「中田は本山とやりたかったんだろ」
「個人的な希望を持ち込まれて困る(笑)」
とか言われてた(笑)

しかも、選手権の期間中も、コージは試合のたびに「今日ゴールしたよ」とか電話してたんだって。
あのころって、もう皆ケータイ持ってたのかなー。どうだったかなぁ。ケータイなかったら、わざわざ宿舎に掛けてたのかなぁ。うーん、なんてマメな男なんだ、ナカタコウジ(笑)

で、そんなこんなでついに1998年1月8日、決勝の日。

実は私、これほど騒いでいながら、この試合をフルには見ていないのです。
リアルタイムでは見ていなくて、後で入手したダイジェストしか見れていない(泣)
でも、そのダイジェストは、もう目をつぶってても映像が浮かぶくらい見倒してます(笑)
このPCにも一部動画が入ってるんだけど、いまだに普段なんでもない時でも、PC立ち上げたついでについつい見ちゃうの(恥)。 もう日課みたいなもんです(笑)

ヒガシの前人未到の三冠達成、ということもさりながら、やはり、この試合がこれほど多くのファンの心に残り、語り継がれる伝説の試合となったのは、雪の中の試合だったからでしょう。
選手たちのアップ中はまだ降っていなかった雪が、あっという間に降り積もって、試合開始時間には、国立のピッチは一面の雪景色になっていて。
真っ白なピッチに、ヒガシの鮮やかな赤と、帝京のカナリアイエローが映えて、ものすごく視覚的に印象に残る試合でした。

正直、雪のせいでレベル的にはそんなに高い試合にはならなかったのですが、でも、雪という最悪のピッチコンディションだったからこそ、モトの持ち前のテクニックや視野の広さ、判断の速さなどが生きたのかなぁ、という気がします。
選手権期間中は、確か体調もあまり良くなくて(けがも抱えていたんだっけ?)、そこまで前評判の割には大活躍はできていなかったモトでしたが、この試合は決勝点をアシストしてMOMに選ばれました。
このアシストはホント、キレイですよね。十分にキープして、DFが両サイドに釣られた瞬間、ぽっかり開いた穴に強めのパスを流して。
しかも、ゴールを決めた青柳くんの飛び出しがまた絶妙で。

同点に追いついた1点目も、モトから古賀大三くんに出したパスが元なんですよね。
大三くんのシュートが雪で減速しちゃったけど、そこへ榎下くんが走り込んだ。

ちょっと脱線しますけど、今は地元福岡でファッション関係のお仕事をしているらしい大三くんがブログやってるのを、この秋、偶然見つけました。
そこで、8月の中断期間に福岡に帰ってたモトと再会して食べ歩きしたことが写真入りで紹介されています。

大三くんいわく、

>高校卒業後すぐプロの道に進み、10年以上第一線で活躍するトップアスリートの本山君ですが、
>今でも変わらず接してくれて、帰って来たら必ず連絡をくれる事は本当に嬉しいです。
>プレーだけでなく人間的にもしっかり素敵な大人になった友達を見て僕も頑張らないとといつも刺激を受けます。

だそうです。
いやー、高校時代バカ話ばっかりしてた同級生からこんなふうに言われると、なんか照れちゃいますね(笑)←お前はモト本人か!(爆)

で、その後、別のエントリーのコメント欄に、「本山です」って名前で書き込みがあるんですけど、なんか文章の感じが本物のモトっぽい・・・。
Jリーガーもブログ全盛の中、カシマの選手はブログが禁止されていて、普段ネット上で文章を見かけることがないので、思いがけないところでおそらくモト本人であろう書き込みを見て、ちょっとドキドキしました(笑)

えっと、話がそれましたが。
大三くんはもちろん、本当に、この年のヒガシのメンツは素敵すぎましたよね。
みんなプレーもキャラも立ってて。
高校サッカー部でドージンシが出ちゃうなんて(しかもその後何年にもわたって「ヒガシもの」が作られ続けるなんて(爆))、その前もその後もないもんね。
何より、本当に楽しそうにサッカーしてた。
決勝の前、モトも言ってた。
「優勝しても、たぶん泣かないと思う。皆、なんで泣くのかな。それまでのつらいこととか苦しいこととか思い出して泣くのかな。でも、俺たち、楽しい思い出しかないもんね」
って。今でも皆大好き。

試合は2-1で終了。
で・・・ここからです、伝説のクライマックスは(笑)

雪の上にひざまずくモトに駆け寄るチームメイトたち。
そして、がっくりと崩れ落ちる帝京の選手たち。
そんな中、毅然と顔を上げて仲間のもとに歩み寄り、一人一人に声を掛けて抱き起こしていくキャプテンナカタコウジのオトコマエなことといったら!
そりゃ、モトじゃなくても惚れるよ!(爆)
その後10年以上コージを見てきたけど、間違いなくあの瞬間が人生で最もカッコイイ瞬間だったよね。

ここで、前代未聞の出来事が起こります(笑)
整列してお辞儀した後、両校選手が握手を交わす中、モトは一直線にコージのもとへ。
そして、コージの首に両腕を回してギューッって抱きつきます。
身長差と、雪で足元が不安定なのか、本当に少女マンガのラブシーンみたいに、つま先立ちになって伸び上がって、コージに体重を預けてしがみつくように抱きついてる姿が、あまりにも萌えなんです(爆)
抱きつきながら、モトはコージの耳元へ一生懸命何か話しかけてて。
「鹿島に行っても頑張ろうね」とかなんとか言ってたらしいですが。
最初、一瞬戸惑い気味だったコージが、優しくモトの背中に手を回してポンポンとたたいてやりながら、それを聞いてるのが、なんかすごくいい雰囲気で。
たっぷり5秒間抱き合って、二人はまたそれぞれチームメイトの方へ去っていきました。

5秒って書くと短いようだけど、周りの選手たちがさっと軽く手を合わせる程度で離れていくのと比べると、ホントそこだけ時間が止まってるようで、すごいですよ(笑)
それに、その後、何年間も選手権決勝を見てきたけど、試合終了直後に相手校の選手とあんな、まるで遠恋の恋人との数年ぶりの再会(爆)みたいな勢いで抱き合ってる光景は見たことがありません。

で、しかもその後、いつかけたのか、コージはモトに「優勝おめでとう」電話もしていたという・・・。自分が負けたのに・・・。
もう、ここまで来ると、バカップルっつーか、勝手にやって、って感じですが(笑)

後に二人でこの時の試合を振り返って「寒かったことしか覚えてない」とか言ってましたが、その後、いまだに「準優勝だった」ってぶちぶち言ってるコージにとっては、やっぱこの試合は人生において大きな思い出なんだろうな、と容易に想像できます。
モトにとっては・・・どうなんだろう。
ただ、その後、この試合について語った言葉を探すと、「中田はかっこよかった」と「中田がFKの時にボール蹴ろうとして雪蹴ってた。それが一番印象に残ってる」の二点にしか触れてないので、少なくともコージの「雪の王子」っぷりは、全国の乙女たちの心だけでなく、モトヤマ少年の心をもがっちりつかんだのだと思われます(笑)

で、そんな「雪の決勝」は、腐○子だけでなく純粋なサッカー少年たちの心もつかみ。
先日、長友くんのことを書きましたが、先週のサカダイによると、ヨシト(大久保嘉人選手@神戸。猪突猛進タイプの代表FW)も、この試合を見てヒガシに憧れて入りたい! と思ったらしい。
知人にセレッソサポがいる関係で結構昔からヨシトのこと見てたけど、それは初耳だったわぁー。
モトたちのプレーが、こうしてたくさんの選手たちの憧れになってるんだなあ、と思うと本当に嬉しいです。

06年、モトがW杯代表メンバーに漏れて以来、燃え&萌えのテンションがすっかり下がってしまっていた私のモトヲタ熱に再び火がついたのは、今年の夏、カシマスタジアムでの霧の中での試合のTV中継を見たのがきっかけでした。
スイスから帰ってきたコージが初めて途中出場した試合。
真っ白なスタジアムの中でゴール前を切り裂くように走る、赤(と紺のボーダーだけど(汗))いユニフォームのモトを見た瞬間、あの雪の中のモトの姿が重なりました。
そして、白い背景の中でタッチライン際、笑顔で交代するモトとコージ・・・。
あの雪の日から十年が過ぎて、また二人がこうして一緒にピッチに立ち(ま、厳密に言えばこの日は一緒には立ってないけど)、笑い合っている。
・・・そのことに、なんだか猛烈な感動を覚えたのでした。

ああ、読み返すと、なんだかちっとも肝心の「雪の決勝」については語っていないような(汗)
すみません。
今年もたくさんの名勝負が生まれますように。
とりあえず、春からウチの子になる大迫くんがいる鹿児島城西と、地元の野洲を応援しつつ、少年たちの戦いを見守りたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rokulove.blog87.fc2.com/tb.php/85-14f8644e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ももた

Author:ももた
2005年5月からしばらくの間、演劇に関する文章を書くお仕事に携わっておりました。
(現在は別のジャンルの文章を書いております)
2006年5月、仕事で観劇した月組公演「暁のローマ」でカシウスに堕ち、坂道を転がるように現在に至ります。
タカラヅカとの出会いから立派なヅカヲタに至るまでの詳細は、ブログ内の「ゆうひさん堕ちの軌跡」全3回に書いておりますので、ご参照ください。
現在は、俳優としてのゆうひさんをまったりマイペースで愛でつつ、宝塚を中心に興味のある舞台を観ています。

2016年8月、9年前の初舞台から密かに(?)愛でてきたりくちゃんに、本格的に囚われていることをやっと自分で認めました。
これからはおおっぴらにファン道を歩きたいと思います(笑)

モトサポ歴は16年余。
何があろうと「モトヤママサシ至上主義」です。
同時に79年組を偏愛してます。
黄金世代は永遠です。
モトが18年在籍したクラブへの愛着はありますが、2016年は鹿観戦は少しお休みし、初心者ギラヴァンツ北九州サポとして一から勉強する所存です。

ヅカネタもサカネタも、基本的にミーハーかつフジョシ目線で語っております。
NGな方はスルーをお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

大空ゆうひ/大空祐飛 (60)
蒼羽りく (2)
花組 (43)
月組 (53)
雪組 (18)
星組 (8)
宙組 (109)
宝塚・全般 (38)
宝塚OG (3)
ゆうひさん堕ちの軌跡 (3)
その他観劇 (8)
サッカー (301)
読書 (3)
ブログ (13)
日記 (15)
未分類 (0)
観光 (1)
スポーツ (1)
マンガ (5)
拍手御礼 (14)
更新連絡 (1)
映画 (2)
音楽 (10)

FC2カウンター

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。